ガーメント プリンター。 主な仕様・寸法図 / RICOH Ri 100 / ガーメントプリンター

【楽天市場】[見積り]ガーメントプリンター GTX ブラザー Tシャツに直接インクジェットプリント DTGプリンター:ステカ&サプライ ユーロポート

外注量が増えてきたので、内製化したい (納品までのスピード感を早めたい、外注コストを削減したい…など)• 新開発されたプリントヘッドとインクでジップパーカーにも綺麗にプリントができる• イベントの集客ツールや顧客へのサービスで使いたい といったお問い合わせが多いです。 「あのエプソンがついに!」と話題になった機種ですプリントクオリティが高く、写真や複雑なデザイン表現が得意。 従来機より広い色域で鮮やかにプリントができる。 PH-5040 手動アイロンプレス機で最大の有効面積• このため、ホワイトインクは粘性が高くなっています。 さらに、メンテナンス性を高めたことで、ダウンタイムを軽減し安定稼働を実現しました。 大きな台車に乗ってやってきました キタ! 関連する製品の一覧へリンクします。 白ポリボディ用は5,000円。

>

生産性とメンテナンス性が向上、Tシャツに直接印刷できるガーメントプリンター『SC

ヒートプレスについて 基本的に印刷後のヒートプレスは必要です。 布をセットしたトレイを引き出します。 現在アイロンシートやシルクスクリーンでTシャツ制作している人にも一度は検討して欲しいガーメントプリンターがどのような場面で活躍しているのか見ていきましょう。 沖縄県はTシャツプリンターの導入台数が多く、温暖な気候でTシャツの需要が多いこと、おみやげなどに利用されることなどと関係があるようです。 「OKIデータ VINCI」の印刷はトナー方式のため、インク代としては比較できませんが、転写紙がA4で約350円、A3で約700円かかり、さらにこれにトナー代が加わります。

>

■ガーメントプリンター

イラストレータからももちろん出力できるそうですが、今回は簡単だというjpg画像からの出力を。 印刷速度が従来機の3分の1で生産性が向上• 印刷原稿から自動的にホワイト印刷部分を抽出してくれるので通常のプリントも再現性が高く、グラデーションや写真のような微妙な画像も綺麗に仕上げてくれます。 多様なニーズにこたえるガーメントプリンターの実力• 使い易い7インチタッチパネルと専用のレイアウトソフト(同梱)により、オペレータの習熟度に関係なく、簡単に操作でき安心してご利用いただけます。 メーカー:メーカー︓武藤工業(MUTOH• ・ジッパー上の重なり部分や靴、帽子にも印刷が可能• データが送られるとスタートランプが点きますので、スタートボタンを押すと印刷がスタート! カセットが中に吸い込まれていき、印刷がスタートします。 前処理剤 濃色Tシャツの色の影響を受けずに発色を良くしたい時や、ポリエステル素材に印刷する際には『前処理剤』を塗布します。

>

ブラザーのガーメントプリンターを「GTX」導入!

色域の拡大と肌触りの向上を実現し、驚きの高品質を可能にしました。 さて、こちらがウワサのガーメントプリンター 今回使用するのはリコーの Ri100。 30~50枚以上の販路がある場合はSC-F2150がおすすめです。 関連する製品の一覧へリンクします。 またプリンター本体横には、操作画面などの情報が表示される大画面LCDパネルが付いているので、ビギナーも直感的に扱えそう。 メーカー:ブラザー brother• もちろん各種紙面にも印刷が可能。

>

ガーメントプリンターを使うなら必須の知識、前処理剤の正しい塗り方3種類

業種から探す ご希望の業種から選択ください。 そこでプレスをしてインキを布地に定着させます。 ガーメントやシルクの生地をコンベアに乗せてスムーズに乾かせる熱処理機• (出張指導やイベント依頼も絶賛受付中!) デスクトップレーザー加工機beamoを手に入れ、日々趣味のものづくりに励んでいます。 ガーメントプリンターはメーカーによって特徴に違いがあるので、何を優先するかで選び方が大きく変わってきます。 注目の4機種の実力や使い勝手を、ぜひ展示会場で確かめてみてください。

>

ガーメントプリンター SC

1層目はホワイト、2層目でカラーとホワイトをダブルで印刷します。 メンテナンスの負担が軽くなった分、より作業に集中できます。 その内容によってご提案させていただく製品は変わってきます。 圧倒的な印刷速度を誇り、高い生産性を実現します。 Tシャツプリンターはどう選べばよいか どのような理由でも、「導入する事が収益化に繋がるのか」が選定の条件になります。 アイロンシートによるプリント方法 ・カッターでもカットできるので比較的簡単に始められる ・Tシャツにシールをアイロンなどの熱で定着させるイメージ ・カッティングプロッターを使用すれば大量生産も可能 ・版を作らないので、1枚から手軽に作れる ・好きな場所に貼り付けられる ・背番号やゼッケンなどの使われている シルクスクリーンによるプリント方法 ・Tシャツに直接色を塗るイメージ ・版を作るので大量生産が可能になりコストも下がる ・単色または少ない色づかいの印刷に向いている ・プリントが洗濯に強いなど耐久性も高め ・ガラスや陶磁器などにも印刷できる ・盛り上がったプリントなど個性的なデザインを再現できる 溶剤プリントによるプリント方法 ・プリントしたシートをアイロンなどの熱で定着させるイメージ ・フルカラー印刷が可能 ・メディアを変えればステッカーなど、Tシャツ以外のものが作れる ・白やシルバーのインクもあり、色彩表現が豊か ・強いインクを使用しているので色落ちしにくい アイロンシートは小ロットまたは試作品に、シルクスクリーンは大量生産に、溶剤プリントはフルカラー印刷に向いているプリント方法です。

>