中小 企業 庁 下請 調査。 中小企業庁:令和2年度「委託元との取引に関する調査」を実施します

株式会社コモディイイダによる下請代金支払遅延等防止法違反行為に関して公正取引委員会へ措置請求をしました (METI/経済産業省)

下請かけこみ寺事業 中小企業庁では、平成20年度より下請かけこみ寺事業を実施し、下請事業者の取引上の悩みに対応しています。 開催概要 日時 2020年11月30日(月曜日)14時30分~16時30分 開催方法 オンライン形式(ライブ開催 動画配信) 詳細 新型コロナウイルス感染症により影響を受けている下請事業者との取引について 新型コロナウイルス感染症が世界的な広がりを見せており、日本国内においてもサプライチェーン等への影響が既に顕在化しています。 インターネットによるご回答について 本調査はお送りする調査票のほか、以下の専用WEBサイトからもご回答いただけます。 本調査のお問い合わせ先 委託元との取引に関する調査事務局 コールセンター 9月14日より 電話: 0120-062-702 フリーダイヤル 受付時間:月曜~金曜 日祝除く 9:30~17:30 本発表のお問い合わせ先 中小企業庁事業環境部取引課長 亀井 担当者:寺田、松岡 電話:03-3501-1512 内線5293~7 03-3501-1732 直通 FAX:03-3501-1504. また、平成29年より、下請Gメンによる下請中小企業へのヒアリング調査を実施しており、今回、令和元年度の調査結果についてもとりまとめました。 このため、今後、速やかに調査対象業者に対して、「下請取引等実態調査について」の適正な通知書を送付します。

>

令和2年度下請取引等実態調査の通知について (METI/経済産業省)

調査票の内容等については適切であり、何ら問題がないことから、既に御報告いただいた調査対象業者についてはその調査票の提出をもって御報告があったものと取り扱い、今後御報告いただく調査対象業者については、報告期限を再設定することとします(押印不要とします)。 御報告いただいた内容については、下請法に基づく調査の目的以外には一切使用しません 消費税に関する内容については、消費税転嫁対策特別措置法に基づく調査の情報として使用する場合があります。 また,貴社の回答内容については,本調査の目的以外に使用することは一切ありません。 2.下請かけこみ寺事業の実施状況 中小企業が抱える取引上の悩み相談を受け付ける「下請かけこみ寺」(全国47都道府県に設置)では、相談員による相談受付8,381件、弁護士による無料相談513件及び裁判外紛争解決手続(ADR)の調停申立18件の案件に対応しました。 また、取引調査員(下請Gメン)を配置し、全国の下請中小企業を訪問して、4,571件のヒアリングを実施しました。

>

中小企業庁:令和元年度「下請事業者との取引に関する調査」を実施します

本調査のお問い合わせ先 株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 「型取引の適正化に関する調査」実施事務局(担当:赤井) 受付時間:平日9:00~17:00 土日、祝日除く 〒107-8680 東京都港区南青山2-5-20 電話:0120-531-865. というか、これがないと回答できない。 ・法人番号 ・平成28年度決算について(問6~問8) 数字を記入する設問では、合計が合っているかが表示されるので、インターネット回答は便利。 選出に当たっては、各業種別、規模別の中所企業(個人事業者含む)の実態を把握できるように、各地域、各業種、規模別に一定数の企業を選出しています。 だが、紙の調査票が入っていたので、記入を始めた。 回答用紙 PDF形式:208KB 、 EXCEL形式:133KB EXCEL版:令和元年6月10日更新 3. 詳細は、公正取引委員会のサイトを御確認ください。 迅速な紛争解決…中小企業取引の簡便・迅速な解決のため、裁判外紛争解決手続(ADR)により、登録弁護士が調停手続を実施。 本調査票に記入された貴社の個別の回答内容について外部に公表することはありません。

>

平成30年度における下請取引の適正化に向けた取組等をまとめました (METI/経済産業省)

