ハルノヒ 歌詞。 解説

あいみょん【ハルノヒ】歌詞解説!ひろしのプロポーズがテーマ!?映画版「クレヨンしんちゃん」主題歌☆

恋人は他人ですが、夫婦は家族なのです。 それ以外にも、歌詞には シリーズになぞらえたフレーズが散りばめられているという情報も。 ずっと元気でいてくれよな、みさえ。 でも、これってお互いに言えることで、「素直」って本当に大事なことですよね。 ですが、少なくともひろしは 「この人となら一緒に歩ける」と心の中で確信できたのかもしれません。

>

ハルノヒ

一家は楽しい旅行を満喫するのですが、 ある夜ひろしが謎の一団に連れ去らわれてしまうのでした。 君と僕が一緒にいればどんなことが起こるのだろうか。 「だらしなく帰る場所」 ってなかなかサビで書けないですよ! あいみょんは2019年春時点で 「リアリティーを歌う次世代女性SSW代表」 って印象なのですが スイートな曲も攻撃的な曲も 本当に歌詞が素晴らしいです。 ほのぼのとした愛が描かれていますね。 北千住駅のプラットホーム 銀色の改札 思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 寒さにこらえた木々と猫が まるで僕らのことで 蕾を咲かせようと実を揺らしてる 素敵に笑っている 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ それまで待っていてね これからの展開をふたりで 飽きるまで過ごしてみるからね 最低限の愛を伝えながら どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 というわけで、「ハルノヒ」が飾るはひろしがメインのようですね。

>

あいみょん ハルノヒ 歌詞&動画視聴

もしくは、仕事から帰る ひろし を待っていた みさえ その帰り道、何だか 二人の距離が遠いように感じます。 あいみょんさん『ハルノヒ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 そう思えるほど、幸せを感じていたのではないでしょうか。 二人はもう付き合っているのようです。 北千住駅のプラットホーム 銀色の改札 思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 想い出ふかしとは想い出にふけるという意味です。

>

あいみょん「ハルノヒ」歌詞の意味(解釈)とは?大切な人を大切に。

ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう 北千住駅をフワっと歩く 藍色のスカート いつになく遠く遠くに見える 加速する足音 素直じゃないと いけないような気がしたよ 優しさに甘えすぎて 怯えすぎた男の背中に 掌を添えてくれるのはもう 前を歩く君じゃなきゃダメだから どうか未来が こちらに手を振ってほしい 日々の辛さと僕の体が だらしなく帰る場所を探し続けている ほら もうこんなにも夕焼け いつかの灯り思い出すとき 大切に気づくのでしょう 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 僕らは何も見えない 未来を誓い合った どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? また、プロポーズしたのは「ひろし」ですから、この一節はひろし目線で歌われていることになります。 あいみょんさん『ハルノヒ』の歌詞 ハルノヒ words by アイミョン music by アイミョン Performed by アイミョン. 何も焦る必要はありません。 前者はきっと、後者のようにすぐに咲くものではありません。 また、〈寒さにこらえた木々と猫が まるで僕らのことで〉〈焦らないでいい いつか花束になっておくれよ〉という歌詞は、「春の日」と2人の幸せな未来を重ねているようにも受け取れる。 別の理由から笑顔の女の子を描かずにいるが、そうゆう「いつでも笑顔でいるのはリアルじゃない」みたいなムードはあると思う。 また、みさえを「猫」と例えたのは、猫が帰る先を探しているというイメージから「幸せ(帰る先)を探している」と連想したものだと思われます。

