ウブレチド 添付 文書。 副作用モニター情報〈258〉 ウブレチド錠(排尿障害治療剤)によるコリン作動性クリーゼの前駆症状

ウブレチド錠5mg の添付文書情報

専門医のみが注意しつつ使用すべきである。 継続服用中においても発現が報告されていることから、コリン作動性クリーゼの徴候に注意すること。 〕 重要な基本的注意 本剤の投与により意識障害を伴うコリン作動性クリーゼがあらわれることがあるので、以下の点に注意すること(「警告」、「重大な副作用」の項参照)。 てんかんの患者[てんかんの症状を悪化させる恐れがある]。 2.処置:過量投与時には、直ちに投与を中止し、アトロピン硫酸塩水和物0. 厚生労働省の安全性情報や、民医連副作用情報で注意喚起しているように適正使用し、初回から2錠(10mg)や3錠(15mg)が14日間以上の場合は、必ず疑義照会してください。

>

ウブレチド錠5mg

2.重症筋無力症患者で、ときに筋無力症状の重篤な悪化、呼吸困難、嚥下障害(クリーゼ)をみることがあるので、このような場合には、臨床症状でクリーゼを鑑別し、困難な場合には、エドロホニウム塩化物2mgを静脈内投与し、クリーゼを鑑別し、次の処置を行う。 ・パーキンソン症候群の方。 資料でも、コリン作動性クリーゼ症例114例を分析した結果、副作用発症までの期間は2週間以内が38例と最も多かったとしています。 1.本剤の投与により意識障害を伴うコリン作動性クリーゼが現れることがあるので、次の点に注意する。 【取扱い上の注意】• 〕 甲状腺機能亢進症の患者〔甲状腺機能亢進症を悪化させるおそれがある。 ベサコリンは消化機能低下に適応があることからもわかるように、胃にも特異的に作用し、胃酸分泌を促進してしまう。

>

緊急安全性情報(イエローレター)・安全性速報(ブルーレター)

2).コリン作動薬(ベタネコール塩化物等)[相互に作用を増強する(本剤のコリン作用と相加・相乗作用が現れることが考えられる)]。 添付文書の警告欄には、「コリン作動性クリーゼの初期症状が認められた場合には服用を中止するとともに直ちに医師に連絡し、指示を仰ぐよう注意を与えること」と記載されていますので、基本的には「医師に連絡してください」という指導になろうかと思います。 ・徐脈・心疾患(冠動脈疾患、不整脈)のある方。 〕 気管支喘息の患者〔気管支喘息の症状を悪化させるおそれがある。 ・ウブレチド錠の成分(ジスチグミン臭化物)に対し過敏症を起こしたことのある方。 小児等への投与 小児等に対する安全性は確立していない 使用経験が少ない。

>

緊急安全性情報(イエローレター)・安全性速報(ブルーレター)

コリンエステラーゼ阻害薬 ドネペジル塩酸塩等 [相互に作用を増強する可能性がある 本剤のコリン作用と相加・相乗作用が現れることが考えられる ]。 徐脈・心臓障害のある患者[心拍数低下、心拍出量低下を起こす恐れがある]。 コリン作動性クリーゼとはどのような副作用なのか、この機会に、確認しておきたいと思います。 8.てんかんの患者[てんかんの症状を悪化させる恐れがある]。 登録する方はこちらを してください。 各品目の最新の添付文書情報は、本ページの上にある「医療用医薬品」又は「一般用・要指導医薬品」ボタンをクリックし、遷移した先で検索の上、ご確認ください。

>

ウブレチド錠5mgの効果・用法・副作用

1.重大な副作用(自発報告につき頻度不明)• 5〜1mg(患者の症状に合わせて適宜増量)を静脈内投与する。 本品はやや吸湿性である。 脱分極性筋弛緩剤投与中 スキサメトニウム の患者。 また、呼吸不全に至ることもあるので、その場合は気道を確保し、人工換気を考慮する。 投与開始2週間以内での発現が多く報告されていることから、特に投与開始2週間以内はコリン作動性クリーゼの徴候 初期症状:悪心・嘔吐、腹痛、下痢、唾液分泌過多、気道分泌過多、発汗、徐脈、縮瞳、呼吸困難等、臨床検査:血清コリンエステラーゼ低下 に注意する。 有害事象には,腹痛,下痢などのほかに,コリン作動性クリーゼ,狭心症,不整脈などの重篤なものもある。 【過量投与】• また、呼吸不全に至ることもあるので、その場合は気道を確保し、人工換気を考慮すること。

>

ウブレチド点眼液1%

泌尿器科でウブレチド錠5mg2錠とエブランチル1錠が 処方される。 その他の注意 動物実験において、ジスチグミン臭化物の経口吸収性に食事の影響が示唆されている。 発現後は、ただちに投与を中止すべきです。 ただし、非重篤例まで含めると、全261例中70例(26. 1.消化管器質的閉塞又は尿路器質的閉塞のある患者[消化管機能を亢進させ、症状を悪化させる恐れがあり、また、尿の逆流を引き起こす恐れがある]。 甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺機能亢進症を悪化させる恐れがある]。

>