生貝 直人。 画像や文書も…ダウンロード違法化、対象拡大? : 深読み : 読売新聞オンライン

行政 個人情報の保護:プロファイリングとデータポータビリティ 生貝直人東京大学大学院准教授

具体的には、あくまでもEU域内において、データの保存・処理の場所を特定の国の領土内とするよう義務付けることや、他国内でのデータの保存・処理を妨げることを禁止している。 どのデータを元に、どの基準でデータを開示して使っているのかわかるようなプラットフォームを作らないとダメでしょう。 音楽や映像でも、これまで刑事罰が適用されたケースはない。 経済産業省. 」と定められ、公的な美術館・博物館は同条を根拠として一定の入場料等を得ている。 4 「なぜ」ヨーロピアナのような包括的なデジタルアーカイブを日本が作る必要があるかの詳細については以下を参照。

>

🔭リツイート事件最高裁判決の周辺(桑原俊)

現実問題として、私たちは検索エンジンを使って、あらゆる知識を得るようになってきている。 今後、ニューノーマルのスマートシティを考える上で、B2Gは重要な問題になってくると思います。 New York University Law Review. プロファイリングなどによって便利になる側面ももちろんあって、それは否定できないのですけれども、やはり保護の側面も考えておかなければいけないのかなと思います。 その都度、結果を見て判断しないといけない。 プロファイリングを解いたときのセレンディピティ・アーキテクチャはこういうふうに組まれているということも一応説明をしておくことが必要で、調律環境との差異をちゃんと可視化し、メタ選択の機会を与えておくということがまず重要かなと思います。 EU市民の権利を定める欧州連合基本権憲章において、個人データの保護は基本的人権とされており、デジタル時代においてこの権利を強化する等の観点から立法された。 東洋大学准教授の生貝直人氏は、これを日本にも導入すべきだという。

>

行政 個人情報の保護:プロファイリングとデータポータビリティ 生貝直人東京大学大学院准教授

特に僕自身は日本の情報政策をヨーロッパ(単にEUと示すことが多いです)・アメリカと比較することを専門にしているので、EUやアメリカの最新の話題を適時お届けしていくことができればと思います。 プロファイリングを用いた選択環境の調律は、実質的にこういう状況に非常に近い。 情報銀行が PDS を指しているのであれば、集めることのリスクと、どの程度運用を委ねるのかということで規律が必要となると思う。 高崎:まずは技術的に可能かどうかということ。 そのような文化資源に対する尊重の社会的規範の育成こそが、デジタルアーカイブの利用条件をより自由なものとしていくというのが、筆者の考えである。 このように解されれば、レジュメでは「入口規制」と書きましたけれども、そもそもそういったプロファイリングを用いた攻撃的ターゲティングができなくなりますから、一定の歯止めにはなっていくことになるかと思います。

>

書籍『AIと憲法』

すると、過去の出来事をウェブで調べようと思うと、産経新聞か日経新聞の記事、あるいは無断転載された記事や、まとめサイトの記事ばかり出てくるという状況がある。 4 林景一裁判官の反対意見 周辺問題を書くついでに、というわけではないが、林景一裁判官の反対意見について(最高裁判決の反対意見の検討は、そもそも周辺的な問題ではないはずであるが、その点はご海容を)。 こういった第1種価格差別は、5行目にありますように、「企業に利益を与え、消費者を害する」とも言われています。 競争的に考えれば非対称であるが、これが、データ保護に関する法律に含まれているのがおもしろいところで、原則を守るのか、競争的にやるのかは気になるところである。 Calo先生が2014年に出した論文が非常に注目されまして、Digital Market Manipulationという論文なのですけれども、彼はこの中でこういうふうに言っているわけです。

>

第305回 消費者委員会本会議 議事録 : 消費者委員会

消費者側の知ろうとする努力やリテラシーの涵養だけに頼るのは限界がありますので、同時に事業者の側がプライバシー・バイ・デザインのような思想に基づいて対応していく必要がある。 例えばドイツでは、ADR(代替的紛争処理・仲裁機関)を経由して、できるだけスピーディにコストが掛からないよう、裁判所から派遣された裁判官、検索エンジン、そして当事者や利用者が納得できる結果を、公正に出していくための仕組み作りが進められています。 4:利用条件に関わる制度的枠組 このような文化資源デジタルアーカイブにおける、パブリック・ライセンスの適用や完全な権利放棄の国際的潮流は、近年世界各国で急速に進展するもう一つの政策的イニシアティブ、つまり「オープンデータ」、あるいは「オープンアクセス」に関わる施策の影響を強く受けたものである。 「忘れられる権利」について、そもそもの発端とその課題について、この分野におけるエキスパートであるKDDI総研 主席研究員の高崎晴夫氏と東京大学大学院情報学環 特任講師の生貝直人氏による対談をお送りする(司会進行:JIPDEC)。 これらの秘密が保護されるデータを処理する場合には、通信自体の成立やセキュリティの維持・回復のために必要な場合等を除き、原則としてユーザーが同意することが必要となる。 仕事で言えば、「テレワーク」は加速すべきものである一方、「ハンコ文化」や「満員電車」は捨てたほうがいい。

>

CA1835

それが価格差別ということになるのかどうか。 彼が2014年に指摘したことは現実になりつつあって、例えば、同じ年のThe Guardianの記事ですけれども、2ページの2行目以降ですが、イギリスはギャンブルが合法化されている国ですけれども、イギリスのギャンブル業界がAIを用いてギャンブル依存症の者を予測したり発見したりしていると報じられている。 また、欧州委員会は2019年11月29日までに事業者に行動規範の策定を完了させ、2020年5月29日までに施行させなければならないとしている。 なぜなら、同意しないと加入できないので、同意してしまう。 2018年9月に行われた「要綱案」意見交換会のレポートは。 調律された環境から脱退する権利をアーキテクチャ上認めておくということであって、軽度の規制として許容されるのではないかという考え方であります。

>