新型 コロナ ウイルス 化学 兵器。 新型コロナの正体、やはり“人工的”ウイルスか 中国当局「荒唐無稽で無知だ」と否定も…米専門家激白「分子にある4つの違いは自然に起きるものではない」 (1/3ページ)

【軍事のツボ】新型コロナウイルス「中国製生物兵器説」と生物兵器の恐怖 (1/3ページ)

裏で安倍政権につながるグループが指揮・暗躍してるらしいとのこと・・・ その英語サイトは 「 」 河岡氏については・・・ 「2014年10月21日 4000万人を殺した1918年のインフルエンザウイルスを改造する狂気じみた研究 河岡義裕氏は、1918年に4000万人の命を奪ったインフルエンザ「スペインかぜ」ウイルスを改造した新型ウイルスの作成者として知られるウイルス学者です。 2016年以来、中央軍事委員会は、軍の脳科学、高度な生体認証システム、生物学的情報と資源の収集、人間の身体機能向上、などの「新しい生物工学」に関する研究プロジェクトに資金を提供してきた。 単にまだ準備が整っていないというだけのことだ。 新たな時代の戦争としての「生物学」に対する中国軍の関心は、「遺伝子兵器」の可能性と「無血の勝利」の可能性について語る戦略家によって民衆の関心を集めている。 一例として、15年に英国政府が発表した「国家安全保障リスク評価」(注5)を挙げておく。

>

「新型コロナウイルスは人間が造った生物化学兵器だ」という言説が、中国の内外で広...

30キロというのは結構な距離だと思うのだが、大陸スケールでは縮尺が縮まるとでもいうのだろうか。 その結果、日本は国内の感染者からコロナウイルスを確保して研究をすすめているそうです。 感染症が国家と世界の安全保障上の脅威だという認識を深め、将来テロ組織などがさらに毒性の強いウイルスや細菌で製造した生物兵器(注1)を開発・使用する可能性も視野に入れて、医療から治安、防衛まで幅広い分野の連携を構築する努力が各国政府に求められる。 (中略)新型コロナウイルスはこの研究所から流失したものなのではないか、という噂は専門家からも聞かれます。 ところが、そうではないようなのです。 このような化学兵器は、「即時性(即効性)」が高いため兵器として使用されてきた。

>

中国がカナダから盗み出した「生物兵器コロナウイルス」|NOGI|note

原始的な作戦だが、特に軍隊は陸海空とも密集、密接、密閉の「3密」が避けられない環境で常に活動している。 〒104-0045 東京都中央区築地4-3-12 1006• 武漢研究所が地球上で最も致死力の高いコロナウイルスのいくつかを入手したという決定的な証拠がある。 54、括弧内筆者 と門外漢であることを開陳しながら、 (その根拠は)武漢からキ30ロメートルほどの距離に中国科学院ウイルス研究所が存在する(こと) 出典:WiLL20年4月号、P. 英政府は離脱準備を最も優先し、感染症対策は縮小を余儀なくされたという指摘もある 英国は今年1月末にEU離脱を果たしたが、その直後から新型コロナウイルスの流行が始まり、6月までに4万人を超す死者を出すなど封じ込めに失敗している。 しかし、果たしてそれは可能なのだろうか? 中国が生物学的超兵器の作成に必要な遺伝子編集を可能にするクリスパー(CRISPR)技術を習得していることは広く知られている。 Keding Cheng博士は細菌学者であり、後にウイルス学に転向した。

>

新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

そうした中で起きた今回のパンデミックは、改めて生物兵器への関心を呼び起こす形となっている。 万が一、作製された危険なインフルエンザウイルスが実験室から流出したとなれば、人間は対応する術を持たず、世界規模での惨事につながることが懸念されるためだ。 研究チームを立ち上げて原因究明に乗り出したが翌日2020年1月1日。 米軍も警戒 元陸上自衛隊化学学校長の鬼塚隆志氏は、致死性と感染力のきわめて高い細菌やウイルスが効果的にばらまかれれば、「人類滅亡に至るかもしれない」とまで言う。 エジプト人ウイルス学者Dr. ゼロヘッジは基本的には金融情報サイトだが、親ロシア・反米陰謀論の政治記事が際立っている。 みんなワクチンの接種し過ぎで基本的な事に気付かない人が多いが、 人体には、常に正常を保とうとする機能が働いているため、体外からの侵入者に対して、熱を高めて「発刊」する事により、ウイルスを排除させるものです。

>

新型コロナと生物兵器 : 読売クオータリー : まとめ読み : ニュース : 読売新聞オンライン

患者は心肺または腎疾患の病歴はなく、長期薬剤投与も受けておらず、喫煙もしていなかったという。 武漢の設備は最先端だったのかもしれないが、中国の安全基準は一般的に著しく緩いと言われている。 中国政権が地球上の支配者として米国に取って代わるための戦略として、中国共産党がこうした兵器の開発に取り組んできたことは明らかだ。 滞在に同行し、改めてインタビューすると、杜氏は、諸状況からみて「武漢の病毒研究所で研究、培養していた新型ウイルスが何らかの不手際から外部に漏れたというのが一番適当な説明だろう」と推測。 中国政府の弾圧を受けたとして、長いこと反米運動を展開している。 重大感染地域(中国)と世界の人、金、モノの流れが絞られ、米中対立の先鋭化で始まった西側経済圏、グローバルサプライチェーンからの中国分離は今後加速することが予想される。 75~、著者・河添恵子氏)を掲載。

>

米議会で新型コロナの秘密を暴露した中国人ウイルス研究者は誰か!?

このリスク評価は、政府が様々な危機対応に予算や人員をどう配分するかを判断する根拠に使われる。 Paul S. 郭文貴氏がこのとき引用したのは、中国の親人民解放軍系民間軍事サイト「西陸網」だった。 ビルゲイツのそれ以前の著書での発言「ワクチンがあれば人口は減る」。 同研究所は、ウイルスの発生源とされる海鮮市場から約30キロの地点に位置する。 韓国ウォンは要注意だと思います。 ウイルス攻撃は10年前から予告されていた? 新型コロナのパンデミックは世界征服計画の開始の合図か?. さらに2017年8月には、中国国家衛生委員会が武漢の施設でエボラウイルス、ニパウイルス、クリミア・コンゴ出血熱ウイルスを含む研究活動を承認していたことが判明している。

>