ロング ブラック パートナーズ。 ロングブラックパートナーズ 転職、採用・求人情報|転職サービスのムービン

若宮 照也

実家が商売していたこともあり、幼い頃から頑張る経営者の役に立ちたいと思ってきました。 私的整理と呼ばれる事業再生の枠組みに基づいて、過剰債務状態にある顧客企業の実態を事業面・財務面両方の観点から詳細な調査を実施して把握し(デューディリジェンス。 中小企業の再生局面を銀行側で経験したことから、会社と共に経営改善に取り組みたいとの想いから、銀行を退職し現職に就いています。 クライアントとのアドバイザリー契約関係だけではなく、ファンドを通じた協働パートナーというポジションは、今後の当業界で生き残っていく重要な要素と考えています。 また、裁判官や審判の服も黒ですが、これは「何色にも染まらない」という意味だそうです。

>

地域に根ざし中小企業を再生・改善して喜ばれるアドバイザリー業務を募集!

牛越 直 全社統括パートナー 監査法人トーマツ入所。 事業再生アドバイザリーでは創業以来、クライアントごとの専門チームを組織し、現場に常駐して再生支援にあたる「より経営陣に、より現場に沿った」スタイルを貫いている。 通常、FA業務を行っている証券会社や仲介業務を行っている会社はトランザクション業務を行っていないことが大半ですが、弊社としては、いわゆる財務デューデリジェンスやバリュエーション(企業価値・事業価値評価)といったトランザクション業務は、会社のリスクや本質を短期間で分析し、見抜くという意味において非常に重要な業務と位置付けており、両サービスを並行させることで、FA業務の質も上がってくるものと考えております。 また、裁判官や審判の服の色が黒なのは「何色にも染まらない」との意味だそうです。 会計士の方向けに、人材マーケット状況から今後のキャリアについてのご相談の場を設けております。

>

地域に根ざし中小企業を再生・改善して喜ばれるアドバイザリー業務を募集!

弊社は現場主義にとことん拘っています。 次に、ビジネス分析や事業の分析ができるようになっていただきます。 2つめはクライアント自身の業績改善や事業再生などの具体的な成果を目的としたアドバイザリーだということ。 VCも今ほど投資に前向きな姿勢ではなかったのですが、それでも環境関連やITビジネスなど年間100社以上のベンチャー企業にアプローチさせていただきました。 それぞれの業務の勘所がつかめていないと、案件全般を見渡した時にどうしても穴が出てしまうし、スタッフが自分の専門分野を勝手に決めてしまって閉じこもってしまうのも、人材の多様性、発想や視点の多様性からしても、いいことではないと考えているからです。 田舎から日本を元気にするのが、テーマです! 縁あって出会った方が、少しでも人生が上向きになってくれたらうれしいです。 ・若手育成に定評があり、全体的に離職率は極めて低くく、家族経営的な会社で雰囲気も良いのが特徴的。

>

ロングブラックパートナーズ インタビュー|転職サービスのムービン

業界情報から、採用動向、その他お悩みになられている部分についてざっくばらんにお話が出来ればと思っております。 それでもめげずにやってこられたのは、幸田露伴の『努力論』という本の一節に依っています。 投資期間中だけでなく、イグジット後もLBPとの関係を維持して頂ける企業も多く、LBPのネットワークの礎にもなって頂いていることにとても感謝をしています。 アドバイザリー業務は基本的に常駐型ですし、弊社スタッフは半分近くが地域採用です。 中小企業のオーナー・経営者も様々な思いや悩み、課題を持っていらっしゃいますが、コンサルタントや士業などの専門家は都心に一極集中しており、彼らのサービスを十分に受けられる環境にはありません。 この業界では大きな強みですね。

>

ロングブラックパートナーズ株式...

。 また、3ヶ月に1度は全社研修があり、その後には懇親会もあります。 movin: なぜ地域の中小中堅企業にフォーカスされているのですか? 牛越様: 言うまでもありませんが、国内企業の99. あなたのスキルセットを試しながら1か月目以降は実際のプロジェクトに入っていただきます。 「資格やブランドで飯を食ってないぞ」という心意気です。 事業再生アドバイザリー統括パートナー 赤坂 圭士郎 氏• LBP入社後は、主に、各ファンドのGP運営や投資先の業績改善業務を担当。 Vlookupやピボットは必須。 2年間は育成期間としてサポートしながら育成します。

>

ロングブラックパートナーズ株式会社|財務アドバイザリーサービス

決して上から目線ではなく、顧客企業の経営者に敬意を払いつつしっかりと目線を合わせ、分かりやすい言葉で必要なことを伝えることを意識してほしいと思います。 監査と税務は別会社ですが良好に連携しています。 また、各地でプロジェクト・マネージャーやシニアスタッフが信頼を得て、案件を紹介いただく場合も多いです。 少しでも興味を持たれた方、一度お話してみませんか? お待ちしております!. 《ロングブラックパートナーズとは》 私たちの社名「ロングブラックパートナーズ」にはクライアントの長期的な黒字(ロングブラック)確保をするパートナーでありたい、という想いが込められています。 日本全国の再生・成長余地のある企業に対し、最高水準のアドバイザリー業務を行い、 長期的な成長・繁栄(ロングブラック)をもたらすことで、日本経済の拡大に貢献します。

>

ロングブラックパートナーズ インタビュー特集第4回:美談に出来ないことも乗り越える、再生への強い思い |金融転職・コンサルタント転職のアンテロープ

採用ニーズやキャリアパス例、会計士の転職事例や幅広いキャリアの可能性をご紹介致します。 業界の情報から、採用動向、そしてお悩みになっている部分など、ざっくばらんにお話が出来ればと思っております。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー. 黒という色は、どんな色にも染まらないという点から、中立のイメージがあります。 その過程で、財務リストラクチャリングが終わった後のターンアラウンドステージに関与する機会が乏しい財務アドバイザーという立場に飽き足らなくなり、企業再生ファンド業界に転職することにしました。 支店勤務を経て3年目に市場部門に異動し、債券ポートフォリオの運用業務に従事しました。

>