己 の 欲 せ ざる ところ 人 に 施す こと なかれ 意味。 己の欲せざる所、人に施すこと勿れ

己の欲せざる所は人に施すことなかれ

例2 僕ぁね、物を借りると気を遣うから嫌なんだよね。 子 (し)曰 (いわ)く、門を出 (い)でては大賓 (たいひん)を見るが如 (ごと)くし、民を使うには大祭に承 (つか)えるが如くす。 己所不欲 … 自分がいやだと思うこと。 脚注 [ ] []. そして、もしそうなってしまった場合は、自分でしたことに対する責任を果たす必要があります。 「家の外で他人に逢 (あ)うときは、その人を自分にとって何よりも大事なお客のように扱わなければならない。 かしこくない。

>

己の欲せざる所は人に施すことなかれ

科学における黄金律 [ ] 公平感と黄金律が神経的基盤を持つことを示唆する研究がある。 う~ん、 6割主義の私(筆者)が、いつの間にか、 (ひょんな所で)、完璧主義(完全主義)の 虜になっている…。 過小評価している!」 と、主張する。 徂徠はこの二句は「恕」 すなわち思いやりであるといっていいる。 ) に続いて、「仁とは何ですか?」と尋ねる仲弓に対して、 「己所不欲勿施於人 おのれのほっせざるところをひとにほどこすなかれ」 と、孔子は答える。 有一言而可以終身行之者乎。

>

我が身をつねって人の痛さを知れ

無理やり奪い取られる可能性を考えたら、先に相手を痛い目にあわせておきますかね? 迷惑をかけても良いのですから。 者 … ことば。 敬いつつしむ。 」と、素っ気ない。 わしは人を見て 法を説くんよ」と。

>

論語:衛霊公第十五:23 子貢問曰有一言而可以終身行之者乎章(現代語訳・書き下し文・原文)

己の欲せざる所は人に施すことなかれ 論語の言葉です。 孔門十哲のひとり。 弟子の仲弓が、仁について孔子に尋ねた。 邦 くにに在 ありても怨 うらみ無 なく、 家 いえに在 ありても怨 うらみ無 なし。 仲弓 ちゅうきゅう仁 じんを問 とう。

>

己の欲せざる所は人に施すことなかれ

己 (おのれ)の欲 (ほっ)せざる所は人に施すこと勿 (なか)れ、と。 (自分自身で他人の思いを判断せよ) 【例文】 「人を利用して、価値がないと思ったらあっさりと捨てるだなんて……。 ビジネスでも同様で、消費者を思いやり「消費者が望んでいないことは行わず、消費者が期待していることを行う」ことが、長期間生き残るための秘訣だと思います。 ・第二章では仲弓すなわち冉雍 ぜんようが 仁を問うている。 ここで主な宗教の教えを見てみましょう(儒教は宗教ではありませんが)。

>

己の欲せざるところ人に施す勿れとは

意味は説明するまでもない。 「 迷惑をかけても良い」 というのは、 「迷惑をかけられる側」が言う言葉です。 人民を公役に使うときには、祭りを執り行うときのように慎み深くしなければならない。 この薬にも毒にもなる欲というものとどうつき合って行くのか。 異なる考え方をどう受け止めるか。 黄金律以外の派生系の方は、や、人による感覚の違いなどを想定して、黄金律が行き詰まる場合の先手を打って考えられたものである。 己の欲せざる所は人に施す勿かれという原則を大切にしていきたい。

>

故事百選

・もし以上のように、敬虔と思いやりを行動の中心とすれば、 邦に在っても、家に在っても、人から怨まれることはないで あろう。 )と答えました。 すなわち、「周りの全ての人々に好かれる 人間よりも、6割の人々に好かれれば、 それでいい! 残りの4割の人々には、たとえ嫌われようが、 怨まれようが、OK(仕方がない)! 完全ではない私ゆえに、 聖人や八方美人を目指すよりも、 その方がよっぽどいい!」と、 私は考えて(思い込んで)いた。 6 アーカイブ• 「己の欲せざるところ人に施す勿れ」の出典は、孔子の教えである『論語』です。 「忠恕」 う~ん、 恕についてはOK! なれども、「敬虔」については、イメージとしては 理解できるものの、今一、私の腑に落ちない。

>