伊藤 詩織 判決。 【伊藤詩織さん「性暴力裁判」で勝訴】江川紹子が見た判決・会見…今後求められるものとは

伊藤詩織さんと元TBS記者の民事訴訟、「合意ない性行為」認め山口敬之さんに330万円の支払命令 東京地裁

山口氏は、性的関係を強いたことを否認し、記者会見で「立場を利用して性行為をしたわけではない」と主張した。 一言で表すと「同意はなかった」としています。 一方、伊藤さん側は、自立歩行できない状態だったと反論。 彼女まだ若い。 検察審査会に申し立てをすると決めた詩織さんは、 証拠開示請求をし、また自分でも可能な限りの証言と証拠を集めた。

>

★伊藤詩織裁判 地裁の1審判決を不当とし、高裁が初めから裁判のやり直しを決定!!

理屈上あってはいけませんが、実際は 希ですが、何件か出ています。 山口氏は 「合意があった」 「伊藤さんから積極的に誘ってきた」 「虚言癖がある」 などと法廷で反論している。 レイプした相手の肌着を身につけて帰る女性が、地球上にどれだけいるというのか。 いずれにせよ、この一文は、性被害に苦しむ女性のみならず、様々な困難に直面している様々な立場の人々に勇気を与える得難いセンテンスだと思う。 タクシー運転手の証言は『「駅で下してください」と女性が何度も言っていた』という内容で、伊藤詩織さんが帰宅しようとしていたことを示す内容だったようです。 そして、「ホテルの部屋で原告が午前2時ごろに目覚めた際、(伊藤さんは)『私は何でここにいるんでしょうか』と述べ、就職活動についても何度も尋ねており、酔っている様子は見られなかった」という山口氏の供述については、「原告が述べた言葉自体、原告がホテルの部屋に入ることについて同意をしていないことの証左というべき」としています。

>

伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める:朝日新聞デジタル

。 この時点で、タクシー運転手は2度高輪著で聴取を受けていたとか。 被告側が反訴を起こしている点など、経緯が伊藤さんの裁判と似ているところもあるので、少し詳しく紹介する。 事実確認出来ない事案に安易に同情する奴等が社会秩序をぶち壊す。 性暴力は許されるものではなく、ヒューマンライツ・ナウは、 MeTooをサポートし、 今後も勇気を出して声をあげた人々に寄り添う活動を展開してまいります。 伊藤さんが警視庁に準強姦容疑(当時)で被害届を提出したのは2015年4月。

>

伊藤詩織氏事件の控訴審 波乱を暗示する判決?

10 名古屋地裁判事補 (第49期) また、学歴について調査したところ、 「中央大学」を卒業しているようです。 民事裁判は当事者双方の言い分を聞いてその言い分を元に紛争を解決するだけなので真実かどうかはなんともいえません。 判決などによると、米ニューヨークの大学でジャーナリズムを学んでいた伊藤氏は2013年、TBSワシントン支局長だった山口氏と知り合った。 しかし、菅官房長官の名前は、山口氏が詩織さんの事件で逮捕される直前、警察庁の上層部がストップをかけたとされる問題でも、浮上していた。 山口さんは、これらについて「名誉および信用を毀損し、プライバシーを侵害した」として、慰謝料など計1億3000万円と謝罪広告を求めて反訴しており、併合して審理されていた。 性的暴行を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBSワシントン支局長の山口敬之氏に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、山口氏に慰謝料など330万円の支払いを命じた。 ・2015年4月3~4日 当時TBSの政治部記者でワシントン支局長だった山口氏は一時帰国中に伊藤さんと東京都内で会食。

>

伊藤詩織氏の元TBS記者に対する勝訴判決が賛否両論を呼んでいる理由(2)

