魔法 科 高校 の 劣等 生 ほのか。 光井ほのか (みついほのか)とは【ピクシブ百科事典】

光井ほのか

2097年3月26日 火 - と共に久米島観光へ向かう為に空港に居たところ、、、やたち卒業生7人と偶然出会い、12人で一緒に行動する• 外部からの無線通電によりサスペンドから復帰。 コミック『』では雫と共にレギュラー格となっている。 以後座学や武術の鍛錬に精を出すようになるが、結局は一科生ではなく二科生として第一高校に入学する。 全ての系統をそつなくこなし、複雑な工程のも然程苦労することなく組み上げる実力がある。 生来使える魔法は 分解と 再構築だけ(一種の)で、通常の魔法( 状態の変更と定義される)の才能を持たずに生まれるが、6歳のとき「人造魔法師実験」の被験者にされ、「人工魔法演算領域」を与えられた唯一の成功例となる。 十師族の中では七草家と並び最有力勢力だが、徹底した秘密主義を敷いており世間には現当主の名前しか公開しておらず、その家風は良く言えば自主独立、悪く言えば唯我独尊と評されている。

>

「ほのかと雫の魔法塾」公開中

1年時の達也のクラスメイトで友人。 また、「大蛇丸」の小型版としてエリカに与えられた「ミヅチ丸」も五十里家が作ったものである。 3Hとはホームヘルパー(人型)の名称で、P94はその型番(Pはパーソナルユースの略、94は年式)。 身長158cm、体重52kg。 七つの大罪:エリザベス• 第一高校同様に一科・二科制度を採る。

>

パラサイト

同級生の真由美から「イズミん」と呼ばれて嫌がっている(理佳からの呼び方は「七草」)。 2097年2月19日 火 - と共にの元を訪れ、の死体から確認した情報を伝える。 この魔法を扱えることがゴールディ本家の一員である証とされ、英美はゴールディ家現当主の伯母にあたる祖母からこの魔法を伝授されている。 『来訪者編』の見所は『横浜騒乱編』のようにド派手な大破壊ではなく、友情(一部恋愛)に支えられたチームプレーです。 二科生は一科生の補欠で、一科生の欠員が無い限り何の価値もないように一科生からは扱われているが、一高からの合格者が100名とすると卒業生の内、魔法大学不合格者(非受験を含む)と防衛大進学者が54名、つまり卒業できなかった者が46名と多数に上るがその描写はない。 一校の将来のためにと、生徒の人材強化にも手段を選ばない面がある。 彼女もその例に漏れず、対物戦闘能力は摩利をも凌ぎ、陸上兵器相手なら十師族の実戦魔法師に勝るとも劣らない戦闘能力を発揮する。

>

黒羽亜夜子

失った力を取り戻そうと焦る日々を送っていたが、九校戦で達也のアドバイスを受け試合に参加する中でスランプを克服し、『神童』と呼ばれていた時よりもさらに魔法を使いこなせるようになる。 二年進級時に魔工学科のE組に進学し、達也たちと親しくなる。 これを受けて達也はレオ・幹比古とともに急遽モノリス・コードに出場することになる。 公式略称は「 魔法科」。 著作権の関係で一部表現を変えて口コミをご紹介しますが ほのか、痛すぎ。

>

パラサイト

鳴瀬 晴海(なるせ はるみ) 第四高校の三年男子生徒で、雫の母方の従兄にあたる。 から上級生まで、男女問わずに認める「校内一の美少女」。 部活連執行部所属(2096年4月〜)。 だが本人は「自由に研究できる」とさして気にしていない。 彼らは順調に勝ち進み、将輝ひきいる強豪・三高チームとの決勝戦を戦い、これを制する。 生年月日は2080年3月25日。

>

光井ほのか

また、四葉家の特殊な技術により、魔法式のイメージを皮膚接触によって達也と伝達しあうことができる。 四葉家中では深雪に次ぐ次期当主候補No. 一学期定期考査では、魔法工学の試験で達也に次ぐ学年2位の成績を上げている。 以降は技術者として達也をライバル視し、達也に勝つことを目指しているが、ことごとく苦杯をなめさせられている。 風紀委員会(2096年4月〜)。 身長165cm、体重58kg。 大男というわけではないが、制服の上からでも分かる程の隆起した筋肉を持つ。 学年末試験では学年総合4位をマークする優等生。

>