アイム ジャグラー グラフ。 アイジャグの設定6はやはりキレイなグラフになりますな!【ジャグラーグラフ攻略#3】

アイムジャグラーの設定5は勝てない?打つ価値ある?グラフ付シミュレーター・挙動・特徴・勝率データ解析

やはり信頼できるイベントありきだと思います。 だって、1台につき500万円以上掛かるそうなので、検定費用が。 設定3の場合、最終的に水平のグラフになりますが 設定2から下はどんどん低下します。 設定把握が出来ていない場合、出た際にとっととやめる事も良い手段です。 08% 勝ち(0円以上) 1549回 負け(0円未満) 451回 最高収支 148220円 最低収支 -91020円 平均収支 29192. また、ボーナス確率だけでは設定5との見分けがつかないため、看破する際はぶどうをカウントしよう。 低設定(設定1や設定2)に比べると、 それなりにボーナス回数が付いてくるので 一時的に高設定と間違われることも多いと思います。 参考 REGに大きく偏る台 13 7 13 -816 20 5 13 -1414 29 5 15 -1096 13番、20番、29番のように 『REGに大きく偏る台』というのをホールでよく見かけますが、不思議と終日REGに偏り続けることが多いように思えます。

>

【アイムジャグラー】設定6の3000G時点のデータ【実戦検証】

中途半端だから使わないと定説で流れていましたが 出ている台はほとんど設定3と思って油断せずに行きましょう。 僕がやっている方法は 「閉店時のデータをまとめて管理する」という方法ですが、これだけでも勝負できる情報がかなり集まってくるので、現時点で思うように勝てていないという人は絶対にやった方がいいです。 3000Gで約5000円浮くという収支を高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、コンスタントに設定5以上を掴める環境さえあれば、アイムジャグラーで安定して勝ち続けることは難しくないでしょう。 ご覧の通り、非常に不安定なグラフですね。 設定6のみが常にラインに従って伸び続けます。 ただし、設定6の小役の振れ幅は多少わかると思いますので、立ち回りの参考にしてください。 明らかに公表値が低く公表されています。

>

『ニューアイムジャグラーEX(EX

ちなみに時給について計算してみたのですが、1時間に700G程度回すという仮定で、さらにチェリーフォロー打法で打ち続けた場合、アイムジャグラーの設定5における期待値を時給にすると約1500程度という結果がでました。 ニューアイムジャグラーEXの設定6はそれほど出ない印象ですが、実際には平均差枚で2000枚を超えます。 打ち続けると必ず負ける設定です。 設定6でもハマる時はハマるという結果ですが、300Gを超える割合は7%以下である必要があるという結果です。 稼働が良いホールやホールの利益が少ない時に使われます。 低設定での稼働をゼロに近付け、高設定での稼働を1回転でも増やすことが、ジャグラーに限らずスロットで勝つことの基本であり近道だと言えるでしょう。 ただし、合成確率やレギュラー確率が設定6を下回っていれば、設定6である可能性は低くなります。

>

アイジャグの設定6はやはりキレイなグラフになりますな!【ジャグラーグラフ攻略#3】

ハマリが深いと設定6は否定されますし、連荘が弱い場合も設定6を否定します。 2と今回取り上げたグラフはすべて設定6以上の数値となっています。 ジャグラーを攻略していくうえで目指すのは、まぎれもなくココです。 機械割的に。 300G内にボーナス当選する割合は9割近くになります。 4程度になりますが、ハマる時は落ちて連荘中に戻るを繰り返す事が経験上多いですね。 また、300G内にボーナス当選する割合は統計でも9割以上は当選しないと設定6は望めません。

>

【アイムジャグラー】設定6の3000G時点のデータ【実戦検証】

94 -6760 円 今回の最低収支は、 -6760 円でした。 もちろん3000Gの段階でREGが7回などはスルーするため、REG確率だけ見ていても高設定を取りこぼしてしまうことは大いに考えられますが、 低設定を打たされる可能性を拾うのに比べたら問題ないでしょう。 マイジャグ3 設定6のスランプグラフ もうひとつの特徴! 二つ目の設定6におけるスランプグラフの特徴として、朝から昼くらいまで追加投資を強いられるものの、昼以降はその 反動みたいな感じで急激に出始めるパターンです。 スロプロの友人と話していたんですが、最近のパチスロを打つ人は、ボーナス回数やレギュラー回数ばかり見て、肝心のスランプグラフを見る人が少ないですね。 徐々に 気がつけば吸い込まれているのが、マイジャグラー3の設定2や設定3の特徴です。 回収時期や、通常営業の時期はほとんど使いません。 そのため、設定6は強イベント以外は見かけませんが、真の設定6の挙動とまとめてみましょう。

>

アイムジャグラー 設定6が分かりやすい!グラフ付シミュレーター・挙動・特徴・ハマリ確率データ解析

42%って競馬の本命が1位になる位の確率ですね。 ホールに多いのは設定1から設定3がほとんどです。 設定6は惜しみなくBIGが連荘しますが、設定5は光っても 一定の差枚数に達しているとREGばかりになり伸びません。 マイジャグラー3では、 ボーナス確率と出玉の波を良く見ることが設定推測の基本となります。 背体6、単純に光りやすいので、楽しいですしね。

>

ジャグラーの前半、後半に伸びるそれぞれのグラフの特徴や挙動!

敢えて縮尺を先程の設定6と同じにしていますので差を感じてみてください。 そんな店は行く事をやめましょう。 0ラインまで落ちる事もあり、設定3の場合はマイナスまで落ちます。 設定6は100G以内の連荘率が57%で一度の連荘は初当たりを除いて2. いずれにせよ 設定1と設定2だけなら確実に客が飛ぶレベルだと思います。 設定4の場合は、差枚2000枚に到達すると0ラインを目指して落ちだします。 -スポンサーリンク- アイムジャグラーEX 設定4のグラフと特徴 次に実機設定4のグラフのサンプル画像をご覧ください。 自分が打っているマイジャグラー3で、中途半端に出たり入ったり繰り返した挙句、台を捨てたら設定6だったというパターンは良く聞く話です。

>

アイムジャグラー 設定6が分かりやすい!グラフ付シミュレーター・挙動・特徴・ハマリ確率データ解析

13回に1回程度しか300Gを超えない安定した結果ですね。 朝一の状況別の差枚数は下記の記事で詳しく解説しています。 まして設定6に座れれば、もう少し勝ち額の上乗せが期待できますので、ホール選択は非常に重要な要素です。 しかしながらこういう台は経験上、設定3~4の可能性が高いです。 BIGボーナスに偏る分、瞬発力や出玉感がある展開も多く、 高設定と勘違いしやすいのも設定4の特徴だと思います。 ちなみに高スペック機種、の 設定6の勝率は90%以上、 の 設定6の勝率は80%ほどです。

>