鳩 みう 子。 鳩みう子について

羊毛フェルトとビ-ズ刺しゅうで作る夢みる乙女のアクセサリ- / 鳩 みう子/すゆあん【著】

フェア• 自分は汚れない。 35両日出展作風が固まる 5月:吉祥寺PARCO手づくり市 7月:恵比寿にてリボンマルシェ2日間出展 9月:下北沢手づくり市 10月:下北沢手づくり市 10月:吉祥寺PARCO手づくり市 10月:下北沢レンタルシェルフtoppinkitchen委託開始 (2013年12月迄、現在は委託しておりません) 11月:下北沢手づくり市 11月:デザインフェスタvol. スッキリする。 歪んでいる場所があったら、どうして歪んでいるのか考える。 周りが悪い、と思うのはとても簡単だ。 雲の上の王国をテーマに、そこに暮らす動物や色々なものをイメージ、アクセサリーにしている。 被害者の顔ができる。 ゆうちょご希望の方は取引ナビにてお伝え下さい。

>

鳩みう子 |手芸作家|社団法人 日本手芸協会

ウロウロしているうちに目がさめる。 正確に私のことを見ているのじゃなくて、自分の脳内でお話ししているんだろうなぁ、という妄想がすごい人は割と多い。 取り出したいけど、蜘蛛に触るのは本当に怖い。 電子洋書• フェア• ハンドメイドは疲れた心の特効薬です!! ホームページ. 私はそれを触ったら、本当に正気ではいられなくなるようなものなのだと思う。 2009年頃よりデザインフェスタに出展 独学でビーズ刺しゅうを始める。 服飾小物やアクセサリーが好きで、自分で作ることもありましたが、雑貨屋を経営する小説家になりたかったので物作りを学ぶことはありませんでした。 *** 夢の私が持っている蜘蛛は、多分、ただの蜘蛛ではないのだと思う。

>

鳩みう子 hatomiucoのギャラリー

評論家の顔ができる。 自分が正しくて、間違ってるのは他の人だっていう風に。 *** 目が覚めて最初に、「自分で取り出せや」と自分で思う。 トングでもなんでも使って、取り出せばいいじゃないか。 今度蜘蛛の夢を見たら、絶対に自分の手でつかんで取り出そうと思っている。 必要なものも取り出せない。

>

鳩みう子について

*** おかしいかもしれないけど、私は、鏡を見るのが怖い。 私も、なんだかんだ言って、そう思ってしまうことがある。 36両日出展 11月:下北沢annex手づくり市 11月28日~12月3日:代官山セレクトショップコルヌイユにて個展 12月:下北沢手づくり市 12月:池袋手づくり市 12月:高円寺大人のフリーマーケット 12月:下北沢annex手づくり市 2011年 7月:ビーズ刺繍をはじめる 11月:デザインフェスタvol. お急ぎの場合は、必ずご注文前にメッセージをいただきますようお願いいたいます。 自分の蜘蛛だから。 *** それは、カバンの中の蜘蛛なのだ。

>

鳩みう子 hatomiucoのギャラリー

自分の世界が本当は歪んでいると知るのはとても怖い。 40 11月29日:第一回クリエーターズフリマLivingoodcafe 12月19日〜21日:アトリエにて「鳩クリスマス」 2013年 1月26日・27日:リボンマルシェRibbonmarecheVol. そう、現実の虫が相手だったら。 子供の頃は不器用で、器用で手芸が好きな姉を尊敬していました。 例のGだって、蜘蛛だって、退治したことある。 見たくない触れたくない、自分の一部なのだと思う。

>

鳩みう子 hatomiucoのギャラリー

これから出る本をさがす• フェア• 高円寺のアトリエショップ『docca cocca』店主。 確かに、現実にそんな状況になったら、最初は途方にくれるかもしれないけど、一念発起して蜘蛛の死骸を取り出すと思う。 誰もが普遍的に懐かしいと感じるような夢の世界を作っています。 だけども私は、見て見ぬふりしないぞ、と思う。 まるで爆弾を抱えているみたいだ。 逃げないぞ。 責任転嫁しないぞ。

>