Python エラー 処理。 [Python入門]ファイル操作と例外処理 (1/2):Python入門

Python でのエラー処理—ヘルプ

例外発生後に何も処理を行わない場合は「pass」句を使用します。 ゼロで割り算を行った場合、例外が発生するのでexcept文が発動します。 " break else : print "お酒は20歳からです。 Exception をキャッチするコードに誤ってキャッチされないように、Exception ではなく BaseException を継承しています。 演算子や関数が、正しい型だが適切でない値を持つ引数を受け取ったときや、IndexErrorのようなより詳細な例外では記述できない状況で送出されます。 なお、想定していない例外までキャッチしてしまうのはバグの温床になるので、繰り返しになるが、 except節には可能な限り想定される例外名を指定したほうがいい。 with文 は、Pythonが持つ「」と呼ばれる機構を利用して、何らかの「前処理」、プログラマーが本当にしたい「中間処理」、リソースの解放など最後に必要になる「後処理」の記述をシンプルに行えるようにしたものだ。

>

Python の例外処理 (try/except/finally)

そのためにValueErrorが発生します。 構文を使って記述する。 具体的には• 例外をキャッチすることでプログラムが継続する どちらの方法が適切なのか 結論としては、Pythonにおいては基本的に例外を使うのがよいと思います。 args [ 0 ] try ステートメントでは、オプションで finally 節を使用でき、これは、例外が発生するかどうかに関係なく常に実行される必要のあるタスクに使用できます。 ローカルまたはグローバルの名前が見つからなかった場合に送出されます。

>

Pythonの例外処理はコードの可読性を上げる便利な機能

import文でモジュールをロードしようとして問題が発生すると送出されます。 実行結果 このように、try文を適切に記述することで、うまく例外を処理できるようになる。 そのためには、上のコードを次のように書き換えてみる。 そして、例外が発生した場合は、exceptブロック内の処理が実行されます。 そのため、ここではIndexError例外が発生する。 このステートメントは、 関数を使用してエラー メッセージを出力します。 これにより、次のコード例に示されているように、異なる方法でエラーを処理できます。

>

Python例外処理

これが「例外」というものです。 以下のサンプルコードをご覧ください。 それらも認識され、適切な方法で処理される必要があります。 これは、数値を0で割ろうとしたため発生するエラーだ。 例外が発生すると、プログラムの実行はそこで中断される。 それでは、これに例外処理を指定してみましょう。

>

[Python入門]ファイル操作と例外処理 (1/2):Python入門

そのため、except ブロックが実行されます。 例外 Exception :プログラムの実行中に発生するエラー 前者の構文エラーは、そもそもコードの書き方を間違えているので正しいものに書き直さなければ動作することはできません。 例外処理 今述べた「例外が発生したらどのような対処をするかをプログラムコードとして記述しておくこと」を「例外処理」(exception handling)と呼ぶ。 そのため、エラーが発生しそうな場合は必ず例外処理が必要です。 内部実装によって例外が変わる場合、実装を変えるたびこの機能のユーザーは例外処理を書きなおさなければならなくなります。 理由は、例外による通知は暗黙的にエラーが無視されることがないためです。 try 〜 except. 以下にそのコードを示す。

>

Pythonのエラーと例外処理

例外処理が終わると、プログラムの実行を妨げる例外的な状況は解消されたものとして「try文の次の文」から実行が続けられるということだ。 as を使ってエラーの種類を捕捉できる try: 処理 except 例外1 as e: print e 例外1の時の処理 except 例外2,例外3 : 例外2と例外3の時の処理 else: 例外1〜3が発生しなかった時の処理 finally: try文を抜ける前に必ず実行する処理 エラーを発生させる 自分でエラーを発生させることもできる。 これはIndentationErrorのサブクラスです。 NameError• インデックスが範囲外です list index out of range こちらのコードを見ていきましょう。 エラー発生の有無に関わらず処理を実行する ここまでtryとexceptによる処理の切り分けを見てきたが、エラー発生の有無に関わらず共通した処理をおこなわせることもできる。 try: 例外(exception)が発生する恐れのある処理 ・・・ except: 例外(exception)が発生したら実行する処理 ・・・ それでは、try~except文を使用した処理の例を見ていきましょう。 exit や割り込みキー入力の例外をキャッチせずそのままプロセスが終了する。

>

Pythonのエラーと例外処理

エラーはどうしても起こるものです。 Unicode 関連のエラーが変換中に発生した際に送出されます。 そこで、このようなtry~except~else~finally形式の例外処理をシンプルに書くための機構がPythonにはある。 子プロセスの操作が失敗した場合に送出されます。 また、例外が発生した場合はtryブロックの中身が実行されないので、いちいち上でanswerを定義しています。

>