山口組 尼崎。 尼崎・発砲事件 至近距離から急所外す? 負傷の神戸山口組系幹部「急に呼び止められ…面識なし」(ラジトピ ラジオ関西トピックス)

六代目山口組系権太会がさらなる組織の拡大…絆會幹部らが移籍し、重要拠点の尼崎を席巻

日刊ナックルズ 脚注 [ ] []. 兵庫県警は対立抗争事件として調べている。 通称「マナイケ」。 11月3日に銃撃された三代目古川組組長は、六代目山口組傘下の琉真会から神戸山口組に移籍しているのです。 最高顧問 - 仲本政弘(二代目琉真会総裁)• 三代目古川組の総裁に転じた人物は二代目古川組組長古川恵一と同一人物だが、2019年11月27日射殺される。 最悪は死刑だ。

>

六代目山口組系権太会がさらなる組織の拡大…絆會幹部らが移籍し、重要拠点の尼崎を席巻

神戸は拘置所にいる組員の弁護士費用もままならず、六代目側にヒットマンを送り込むことなどできないとX氏は話す。 カタギとして半生を過ごし、中年になってから業界入り。 三代目組長は仲村石松(神戸山口組若中。 「尼崎市内に拠点を置く神戸山口組傘下組織と任侠山口組傘下組織の間では、そういった動きが起きた時のために、非公式ながら協定が結ばれているという話があった。 特に昨年10月に髙山清司若頭が社会復帰してきてからは、組織活動がしづらくなる特定抗争指定暴力団に指定されても、手を緩めず、神戸山口組を攻撃し続けた。

>

六代目山口組と神戸山口組の分裂問題に年内決着はあるのか? 尼崎での銃撃事件が持つ意味

(文=山口組問題特別取材班). 古川恵一の息子 - 表の本業として尼崎で焼処ダイニング店を経営していたが、2019年5月以降社会不在。 今回の犯行、実際にけん銃を撃った実行犯は藤村容疑者ではなく、もう一人の逃走中の男と兵庫県警は、みている。 大興會 - 任侠山口組で「三代目」となる。 11月18日の東京地裁で、脅迫などの疑いで起訴されていた神戸山口組の二次団体である二代目英組の藤田恭道組長に無罪が言い渡されたのだ。 二代目石元会 - 古川組東京事務所。

>

古川組

5日に男が尼崎南署に出頭し、捜査本部が組長に対する殺人未遂容疑で逮捕した。 「尼崎の均衡を破ったのは、沖縄抗争(沖縄県内で1961年から起きた抗争事件で、その後、90年代初頭の第6次沖縄抗争まで続いたといわれている)で名を馳せた大物幹部。 つまり特定抗争指定暴力団の指定を受けている中、さらに取り締まりが強化されようが、武力を行使してでも神戸山口組を壊滅させるという考え方です。 兵庫県尼崎市で神戸山口組の仲村石松組長ら2人が11月3日、何ものかに銃撃され、重傷を負った事件が大きく動いた。 2005年11月、古川組若頭古川恵一は、二代目古川組組長に襲名し、六代目に参画した。 竹内照明の意に反し、2015年12月9日、六代目山口組から脱退し、神戸山口組に移籍する。 絆會は一時、脱反社を目指して、指定暴力団である現在の組織を解散することが濃厚と見られていた。

>

「2つの山口組」尼崎・発砲事件 六代目山口組直系団体幹部、殺人未遂容疑で再逮捕

そうした影響で、尼崎市内に残った六代目山口組系以外の勢力は、いまや神戸山口組の三代目古川組だけになっていた」(地元関係者) いわば神戸山口組にとっては、尼崎という重要拠点の最後の砦ともいえる組織が三代目古川組だったわけだ。 カネのない神戸がなにもできないのは最初からわかっとるけど、鉛を体じゃなく壁に撃ち込んで逃げるのはカエシとはいわん。 相談役 - 重枝長二郎(天伸会会長)• つまりは、神戸山口組側による犯行との見方が強いだろう。 兵庫県警は11月5日に出頭してきた六代目山口組傘下「司興業」の幹部、藤村卓也容疑者(52)を殺人未遂容疑で逮捕した。 つまり解散しない以上は、今後も六代目山口組が神戸山口組に対して、攻撃を加え続ける可能性があるということだ。 神戸山口組や絆會から、かつて袂を分かった六代目山口組サイドに移籍、復帰するケースがこのところ増えているが、今回の移籍劇も、そうした動きをさらに加速させることになるのだろうか。

>

「2つの山口組」尼崎・発砲事件 六代目山口組直系団体幹部、殺人未遂容疑で再逮捕

いうなれば、絆會にとって、尼崎市内は重要な活動拠点だったということになる。 相談役 - 中西克英(中西会会長)• 四代目 - 任侠山口組若頭。 藤村容疑者は事件の3日後に警察署に出頭し、神戸山口組系の64歳の幹部を拳銃で撃って両足に大けがをさせたとして逮捕され、この事件をめぐっては、事件の8日後に出頭してきた山口組系の加藤伸治容疑者(54)も逮捕されています。 というのも、銃刀法違反に殺人や殺人未遂の罪を伴うヒットマンはよくて十数年か無期懲役の刑務所生活。 特に六代目山口組関係者は、確定情報のように揃って口にしています」(ジャーナリスト) 山陽地区の神戸山口組系有力組織が六代目山口組に移籍するのではないか--。 司興業は11月5日に六代目山口組と対立する三代目古川組の仲村石松組長(若頭補佐)ら2名を銃撃している。 三代目司興業に参加。

>