争点は、性行為の同意があったかどうかだった。 「同意を出来る状態ではなかった」ことを証明するためには事件があった ホテルに入った時点で伊藤詩織さんに「同意を確認できる意識があったのか?=酩酊状態ではなかったのか?」ということを証明する必要がありました。 でも、カメラマンさんに『君のことを撮るわけじゃない。 運転手は詩織さんが「最寄駅まで行ってください」と複数回頼んでいたと証言。 さらに畳みかけるように、「その日のうちに産婦人科を受診して、アフターピルの処方を受けているが、これは性行為が原告の予期しないものであったことを裏付ける」「数日後に友人2人に事実を告げて相談し、さらに、警察署に申告して相談した」など、その後の事実関係と、伊藤さんの供述は整合性があるとしています。 同年3月から祖父と離れて母親と暮らしている。 それぞれの主張の食い違いをブリッジするものはブラックアウト、つまりアルコール性健忘です。

>

伊藤詩織さんと元TBS記者の民事訴訟、「合意ない性行為」認め山口敬之さんに330万円の支払命令 東京地裁

そのうえで、将来上司となる可能性のあった山口さんから、意識を失った状態で、避妊具をつけることなく強引に性交渉をされるなどし、フラッシュバックやパニックが生じる状態が継続していることから、慰謝料300万円と弁護士費用30万円を認めた。 自家撞着に気づいたか? 伊藤詩織氏 SNSにおける誹謗中傷により自殺したとされる女子プロレスラー木村花氏の問題に対し伊東氏は、 >私もアクションを起こさなければと思い、急ぎ足で訴訟をスタートすることにした、 と6月8日記者会見した。 提訴は、主に漫画家はすみとしこ氏に対してであり、その他約70万件に及ぶネット上の書き込みをチェックしたという。 山口氏は、伊藤氏の会見や著書で名誉を傷つけられたと反訴していたが、判決は「自らの体験を明らかにして性犯罪の被害者をとりまく社会状況の改善につなげようとする公益目的であり、公表した内容も真実だ」として退けた。 だが、刑事事件として有罪にならなかったからといって、それは必ずしも「加害の事実はなく、責任もない」ことを意味しない。 は原審で伊藤詩織さんに軍配が上がり、世界に配信されましたが、もしかしたら大きくひっくり変えるかもしれません 大西弁護士の千倍返しが始まるっ! 乞うご期待!! 風見鶏、掌返しの上念司よ。 判決前、報道陣の取材に応じた伊藤さんは「訴訟を起こしてから、新たな証言を聞き、公になったことがいくつかあった。

>

伊藤さん性的暴行、山口敬之氏の逮捕を中止した元刑事部長は菅官房長官の元秘書官だった

伊藤さんはこの日、検察当局が準強姦容疑の事件を不起訴処分にした時につづった日記を4年ぶりに読み返した。 また今回のような告訴事件について、刑事訴訟法には、次のように書かれている。 詩織さんには、「これまでに聴取が済んでいる関係者にももう一度話を詳しく聞く」と説明していたにもかかわらずだ。 「就活セクハラ」とTBSの責任 判決が認定した事実によれば、本件は、テレビ局で仕事をしたいと就職活動中の若い女性が、大手メディアのワシントン支局長の男性と会食後、酩酊状態に陥ったところを、タクシーに乗せられ、男性側が宿泊していたホテルの部屋に連れ込まれて、性的関係を強いられたものだ。 原告山口敬之さんの弁護士は応答に悠然として立ち上がり、法廷に響き渡るように高らかな声で弁論をしていましたね。

>

伊藤詩織さん勝訴、誰もが知っておくべき判決の「最重要ポイント」(崎山 敏也)

「寿司屋においてトイレに入った後、ホテルの部屋で目を覚ますまで記憶がないとする伊藤さんの供述と整合する」と述べた。 裁判では性行為に合意があったかどうかが争点になった。 確かに、構成要件の規定は、法の拡大解釈などを防ぐという意味で重要だ。 さらに、伊藤さんが7日と8日に友人2人に相談したこと、9日に原宿警察署に相談したことを踏まえ、「行為があった時から近い時期に、合意に基づかずに行われた性交渉であると周囲に訴え、捜査機関に申告していた点は、今回の性行為が伊藤さんの意思に反して行われたものであると裏付けるもの」と結論づけた。 その 大事な証言のであるタクシー運転手の証言が、取り調べを行った捜査報告書に記載されていなかったというのです。 好ましいことではありません。 「(手記『Black Box』の)表紙に顔を出すのは絶対に嫌だったんです。

>