調査票を受領されました事業者におかれては、ご多忙中、誠にご迷惑をおかけしますが、本調査の趣旨および意義をご理解の上ご協力くださいますよう、お願いします。 統計データを探す• との取引の実態を把握し、下請事業者や中小企業の保護等に役立たせることを目的として、「委託元との取引に関する調査」をオンラインにより実施します。 オンライン調査のURL: 参考• ただ、GoogleChrome、Microsoft Edheは使えない。 3.取引条件改善に向けた取組 取引条件の改善等、中小企業・小規模事業者を取り巻く諸課題に対応するため、平成29年9月に「中小企業・小規模事業者の活力向上のための関係省庁連絡会議」を内閣官房副長官の下に設置して、省庁横断的に必要な検討を行っています。 平成28年9月にとりまとめた「未来志向型の取引慣行に向けて」において、「不合理な原価低減要請の改善」、「型管理の適正化」、「支払条件の改善」を重点三課題として位置付けており、今回の調査では、これらの課題の改善に向けた取組の実施状況や、製造コスト等の取引対価への転嫁状況等について調査。 令和2年度「委託元との取引に関する調査」を実施します ~オンラインによる調査に回答をお願いいたします~ 令和2年9月11日 中小企業庁では、取引の適正化に向けた取組をより一層進めることを目的に、下請取引の実態把握を行っています。 調査概要• 総務省が実施した経済センサス-基礎庁舎等の結果をもとに、全国の中小企業(個人事業)の中から11万社を選出しています。

>

中小企業庁:令和2年度「委託元との取引に関する調査」を実施します

PDF形式:433KB 令和元年7月30日更新 「下請Gメン」によるヒアリングに関するお問い合わせ 以下の担当課「下請ヒアリング担当」宛てにお問い合わせください。 対象事業者は注意してほしい。 html 上記は経済産業省のページ。 本調査票をダウンロードして回答を記入・返送しても取り扱えませんのでご注意願います。 統計データの活用• 下請適正取引ガイドラインの普及啓発…中小企業に対する「下請適正取引等の推進のためのガイドライン」の説明会を業種ごとに開催する等、普及啓発を実施。

>

令和元年度自主行動計画に係るフォローアップ調査を実施しました (METI/経済産業省)

本年度の下請取引適正化推進月間事業の一環として、下記のとおり講習会を開催します。 そのため、貴社と同業種・規模の企業が少ない場合には、申し訳ございませんが、連続または各年でご協力をお願いする場合もございます。 関連資料• このたび、事業者に業務を委託する取引先 以下「委託元」といいます。 あくまでも「ご協力」なので回答の義務はない。 本調査における情報の取り扱い 本調査に関することについて、委託元に知らせることは一切ありません。 担当 中小企業庁事業環境部取引課長 亀井 担当者:鈴木、寺田(1.に関すること) 浅田、羽柴(2.に関すること) 木藤、福岡(3.に関すること) 電話:03-3501-1511(内線5291~2) 03-3501-1669(直通) 03-3501-6899(FAX). 当該調査結果を受け、本日、中小企業庁長官は、同法第6条の規定に基づき、公正取引委員会に対して、適当な措置をとるよう請求しました。 ただ、筆記用具の記載がない。

>

令和元年度自主行動計画に係るフォローアップ調査を実施しました (METI/経済産業省)

建設業法(昭和24年法律第100号)第31条第1項及び第42条の2第1項の規定に基づき、建設工事における元請負人と下請負人の間の下請取引の適正化を図るため、国土交通省及び中小企業庁において、令和2年8月3日から9月11日までの期間で、全国の建設業者約18,000業者を対象に建設業者の下請取引等についての調査を実施していましたが、令和2年9月20日に、中小企業庁において必要な決裁手続きが完了していなかったことが判明しました。 「下請等中小企業の取引条件改善」に向けて各業界団体が策定した「自主行動計画」について、令和元年度の取組の進捗状況についてのフォローアップ調査結果を公表します。 中小企業実態基本調査の回答には「決算報告書」があると便利。 また、ご報告いただいていない調査対象業者については、報告期限を再設定いたしますので、ご報告をお願いします(押印不要とします)。 調査対象業者に対し、その旨を御連絡するとともに、既に御報告いただいた調査票の取扱い等について御案内します。

>

報道発表資料:令和2年度下請取引等実態調査の通知について

平成30年度における下請法の運用状況、下請かけこみ寺事業の実施状況、取引条件改善に向けた取組について、取りまとめました。 秘密保持を前提としてお話を伺い、国や業界が定めるルールづくりに反映するなど、適正取引に向けた取組を強く促していきます。 本調査は、それを受けた産業界における型取引適正化に向けた取組の実施・浸透状況を把握することを目的として実施するものです。 問16の「事業の種類」は弊社の場合、「インターネット付随サービス業」にした。 ところが9月20日に中企庁の決裁手続きが完了していなかったことが判明。 調査期間:令和2年10月15日 木 ~令和2年11月13日 金 公表資料• また、親事業者に該当しない場合も、その旨の報告が必要となります。

>