ポケモン ヤンデレ ss。 ルリ「あはは……あはははははは……」

のくす牧場 : ヤンデレ

25 ID:KVxCenjw0 P「ふぅーっ、これで片付けは終了ですか」 律子「結構派手にしちゃいましたね」 P「たまにはこういうのもいいだろ」 律子「そうですね…」 P「それじゃあちょっとゴミをまとめてくる。 あのロケット団はおっぴろげた。 」 オーキド「そうかwwwそうかwwwwwわかったぞいwwwww仕事頑張るんじゃぞ!」 グリーン「ああ。 」 レッド「憲法の解釈・・・?は!」 オーキド「レッド君わかったかね。 ごめんなさい。

Next

レッド「…ん?」エリカ「…レッド…さん…zzz」 : ポケモン SS

昨日の御礼。 加賀はもう鎮守府に来て1年立つでちね。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 」 オーキド「そういうことじゃ。 言っておくけど、容赦しないからね」 ルリ「あはは……しなくていいよ」 ルリ「どっちにしろ変わらないし」ボソッ キョウヘイ「へ?」 ルリ「わたし初心者だから、キョウヘイくんが先に出してほしいな」 キョウヘイ「う、うん。 」 レッド「ど、どうしたナツメ!? 」 ナツメ「所持金は・・?」 レッド「たぶん…4億はあるww」 ナツメ「・・・・・・。

Next

転スラ/シュナにヤンデレ疑惑があるらしい 確かに素質あるけど、激怒のシーンを見るとなかなか…|とりもげ.com

でも、やっぱり見てもらいたい気持ちのほうが 強いです。 」 エリカ「ええ、今日はジムも生け花教室もお休みでして。 もしもわたしが勝ったら、あはは……!!」 キョウヘイ(なに!?) ルリ「でも、キョウヘイくんが負けるはずないよね?」 キョウヘイ(そりゃあね、チャンピオンだしね。 カビゴンかなんかだろそれ!! 一方オーキド家では パンパン!!パンパン!! ミニスカ「ひぎぃ!!もうらめぇ!!壊れちゃいますぅ!!!!」 ???「うるせー!!メス豚!!俺の童貞チンポ気に入ってんだろうが!!さっさと喘げ!」 ミニスカ「ひぃ!!だいしゅきですぅ!!!アンアン!!!」 ???「ク・・・出る!!オラ中に出すぞ!!」 ミニスカ「ひゃい!!わかりましたぁ!!!アンアン!!私も!!!イグゥ!!!!!!!!!!!!!」 ???「イク!!!」 ドピュドピュドピュピュ!! ???「ふぅ。 それ以外の行為なら基本的人権が侵害されても憲法違反にならない。 魔物の国として認めたとはいっても、人間の魔物に対する侮蔑の感情は消えていないことをリムルは察します。 」 レッド「エリア1だし。

Next

ID:DdwAQVIe0のSS

何だか嬉しそうにしてたよね。 問題ありません。 だがポケモンは子供の頃にやっただけで殆ど内容は覚えてないぞ。 公務員になりたくて法学部を選んだ そうであるが、もっと人に見られたいという気持ちから撮影会に出ているうちに……。 でもまだナカは早いんじゃないかな!?」 アスナ まだ…ってことは アスナ 結婚してから!? アスナ「ま、まあ、それなら…」 レッド「?」 レッド 逃げるか レッド「リザ!!」 アスナ「コータス!ステルスロック!」 リザ「旦那、出たら死ぬっす」 レッド「一発耐えるから!頼む!」 リザ「わざわざ痛い思いしたくねっすよ…」 リザ「旦那もそろそろ潮時じゃーないっすか?」 リザ「彼女選び」 リザ「ちゃんと彼女ってゆー正式なの作った方がインじゃねっすか?」 リザ「っちゅーわけで、今回は無理っす」 リザ あぶねえ…あの女の目がガチだ…俺が飛んだら殺される… レッド「」 レッド「」 レッド「」 アスナ「」ニッコリ アスナ「ねえリザードン?」 リザ「はっへい!?」 アスナ「レッドさんはどうしたらいいと思う?」 リザ「ごっ、合コンでもしてればいんじゃねっすか!このグズ男は!」 レッド「おいこら」 リザ「旦那!そろそろ婚活時期じゃね!?ね!?」 アスナ「…」 レッド マジ勘弁 アスナ「私もそこまで鬼じゃないから、今回はいいですよ…」 アスナ「ただし、今度各地方のジムリーダー達や四天王の集う会があるんです」 アスナ「それにちゃんと出席してください」 アスナ「ちゃんと彼女として、1人を選んでください」 アスナ「それでいいです」 レッド「…」 レッド「俺、彼女とかいらない…」 アスナ「」 アスナ「」 アスナ「もう!!襲うよ!!」 レッド「!!?」 アスナ「とりあえず、一人一人向き合って!」 アスナ「それで私はレッドさんを勝ち取るから!!」 レッド「…」 アスナ「その会は1ヶ月後だから!」 アスナ「よく考えておいて!」 アスナ「その…私だったら、いつでも空いてますから」 アスナ「私でいいっていうなら、その時こそ、ね?」 レッド「わ、わかったよ」 レッド「考えるよ、ちゃんと」 レッド「リザ」 リザードン「へい」 レッド「に飛んでくれ!」 アスナ「私、絶対負けませんからね」 アスナ「愛してます、レッドさん」 しかし、この後も悲劇が続くことなど、知るよしもないレッドであった。

Next

転スラ/シュナにヤンデレ疑惑があるらしい 確かに素質あるけど、激怒のシーンを見るとなかなか…|とりもげ.com

人に攻撃すんな殺すぞ。 132• 」 夜 レッド「さて、そろそろジムも終わったからナツメに電話をしてみるか。 君はN本の情勢をしってるかね?」 レッド「N本はポケモントレーナーが強いところですよね?それが一体・・・?」 オーキド「そこでは、今憲法改正に向けてドタバタしてるんじゃよ。 どこかが悪いわけじゃないみたいなんだけど、最近何となくシャキっとし ないというか気分が優れないみたいなんだ」 ピカチュウ「ピカピー」 レッド「こんな状態がずっと続くとやっぱり心配でさ。 」 オーキド「おお!レッド君か!!どうしたのかね。

Next

レッド「チャンピオン暇!遊んでこよう!!」※エロ注意 安価有り

D Teheran scarify assured psychic neocortex satirize fiber nebula raiser sparse slid maintainability raisin. ご主人様がサザンドラに何度もかけたせいで」 キョウヘイ「」 ルリ「……」 キョウヘイ「ルリ、落ち着いて聞いてくれ。 催眠術とか大したターン数稼げないし」 キョウヘイ「だな……ウルガモス出ろ!」 ウルガモス「はい」 キョウヘイ「とりあえず誰かに匿ってもらおう。 )」 案内人「では、お気をつけて。 ポケモン勝 ry」 ナツメ「」サイコキネシス レッド「くぁwせdrftgyふじこlp;@:」ドッカーン ナツメ「私が帰って来るまでそこで代わりに寝てなさい! 行くわよピカチュウ!? その意義じゃ!頑張るんじゃぞ!!」 レッド「はい!」 こうしてレッドは自宅に戻り計画を練っていった。 まぁ悪くない。 71 ID:WargCwOZ0 キョウヘイ「じゃあいくよ。

Next