ブレイザー ズ 対 ピストンズ。 NBAプレーヤーを語る

ポートランド・トレイルブレイザーズ

今シーズン限りの特例で行われたとのプレーイン・トーナメントに勝利しなんとかカンファレンス8位でプレーオフ進出を果たしたが、同1位のに1勝4敗であえなく敗れた。 : 2017- コーチ、その他 [ ] 歴代ヘッドコーチ [ ]• : ()• 第2戦ではシャキール・オニール、第5戦ではドウェイン・ウェイドと、チームを支える2枚看板が次々と故障した。 0アシストと奮闘するも、味方からの援護を受けることができずに敗退。 個人スタッツリーダー [ ] 得点 リバウンド アシスト スティール 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 選手名 avg 1 PHI 30. ウェスタン・カンファレンスのレギュラーシーズン上位8チームによるプレイオフ・ファーストラウンドが終了した。 当時ダンクでジョーダンと競えるのはドミニクだけだった。 4月8日の組み合わせは、偶然とはいえ面白いカードが揃った 注目してほしいのはこの3試合。

>

join.catalyst.nejm.org > スポーツTOP > NBA > チーム紹介 > デトロイト・ピストンズ

ラリー・バード NBAの歴史に残る偉大なるSFである。 パスフェイクでDFを動かせるのは当然相手が警戒しているからだが、それにしてもあれ だけ自由自在に操れるのは凄い才能だった。 を獲得したサンズである。 レイプ疑惑があったが、真相は不明。 のほか主力選手を次々と放出したホーネッツも大きく低迷し、カンファレンス最下位に沈んだ。

>

ポートランド・トレイルブレイザーズ

549 1回戦敗退 2, ブレイザーズ 1 1979-80 38 44. カリーとトンプソンがリーグ. 勝負強さも持っていて、私がみたときはよく残り30秒くらいの3Pをよく決 めていた。 そのあと見たのはレイカーズのベンチプレーヤーとしてだったが、出場するだけでファンの盛り上がり が尋常じゃなかった。 ロケッツはとの2枚看板が注目を集め、大量に獲得したベテラン勢の助けもあって前季を上回る成績を収めた。 プレーヤーとしてはシューター であり、技術派の一つの頂点と私は捉えている。 信じられなかった。 はシーズン通して好調を維持した結果、2002-03シーズン以来のプレーオフ出場を遂げた。

>

join.catalyst.nejm.org > スポーツTOP > NBA > チーム紹介 > デトロイト・ピストンズ

マヌ・ジノビリは、2004年のでの金メダルと大会MVPに続き、同じシーズンの中で2つのビッグタイトルを手に入れることとなった。 216cmの身長にずば抜けたパワー、図 体の割にはスピード、センスもあった。 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 勝敗 84 97 79 71 96 86 81 4-3 69 71 96 102 95 95 74 3-4• :1999-2003 50• 1971-72• スパーズはこれで優勝に王手を掛け、一方ホームコートアドバンテージを持たないピストンズにとっては、痛いホームでの敗戦となった。 2点であり、「ディフェンスの良いチームがプレーオフを制す」というNBAの定説を、サンズが自ら立証してしまう形となった。 ウォリアーズのテキスト速報です。 ホームゲームですね。 NBA カンファレンスファイナルバックス vs ラプターズウォリアーズ vs ブレイザーズどちらが勝つと思いますか? 完全にウォリアーズ対バックスになるでしょう。

>

ウォリアーズ 対 ブレイザー ズ

:1970-1976• NBAの現在の発展にかなりの貢献があるんじゃないか。 たちあがりの得点がなかなかなくて、前の3試合で得点し過ぎた反動?と思ったりしたけど終わってみれば28Pに6アシスト。 57年に自動車製造業の盛んなデトロイトに移転し、ピストンズの名前がうまくはまった。 ラムジーは80年代半ばまでチームの指揮を執ったがチーム勝率は5割前後、プレイオフでは1回戦で敗れるシーズンが多かった。 闘志を前面 に出すタイプで基本うるさい。 12月25日のクリスマスはバックス対ニックス、サンダー対ロケッツ、76ers対セルティクス、トレイルブレイザーズ対ジャズ、ウォリアーズ対. 」 キャット「ホームだし、連敗したくないからね。 ドラモンドへのダブルチームが成功して、速攻へ繋がって加点した場面があったんだけど、このようにもっと積極的に仕掛けてもいいような気がするよ。

>

NBAファイナル、ピストンズが勝つ理由[コメント] : hoop NBA from New York

これだけ得点を取られていれば勝てっこないよね。 アシストの記録は一番持っているんじゃないか。 チームは49勝33敗と初めて5割を上回る勝ち星をあげた。 (一時期、登録選手全体の知名度・年俸などで史上最も豪華なチームとなった。 どれだけ練習したか謎だ。 ファイナルで第7戦までもつれるのは1994年の対以来である。

>