読点 使い方。 句読点の使い方「。、」 大前提と6つのルール

【意外と知らない】句読点(くとうてん)「、。」を正しく使う方法

念のため。 少々堅い響きがするということもあって、日常会話ではなく書類においてよく見かけますよね。 列挙には一定のルールがあり、これを間違えると、含まれるべきものが含まれなくなってしまったりする可能性があります。 どういうルールに従うか、という問題です。 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕 案 」の影響があるせいか、2 の書き方を教えます。 NGの例 彼は 、勉強はできるがスポーツはできない。

>

句読点の使い方には「きまり」があったのでしょうか

読点を打つ箇所は、 【関係が遠い文節の、前の文節の直後】です。 ちなみにこちらは、太宰治『斜陽』から引用しました。 句読点の正しいルールとつける意味を理解しよう より質の高い文章を書くためにも、句読点の正しいルールとつける意味を理解しましょう。 (わたし=主語 見る=述語)(足=主語 向く=述語) 3、接続詞のあとに打つ 「つまり」「そして」「しかし」「例えば」「また」「あるいは」「しかも」のあとに 接続詞を使うということは、意味的な展開がおこるということ。 著者名、クレジットなどは括弧の前に句点をつける 著者名、クレジットなどの引用は括弧の前に句点をつけます。 (ドラえもん・第7巻18話) 例:人にできて、きみだけにできないことなんてあるもんか。 「どちらが正しい」とは言えないと思いますが、私だったら「東京=新大阪間の切符」と書くでしょう。

>

句読点の正しい使い方!読みやすい文章にするルールと例文

』ぐらいなものか。 明日も晴れだといいなと思った。 プロの記者が書いたもの、もしくはプロの編集者の校閲が入ったものであれば、正しい位置に句読点が使われているでしょう。 逆に、正しいルールに則ってつくられた美しい文書は、 すいすいと読み進めることができ内容もスムーズに伝わります。 しかし、書く側が小さな配慮で回避できるならばそれに越したことはありません。 簡単に言ってしまうと「及び」は 「〜と」となり、「ご飯及びパン」と言った場合は「ご飯とパン」ということになります。 A ベストアンサー はじめまして。

>

句読点の正しい使い方とは?おかしい使い方例|箇条書き・カギ括弧

横書きは,報告や論説,公用文などの論理的で客観的な文章に限らず,日記や随想のような文芸や芸術的(主観的)で私的な文章にも及んでいます。 そこで、6つの具体例を元に読点の打ち所の原則をみていきましょう。 」 どちらも間違いではありません。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 今日10才の誕生日を迎えたハナコさんは買ってもらったばかりのお気に入りの服をクローゼットのいちばん目立つ場所にかけることにした。 名詞の列挙法は、法制執務上の技術ではありますが、公用文の作成に当たっても法令に準じて記述します。 そこでは、その文章を口に出した時の言葉の様子である「口調」によって読点を省略するとあります。

>

「あるいは」の意味と読点の使い方、「もしくは/または/それとも」との違い

句読点とは? そもそも、句読点(くとうてん)とは何なのでしょうか。 もう一つは、出典や引用元を示す場合にはカッコ()より前に句点「。 さまざまな意見がありますが、接続詞の後に読点が入ることで、話しながら考えている印象になりがちだという指摘(『新しい文章力の教室』唐木元など)や、そもそも「そして」などの接続詞を使うこと自体が、小学生のような稚拙な印象を産む原因になるという指摘(『伝える力』池上彰)もあります。 1、「長い主語」「長い述語」「長い修飾語」のあとに打つ これはとてもシンプルな話で、長い箇所の意味のカタマリを一目で伝える役割。 「及び」の読み方と意味 「及び」の読み方は「および」 「及び」は およびと読みます。 意外と使い方がおかしい方も多いですからね。 「及び」「又は」を使用する場合には、各名詞を句読点「、」で結び、最後の名詞の前にのみ「及び」「又は」を置きます。

>

句読点の正しい使い方!読みやすい文章にするルールと例文

・だからこそ、生きるということが大事なのだ。 私は専門家ではないので文法的説明は出来ません。 (このままだと、楽しそうなのが父なのか孫なのか分かりません)• ですが、文部省が作成したルールがそうなっているのであれば、それが一応は正しいと言えるのでは?と思いますよ。 読点は文章の途中に使われるため、読点で改行する人はいませんが、句点ごとに改行するのはどうでしょうか? 1つの主題を扱う文章のまとまりは「段落」です。 こちらのコメントには、あなたの文章に対しての「指摘」がいくつかあるようですが 私としては少々そちらの方が、あなたのミスよりも心地の良いものではなかったように思います (あなたの真摯な返信・回答は除いて、です)。 この意味の「あるいは」も読点を絶対置かなくてはいけないというルールはありませんが、文章が長くなり見にくいので上記の例文のように「 あるいはA、あるいはB」のように読点を入れるのが一般的です。

>