>

あいみょん ハルノヒ 歌詞

あなたがお 弁当 べんとうをつくっている 音 おと 鼻 はなの 奥 おくツンとして あわてて 笑 わらった 花冷 はなびえの 朝 あさ 今日 きょうは 最後 さいごの 日 ひ もうこれからは 早起 はやおきしないでいいんだよ 「あなたのため」その 台詞 せりふが 嫌 きらいで 窮屈 きゅうくつだった 愛 あいを 拒 こばんだあの 日々 ひび 力任 ちからまかせの 言葉浴 ことばあびたあなたの カタカタと 揺 ゆれてた 背中 せなか もう 降 おりることのないこの 駅 えきは 臆病者 おくびょうもの 僕 ぼくを 知 しってる でも 母 ははよ、 僕 ぼくはもうこわくない あなたを 離 はなれて 歩 あるいていくんだ 誰 だれかのために 目覚 めざめる 明日 あしたを 未来証書 みらいしょうしょに 誓 ちかいます 言 いえなかったごめんね 返 かえすため 明日 あしたから あなたのような 温 ぬくもり 胸 むねに 生 いきていきます 昔 むかしより 少 すこし 小 ちいさくなった 背中 せなか 僕 ぼくは 今日 きょうあなたに また 少 すこし 近 ちかづく 何 なにも 言 いわず 出 でかけるあなたは 今 いまも くたくたの 背広 せびろを 着 きている 雲流 くもながれゆくこの 屋上 おくじょうは 逃 にげてばかりの 僕 ぼくを 知 しってる でも 父 ちちよ、 僕 ぼくはもう 決 きめたんだ いつか あなたを 追 おい 越 こしたい 守 まもりたい 誰 だれかがいる 明日 あしたを 僕 ぼくも 守 まもっていきたい 言 いえなかったありがとう 返 かえすため 明日 あしたから あなたのような 強 つよさを 胸 むねに 生 いきていきます 花 はなびら 空高 そらたかく 飛 とばす 舞 まい 風 かぜが( 空高 そらたかく 澄 すんだ) 旅立 たびだちの 時 ときを 知 しらせている( 旅立 たびだちの 日 ひ) 駆 かけ 巡 めぐるあなたとの 歳月 さいげつが( 目 めを 閉 とじればあなたがいて) さあ 行 いきなさいと 手 てを 振 ふるから( 見守 みまもってくれるから) 僕 ぼくは ひとり 行 いくよ 誰 だれかのために 目覚 めざめる 明日 あしたを 未来証書 みらいしょうしょに 誓 ちかいます 言 いえなかったありがとう 返 かえすため 明日 あしたから あなたのような 温 ぬくもり 胸 むねに あなたのような 強 つよさを 胸 むねに この 春 はるの 日 ひを 忘 わすれぬように 生 いきていきます あなたがお anatagao 弁当 bentou をつくっている wotsukutteiru 音 oto 鼻 hana の no 奥 oku ツン tsun として toshite あわてて awatete 笑 wara った tta 花冷 hanabi えの eno 朝 asa 今日 kyou は ha 最後 saigo の no 日 hi もうこれからは moukorekaraha 早起 hayao きしないでいいんだよ kishinaideiindayo 「 あなたのため anatanotame」 その sono 台詞 serifu が ga 嫌 kira いで ide 窮屈 kyuukutsu だった datta 愛 ai を wo 拒 koba んだあの ndaano 日々 hibi 力任 chikaramaka せの seno 言葉浴 kotobaa びたあなたの bitaanatano カタカタ katakata と to 揺 yu れてた reteta 背中 senaka もう mou 降 o りることのないこの rirukotononaikono 駅 eki は ha 臆病者 okubyoumo の no 僕 boku を wo 知 shi ってる tteru でも demo 母 haha よ yo、 僕 boku はもうこわくない hamoukowakunai あなたを anatawo 離 hana れて rete 歩 aru いていくんだ iteikunda 誰 dare かのために kanotameni 目覚 meza める meru 明日 ashita を wo 未来証書 miraisyousyo に ni 誓 chika います imasu 言 i えなかったごめんね enakattagomenne 返 kae すため sutame 明日 ashita から kara あなたのような anatanoyouna 温 nuku もり mori 胸 mune に ni 生 i きていきます kiteikimasu 昔 mukashi より yori 少 suko し shi 小 chii さくなった sakunatta 背中 senaka 僕 boku は ha 今日 kyou あなたに anatani また mata 少 suko し shi 近 chika づく duku 何 nani も mo 言 i わず wazu 出 de かけるあなたは kakeruanataha 今 ima も mo くたくたの kutakutano 背広 sebiro を wo 着 ki ている teiru 雲流 kumonaga れゆくこの reyukukono 屋上 okujou は ha 逃 ni げてばかりの getebakarino 僕 boku を wo 知 shi ってる tteru でも demo 父 chichi よ yo、 僕 boku はもう hamou 決 ki めたんだ metanda いつか itsuka あなたを anatawo 追 o い i 越 ko したい shitai 守 mamo りたい ritai 誰 dare かがいる kagairu 明日 ashita を wo 僕 boku も mo 守 mamo っていきたい tteikitai 言 i えなかったありがとう enakattaarigatou 返 kae すため sutame 明日 ashita から kara あなたのような anatanoyouna 強 tsuyo さを sawo 胸 mune に ni 生 i きていきます kiteikimasu 花 hana びら bira 空高 sorataka く ku 飛 to ばす basu 舞 ma い i 風 kaze が ga( 空高 sorataka く ku 澄 su んだ nda) 旅立 tabida ちの chino 時 toki を wo 知 shi らせている raseteiru( 旅立 tabida ちの chino 日 hi) 駆 ka け ke 巡 megu るあなたとの ruanatatono 歳月 saigetsu が ga( 目 me を wo 閉 to じればあなたがいて jirebaanatagaite) さあ saa 行 i きなさいと kinasaito 手 te を wo 振 fu るから rukara( 見守 mimamo ってくれるから ttekurerukara) 僕 boku は ha ひとり hitori 行 i くよ kuyo 誰 dare かのために kanotameni 目覚 meza める meru 明日 ashita を wo 未来証書 miraisyousyo に ni 誓 chika います imasu 言 i えなかったありがとう enakattaarigatou 返 kae すため sutame 明日 ashita から kara あなたのような anatanoyouna 温 nuku もり mori 胸 mune に ni あなたのような anatanoyouna 強 tsuyo さを sawo 胸 mune に ni この kono 春 haru の no 日 hi を wo 忘 wasu れぬように renuyouni 生 i きていきます kiteikimasu. しかし、今回ひろしとみさえはやっと新婚旅行として オーストラリアへ行けることに! しんのすけとひまわり、飼い犬のシロも一緒なので半分家族旅行のようなものです。 それでいて、独特の歌詞があいみょんの世界に引き込んでくれます。 恋人同士が、家族へと成長していく姿と、 男としての誓い。 他人から家族に変わっていくことは、一度決めてもなかなか難しい。 若い頃の ひろし と みさえ。 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 木々が、まるで僕らの未来を祝福してくれているように、感じたのではないでしょうか。 「住み慣れた駅」=「春日部」 家族が増え、幸せを感じるシーンで エンディング。

