ミアンダ 配線。 基板設計がうまくいかない、反射や損失を回避する手法

高速デジタル DDR2 DDR3 DDR4 PCIe

信号が高速になることで1周期の時間が短くなる。 図10のように黄色で示したグランドを配線パターンの近くに配置する。 基板上でグランドなどと結合させる手法は確立している。 ところが配線長を150[mm]に伸ばすと、タイミングはもちろん、波形も大きく異なる。 このため、多数のドライバが同時にスイッチングするような回路では、瞬時に大電流が流れる。 非常な手間であり、時間も掛かる」(同氏)。 これが悪影響を及ぼし、信号が鈍ってしまい、オンオフが認識できなくなる場合もある」(同氏)。

>

目からウロコ!のQ&A便 複数の信号配線を等長にしたい!おすすめの配線方法は?

周囲の配線に信号が流れると、影響を受ける。 タイミングの課題はこうだ。 さらに1 [GHz]程度まではパッケージ上のコンデンサが役立つ。 ただし、高速信号では信号の立ち上がり、立ち下がりが遅くなるため、利用されていない。 「ミアンダ」というのは川の蛇行を意味する言葉で、ミアンダ配線は、蛇行した川のような形状で配線を行なうことから、こう呼ばれてます。 c)シンボル間干渉(ISI)対策 配線長を考慮する事で対策としています。

>

CiNii Articles

特に、DDRメモリでは、多数の配線を等長にしなければならない関係上、配線基板上の配線面積が増大する傾向があるが、グランド接続端子とその実装ランドが必要となる上記チップディレーラインでは、配線面積を低減することが困難である。 ・同じ電源に容量の異なるパスコンが着く場合には 容量の小さい順に必要とする電源ピンに接続します。 一方、コモンモードチョークコイル50が挿入されたクロック配線CLK1では、ノイズ成分の振幅が0.1V程度に低減された。 また、Cu幅が15~12nmの範囲におけるシステムレベルの性能への相互接続ラインエッジラフネスの影響を調べたところ、ラインエッジラフネスは短いCuワイヤの抵抗分布には影響を与えるがものの、システムレベルではその影響は平均化されることも確認したとする。 またデジタル信号の「H」「L」の識別にも影響します。

>

目からウロコ!のQ&A便 複数の信号配線を等長にしたい! おすすめの配線方法は?

このバックワードクロストークノイズはアクティブ回路側にさらにバックワードクロストークノイズを生み出す。 この機能は、ミアンダの発生サイズを見て配線使用スペースの見積もる用途でも活用できます。 当社では信号に使用されている基本周波数によって決定しています。 図1 米KEI Systemsの前田真一氏 米KEI Systemsで代表を務める前田真一氏(図1)は、ピーバンドットコムが開催した「P板. また、図5のグラフでは、コモンモードチョークコイル50が挿入されているクロック配線CLK1のクロック信号(CLK1)を実線で、従来のクロック配線CLK2のクロック信号(CLK2)を破線で示した。 imecは、既存の配線材料であるCuやCoが3nmプロセスノードでも使えることを確認したことを明らかにした。 8-10方式を採用していたPCIe Gen2では転送速度のうち20%を、クロックを切り出すための信号が占めていたため、クロック信号2. 一方、コモンモードチョークコイルは、その特性インピーダンスが差動伝送線路の特性インピーダンスに整合されているため、差動伝送線路上を差動信号が伝送される際に、差動信号を減衰させることなく通過させる。

>

高速デジタル DDR2 DDR3 DDR4 PCIe

「前回、パラレルバス配線が難しい理由を解説した。 【0011】 この場合、コモンモードチョークコイルの遅延時間に応じて差動伝送線路の配線長が短縮される。 条件に応じてドライバの電圧を強くしたり弱くしたりして高速に転送する。 SSTLなどの練習回路データ(全20ケース)を使って、短時間で操作を習得できますので、是非お試し下さい。 ワーストケース解析とティピカル解析、全ケース解析だ。

>

配線基板

瞬間瞬間で電流の値にムラが生じていることに起因する。 インピーダンスを合わせる終端抵抗 このような反射ノイズを減らすには、出力インピーダンスか入力インピーダンスのどちらかを特性インピーダンスと同じにすればよい。 ドライバに現れるフォワードクロストークノイズが落ち着いた直後、しばらくほぼ一定の電位を保つのはこのためだ。 代表的な4種類のアンテナを紹介しましたが、アンテナは形状で分類されることが多いと思います。 まずは、「選択ネットハイライト」です。 【解決手段】 配線基板1には、DDRメモリ20、及び該DDRメモリ20を制御するメモリコントローラ10が実装されている。 そのため、端面THはVカットではなく、ルータービットにより加工いたします。

>

高速デジタル DDR2 DDR3 DDR4 PCIe

「この終端抵抗を入れると、波形がこのように変化するといったWhat-if解析を進める際には波形解析が役立つ」(同氏)。 伝送線路としての振る舞いが強くでている。 com 技術セミナー」(2015年9月16日)において、冒頭のように基板の課題をまとめた。 *正確には八木・宇田アンテナ。 電圧源から負荷に向かった電流はかならず電圧源に戻る必要がある。

>

電波の送信と受信 : アンテナと基本回路

第2に配線幅が太いと、容量性クロストークノイズが大きくなる。 クロストークは隣の信号と逆相になるため、互いに信号伝播を遅らせるように働く。 はんだレベラーとは、基板をはんだ槽に浸しパッドや端子部にはんだコーティングする方法です。 その際に、本実施形態によれば、バス30の真ん中付近に配置されるクロック配線31の配線長が短縮されるため、より効果的に配線面積を低減することが可能となる。 ところが、15 [cm]ではアイパターンが狭くなっている。 元データのビット列が連続した0や連続した1の場合でも、クロックを確実に分離できるよう、当初は8-10変換方式(パラレルの8[ビット]をシリアルの10[ビット]に変換)が使われていたものの、変換クロック精度が技術の向上によって高まってきたため、最新のPCI Express(PCIe) Gen3では128-130変換方式を実用化できた。

>