乳頭 温泉 鶴 の 湯。 乳頭温泉郷の人気おすすめ日帰り温泉ランキングTOP8!カップルでも混浴は楽しめる

乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯温泉の今日・明日の天気 週末の天気・紫外線情報【お出かけスポット天気】

乳頭温泉の温泉は、すべて源泉かけ流しのうえ、温泉により 異なる泉質が楽しめるのも魅力のひとつ。 そのため、鶴の湯温泉と蟹場温泉にいる時間を長めにして、水沢温泉にちょっと寄るだけの予定に変更しました。 そんな秋田の秘湯にあって、 冬季でも公共交通機関を使って訪れることができるのが「 乳頭温泉郷」。 1 中性 タオル巻き NG 効能 ・切り傷・リウマチ・糖尿病・・…etc. 湯の色は同じに見えますが…効能や肌触りなどはまるで違います。 ですが、個人的にはなんとなく中の湯のお湯がいちばんよかったかな。 しかも、混浴が多くカップルや家族で楽しめるのも魅力です。 白湯と黒湯の施設は繋がっているため、裸での移動が可能。

>

『【おと休 第3弾】また鶴の湯温泉! (鶴の湯温泉・水沢温泉)』田沢湖・乳頭温泉郷(秋田県)の旅行記・ブログ by タブラオさん【フォートラベル】

源泉温度:39.。 囲炉裏付のお部屋でしたら、 山の芋鍋と岩魚の塩焼きを囲炉裏の炭火で温めながら食べることができるので、 より一層秘湯情緒を味わうことができると思います。 1 (2)黒湯 泉質: ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 泉質特徴:白濁しています。 この時期の「おと休」は毎年のように使っていますが、冬場は流石に行くところがない! ということで定番の乳頭温泉郷 鶴の湯温泉と、いつもと同じではつまらないので、今回、いつもは素通りしていた水沢温泉に寄ってみることにしました。 古いお部屋でしたが、綺麗に掃除されていました。

>

「鶴の湯温泉」(乳頭温泉郷)一生に一度は宿泊したい極上温泉!混浴露天風呂は日帰りもOK|日本の秘湯

鶴の湯の案内図を撮ってきたので参考にして頂きたい。 廊下は昔から変わらない、味のある日本家屋。 お膳がセットされた後は、温かいお蕎麦、芋鍋、ご飯が運ばれてきました。 洗面台、ウォシュレット付きトイレがあり快適。 持ち運んでいるうちに割れてしまいましたが、帰りの新幹線の中で試食。

>

乳頭温泉郷 「鶴の湯温泉」 | 元CAの混浴露天風呂体験記

フロント 「秘湯の会」のスタンプ帳を預けると、 翌朝チェックアウト時に押印されて返却となる野が通常ですが、 朝は忙しいのか、すぐにスタンプを押して返却されました。 「鶴の湯」といえばこの露天風呂は外せません。 売店でも販売しています。 鶴の湯本館に向かう道 駐車場に到着。 4下旬~11月下旬の期間限定営業のため、訪れる前に必ずご確認ください。

>

乳頭温泉郷 鶴の湯 本館 宿泊その4 お土産編

小鱒さんしょう煮(朝食にも出てくる一品)。 「中の湯」は、1、2人サイズの浴槽がある内湯。 湯船は撮影禁止です。 行ってみたいと思った人も多いのではないでしょうか。 銀などを使ったアクセサリ類を身に付けたまま入浴すると、化学反応を起こして真っ黒になります。 ガイドブックで良く見る入口の門と茅葺屋根の本陣。

>

鶴の湯温泉 (つるのゆおんせん)

以上が「鶴の湯温泉」のお風呂のご紹介でした。 何といっても混浴露天風呂のロケーションが本当に素敵でした。 有名な露天風呂は混浴ですが、カップルで利用している人も多く女性でも比較的挑戦しやすいと思います。 (2)車 ・東北自動車道「盛岡IC」から国道46号、国道341号を経由して約60分。 乳頭温泉をもっと知りたい方には 秋田県のおすすめ旅館はこちらから 秋田県のお土産情報はこちらから. 雪景色が美しい! 入浴剤でお馴染みの乳白色につかり、 疲れが癒される… 何年ごしの念願がかない、感激。 昭和の初めまで湯治場がありましたが、現在は山の中にぽつりと温泉があるだけです。

>

「鶴の湯温泉」(乳頭温泉郷)一生に一度は宿泊したい極上温泉!混浴露天風呂は日帰りもOK|日本の秘湯

冷水ポットもありました。 本陣側の突き当たりに「事務所」と書いてある入口がありますが、 ここが帳場&お土産処です。 直前に天気予報を見たら、雪は降らなさそうであったため、羽後交通バスと乳頭温泉湯めぐり号を駆使して、鶴の湯温泉、蟹場温泉、駒ヶ岳温泉、水沢温泉を駆け巡るという、かなりチャレンジングな計画を立てました。 日帰り温泉は都合により入浴できない時もありますので、事前の確認をおすすめします。 小橋を渡ってすぐ右側に男女別内湯の 「白湯」と 「黒湯」があります。 また、人気の温泉だけに昼間は混雑していることも多いようで、じっくり温泉を楽しみたい人は泊りがオススメです。

>

「鶴の湯温泉」(乳頭温泉郷)一生に一度は宿泊したい極上温泉!混浴露天風呂は日帰りもOK|日本の秘湯

(3)滝の湯 泉質: 含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素泉 泉質特徴:白濁しています。 「鶴の湯温泉」には、有名な混浴露天風呂以外にも3つの内湯と女性専用露天風呂があるとご紹介しました。 今回は、そんな温泉好き憧れの人気温泉、乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」についてその魅力や混浴露天風呂をはじめとするお風呂、またなかなか予約が取れないほど人気の宿泊施設についてもご紹介したいと思います。 大釜温泉には 乳頭温泉唯一の足湯も。 混浴のほかに広々とした女性専用の露天風呂があるのも、女性にはうれしいですね。

>