共生 社会 の 形成 に 向け た インクルーシブ 教育 システム 構築 の ため の 特別 支援 教育 の 推進。 インクルーシブ教育とは? 共生社会の構成と導入のメリット

特別支援教育の基礎・基本 新訂版 ―共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システムの構築―|ジアース教育新社

近所に住む男性は言う。 「認定特別支援学校就学者」の導入 「障害者の権利に関する条約」の批准に向けた国内法の整備の見直しの一環として、平成23年7月に改正された障害者基本法の第16条第1項には、いわゆる「インクルーシブ教育」の推進が謳われています。 学校全体としての専門性を確保していく上で、校長等の管理職のリーダーシップは欠かせない。 近年の在籍者数の増加や障害の重度・重複化に対応した、規模の適正化も含めた計画的な整備や複数障害への対応• インクルーシブ教育は包括的な教育を目的としている。 5.病弱・身体虚弱• (2)病弱・身体虚弱のある子供に応じた教育課程編成• そのため、早急に「合理的配慮」の充実に向けた調査研究事業を行い、それに基づく国としての「合理的配慮」のデータベースを整備し、各教育委員会の参考に供することが必要である。 保護者や市町村教育委員会は、それぞれの役割と責任をきちんと果たしていく必要がある。

>

共生社会とインクルーシブ教育

このためには、あらかじめ人的配置や物的整備を計画的に行うよう努めるとともに、後述する「合理的配慮」の提供を行うことが必要である。 9-3 注意欠陥/多動性障害• そのための環境づくりと学びを通じて、公平性や社会に参加することに対する理解を深めることが重要だ。 理事長の三橋良子さんは最近、反対運動に関わっていた住民から「あの頃は、精神障害のことを知らなかった。 DVDの作成に協力するNPO法人「たま・あさお精神保健福祉を進める会」も14年、川崎市多摩区にGHを開設。 5%程度、通級による指導を受けている児童生徒は約65,000人で全体の0. 3.知的障害• そのため、以下の考え方に基づき、特別支援教育を発展させていくことが必要である。

>

共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進(報告):文部科学省

でも実際に住み始めて、受け入れてもらえていると感じるという。 (1)障害者の権利に関する条約の批准• (3)各教科等の指導• 2「インクルーシブ教育システム」とは 2014年1月、日本は国連で採択された「障害者の権利に関する条約」に批准しました。 ・これまで必ずしも十分に社会参加できるような環境になかった 等が、積極的に参加・貢献していくことができる社会 ・誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会 *このフレーズは、個人面接や小論文、集団討論で使えるので、意味をしっかり把握してスラスラ言葉に出せるようにしておきましょう。 これらは、「合理的配慮」の基礎となる環境整備であり、それを「基礎的環境整備」と呼ぶこととする。 (3)各教科等の指導• 小・中学校における通常の学級、通級による指導、特別支援学級、特別支援学校といった、連続性のある「多様な学びの場」を用意しておくことが必要である。

>

1.共生社会の形成に向けて:文部科学省

また、特別な支援を必要とする子どもへの支援を行うネットワークを取りまとめる機関を設け、巡回相談などの各種教育相談を実施させるとともに、必要に応じて、教育、医療、保健、福祉の連携を行っている市町村もある。 。 学習環境を整えることが重要であるためだ。 個別の教育支援計画、個別の指導計画の作成・活用• サポートを必要とする子どもたちの共生には環境整備が必要だ。 2016年4月には(障害者差別解消法)が施行されました。 最終的には、条約の理念が目指す共生社会の形成に向けてインクルーシブ教育システムを構築していくことを目指す。

>

共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進(報告):文部科学省

また、小・中学校には、就学基準に該当する児童生徒が、特別支援学級で約17,000人、通常の学級で約3,000人在籍している。 (2)各教職員の専門性、養成・研修制度等の在り方• (天の声;この時点では「署名」しただけ、まだ「批准」(国が最終的に承認すること)するには法律の整備が必要だった。 このことをいわゆる 「インクルーシブ教育システム」と称しています。 しかしインテグレーション教育は、「障害のある子どもを通常の教室に入らせる、同じ環境で学ばせる」という部分が重視されすぎており、成功したとは言いがたい。 (4)自立活動の具体的指導• (3)特別支援教育の理念と基本的な考え方• 野村さんは「漠然とした不安を反対住民の多くは抱えている」と指摘する。 同法の制定を機にできた市の条例に基づき、紛争解決のための相談対応とあっせんを19年5月、市に申し入れた。

>

1.共生社会の形成に向けて:文部科学省

発達障害のある生徒への指導・支援の充実• このため、専門的な研修の受講等により、担当教員としての専門性を早急に担保するとともに、その後も研修を通じた専門性の向上を図ることが必要である。 インクルーシブ教育とよく混同されがちなものに「インテグレーション教育」がある。 このような歴史の中で生まれたのが「インクルーシブ教育」です。 内覧会を5月に開くと、住民ら十数人が「運営反対」と書いた黄色い旗を持ち、GHの前で抗議した。 財源負担も含めた国民的合意を図りながら、大きな枠組みを改善する中で、「共に育ち、共に学ぶ」体制を求めていくべきである。

>