宮崎 県 長 距離 記録 会。 陸上の新谷「日本記録を目指す」

静岡陸上競技協会長距離強化記録会

ルーキーが良かった。 最終組チャレンジの関川選手もチームトップ10に入る成績で今後注目です。 15 小笠山総合運動公園静岡スタジアムエコパ 第5回 実施種目3000m,5000m - 過去の競技結果 2019年度第4回 中止. 他、実業団・大学生・高校生はここが多いというのはないですが、かなりのチームがエントリーされています。 ページコンテンツ• 手嶋選手は長い距離楽しみになる記録。 10 小笠山総合運動公園園静岡スタジアムエコパ 中止 第4回 実施種目3000m,5000m - 結果 2020. 中距離の選手層がどんどん厚くなっています。 開催場所 福岡県福岡市 出場予定選手 佐々木悟、有村優樹• 記録的には主力と同等、全日本以降の駅伝で見れるか!?また2年の中村選手もベスト記録を出しました。

>

mcity kekka

また、安達選手が若い組ながら復帰レース。 ベストまでもう少しです。 また、太田直選手もまずまず、半澤選手も出雲のダメージは心配なさそうな成績。 東日本実業団へ向け士気が高まるのではないでしょうか。 さて23組は大量の海外の選手出場の組になりましたね。 その後は佐久長聖と伊賀白鳳の主力選手のぶつかり合いになりました。 。

>

旭化成 陸上部

安藤選手の急成長が目立ちましたよね。 開催場所 大阪府大阪市 出場予定選手 鎧坂哲哉、市田孝、大六野秀畝、村山謙太、村山紘太、茂木圭次郎、今井崇人、相澤晃、荻野太成、Magoma Benuel Mogeni 12月5日 大会名• また、連合に選ばれている関口選手がベストにもう少しでした。 静岡陸上競技協会長距離強化記録会 静岡県長距離強化記録会 袋 静岡県長距離強化記録会担当からのお知らせ! 開催場所 神奈川県横浜市 出場予定選手 山本修二 12月6日 大会名• 数日前に脚に違和感あって練習抜いたそうですが、それでも凄い。 古川・徳備選手が14分30秒台の記録を出しました。 これは矢澤曜選手が持っていた神奈川県高校記録を破る記録だったそうですね。 18~19) ひなた宮崎県総合運動公園 1500m 福川 侑花 4分37秒51 3位 1500m 中村 朱里 4分50秒37 9位 5000m 市原 梨花 16分56秒56 2位 5000m 黒木 裕子 17分15秒29 5位 5000m 立山 莉緒 17分56秒62 6位 諫早ナイター記録会 〈2020. それでも状態が上がってきた選手が多くなっているのは確かです。

>

旭化成 陸上部

根来・江口選手ら一気に14分30秒台はまずまずです。 さらに宍倉・車田選手がほぼ万全と言える成績、戻ってきましたね。 その中で中谷選手はやはり凄かったですね。 1992年に森下広一がバルセロナオリンピックのマラソン種目で銀メダルを獲得するなど、数々の選手がオリンピックに出場している。 北海道地区が多く、札幌国際大は2人が14分台、星槎道都大は14分30秒台で2人、松館選手は日本学生選抜に選ばれていますが手応えはどうででしょうか?札幌学院田中・佐々木選手は1500mから連戦。 10000mは主力選手が大量に出場。

>

競技日程・レース結果|宮崎銀行

八木勇樹選手のプロジェクト RDC KENYA の選手もいたので余計そう感じますかね。 高校時代は競歩もしてみたが、花崎選手が14分27秒ベスト。 連戦での中ですし、かなり成長していますね。 20 小笠山総合運動公園園静岡スタジアムエコパ 第3回 実施種目1500m,3000m,5000m - 2020. 大会結果一覧 カテゴリ 地区(ブロック) 都道府県 指定なし 指定なし 小学 北海道 中学 東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 高校 関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 大学 北信越 新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県 実業団 東海 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 マスターズ 近畿 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 世界 中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 海外 年 全月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 キーワード 並び順 昇順 降順 大会数: 23,431件. 桑山選手がまずまずでしたね。 彼もあがってほしいところですね。 14分一桁の好記録!また新潟大の森選手が14分28秒は北信越の大学生歴代上位の記録。 選手紹介. 他には22組は岐阜経済・中京大のエース選手が頑張って食いつきました。

>

mcity kekka

いずれまたチームの力になれれば。 いい結果が出ましたね。 高校生 22組 児玉真輝 鎌倉学園 14分03秒21 近藤幸太郎 豊川工業 14分08秒50 23組 ステファン カマウ 青森山田 14分06秒13 葛西 潤 関西創価 14分06秒33 濱野将基 佐久長聖 14分06秒76 宇留田竜希 伊賀白鳳 14分09秒00 宮内斗輝 佐久長聖 14分09秒74 松崎咲人 佐久長聖 14分14秒17 佐伯陽生 伊賀白鳳 14分48秒35 22組で今回の高校生最速記録が出ましたね。 強矢選手が大幅自己ベスト!あと少しで13分台の記録でした。 次、10000mとかも楽しみになってきます。 1946年に陸上部は設立され、宮崎県延岡市を拠点に活動を開始。 エントリーを見ていると、実業団は小森コーポレーションがかなりエントリーされていますね。

>

陸上の新谷「日本記録を目指す」

ただし、掲載後に変更になる場合もありますのでご了承ください。 、川島選手もベスト。 他、小森コーポレーションの金森・的場・橋本選手らも13分台。 1500mの河村・佐久間・岡田選手らもまずまず走れましたかね。 29分07秒のベスト、出雲駅伝は足のケガで欠場した千明選手も29分10秒です。 上級生の小澤・遠藤・伊澤選手らも続き、29分台13人ですね。

>