>

解説

作詞:あいみょん 作曲:あいみょん 北千住駅のプラットホーム 銀色の改札 思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 寒さにこらえた木々と猫が まるで僕らのことで 蕾を咲かせようと実を揺らしてる 素敵に笑っている 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ それまで待っていてね これからの展開をふたりで 飽きるまで過ごしてみるからね 最低限の愛を伝えながら どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう 北千住駅をフワっと歩く 藍色のスカート いつになく遠く遠くに見える 加速する足音 素直じゃないと いけないような気がしたよ 優しさに甘えすぎて 怯えすぎた男の背中に 掌を添えてくれるのはもう 前を歩く君じゃなきゃダメだから どうか未来が こちらに手を振ってほしい 日々の辛さと僕の体が だらしなく帰る場所を探し続けている ほら もうこんなにも夕焼け いつかの灯り思い出すとき 大切に気づくのでしょう 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 僕らは何も見えない 未来を誓い合った どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり いや もっと もっと 大切を増やしていこう? 住み慣れた駅のプラットホーム 水色に挨拶 「お帰りなさい」と 小さく揺れる影を踏む幸せ kitasenzyu eki no purattoho-mu giniro no kaisatu omo i debanasi to omo i de hukasi kosika ke ta benti de boku ra ha nani mo mi e nai mirai wo tika i a xtu ta samu sa ni korae ta kigi to neko ga marude boku ra no koto de tubomi wo sa kaseyo u to mi wo yu rasi teru suteki ni wara xtu te iru ase ra nai de ii ituka hanataba ni naxtu te okureyo soremade ma xtu te i te ne korekara no tenkai wo hutari de a kiru made su gosi te miru kara ne saiteigen no ai wo tuta e nagara donna mirai ga kotira wo nozo i teru kana kimi no tuyo sa to boku no yowa sa wo wake a e ba donna sugo i koto ga o kiru kana ? hora mou kon nanimo siawa se ituka ha hitori ituka ha hutari taisetu wo hu yasi te iko u kitasenzyu eki wo huwa xtu to aru ku aiiro no suka-to ituninaku too ku too ku ni mi eru kasoku suru asioto sunao zya nai to ikenai you na ki ga si ta yo yasa sisa ni ama esugi te obi esugi ta otoko no senaka ni tenohira wo so e te kureru no ha mou mae wo aru ku kimi zya nakya dame da kara douka mirai ga kotira ni te wo hu xtu te hosii hibi no kara sa to boku no karada ga darasinaku kae ru basyo wo saga si tuzu ke te iru hora mou konnani mo yuuya ke ituka no tomo ri omo i da su toki taisetu ni ki zuku no desyo u ase ra nai de ii ituka hanataba ni naxtu te okureyo boku ra ha nani mo mi e nai mirai wo tika i a xtu ta donna mirai ga kotira wo nozo i teru kana kimi no tuyo sa to boku no yowa sa wo wake a e ba donna sugo i koto ga o kiru kana ? hora mou kon nanimo siawa se ituka ha hitori ituka ha hutari iya motto motto taisetu wo hu yasi te iko u ? su mi na re ta eki no purattoho-mu mizuiro ni aisatu 「 o kae rinasai 」 to tii saku yu reru kage wo hu mu siawa se. 家族と顔を合わせるシーンを 「小さく揺れる影を踏む」 と婉曲的に描写している部分にも 表現力を感じます。 スペシャのヨルジュウ、1年間ありがとうございました。 そう思った時、春の訪れを予感させるように花の蕾が膨らむのです。 一人は孤独だということを。 人気シンガーソングライターのあいみょんが これまた大人気アニメのクレヨンしんちゃん劇場版の主題歌を担当するそうです!! あいみょんの歌声は本当に独特で聞き入ってしまいますよね。

>