ジャーマン アイリス の 育て 方。 ジャーマンアイリスの育て方|ヤサシイエンゲイ

ジャーマンアイリスの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(花の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

真冬を除く上記以外の時期でも植替えは可能ですが、次の春での開花は期待できません。 花が一通り咲き終わったらそれ以上その花茎から花を付けることはありませんので花茎の根元から切り落とします。 極端にいえば、肥料も不要、水やりも不要、消毒も不要、防寒も不要というのが、ジャーマンアイリスの「栽培法」です。 地植えの場合は、高台や傾斜地、盛り土をした場所など、乾きやすい場所に浅く植えるのがコツ。 経験を積むってこういうことなんでしょうか。 ひとつの株は芽が1~3個付くようによく切れるナイフで切り分けます。 鉢植えの場合は、根詰まりを起こしやすいので、毎年、新しい用土で植え替えて下さい。

>

ジャーマンアイリスの育て方

秋に植えるのが本来。 この用土に、1リットルの苦土石灰を3グラムほど混ぜておきます。 関連する植物• 連作障害が出ることがあるので、別の場所に植えるか、土を入れ替えて植え付けます。 (4)植えつける株の根が真下に下りるように穴に入れ土をかけて植えつけます。 ジャーマンアイリスの植え方 古い葉、枯れた葉があると、 腐る原因になるので取り除きます。 花びらが波打った形をしていて、優雅な見た目が特徴です。

>

【ジャーマンアイリスの育て方】植え替えや株分けの時期と方法は?

しかし、暖かくなる3月上旬には、かぶせた土や落葉を 取り除く必要があります。 ジャーマンアイリスの花を庭で育ててみよう! バリエーション豊かなジャーマンアイリスは、その豊富な色合いから、観賞用として人気が高く、自分の好みの色を見つけて育てている人も少なくありません。 順調にいけば6月上旬には花が咲いてくれるでしょう。 ただ最初に栽培したのが 1950 ころで、その後いくつもの品種を枯らしてきました。 用土は腐葉土を3割ほど入れた、水はけのよい培養土を使います。 元肥を施すと根付きが悪くなったり、枯れる場合があります。

>

ジャーマンアイリスの特徴と育て方!栽培記録も紹介!

ジャーマンアイリスは、3~4年で植え替えしたほうがいいそうですが、おそらく我が家のものは10年以上も植え替えはしていません。 苦土石灰や草木灰は植える直前に混ぜても構いません。 落ち葉が絡まっている葉っぱの根元をきれいに片付け、この時初めてこの植物が「ジャーマンアイリス」だということを知りました。 花数が減ってきたら、上になってしまった根茎を抜いて少し整理してあげましょう。 根茎が地面を覆ってしまうので、他の植物が生えにくくなります。

>

ジャーマンアイリスの育て方|ヤサシイエンゲイ

ジャーマンアイリスの花 ジャーマンアイリス花言葉は、品種によってさまざまです。 ジャーマンアイリスは肥料を与えなくても十分に株が茂り、花をさかせるほど強健な植物です。 水やりと肥料 乾燥気味を好む植物ですので、鉢植えの場合は土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えるようにします。 生姜や山芋のような見た目のものが地際にあります。 一つの株に芽が1から3個つくようにして、根株を切り分けてください。 プランター植え 1)同様に、ある程度深いものを 選ぶ。 当然ですが「適する」と言うことであって、「でなければならない」のではありません。

>

アイリスの育て方・栽培方法のコツ

切り口から病気が発生しないように直射日 光に数時間当てて完全に乾燥させてから植えつけます。 ジャーマンアイリスの管理温度 ジャーマンアイリスは基本的に丈夫ですが、乾燥に弱いため、梅雨のように雨が多く降ったり、高温多湿の環境に弱くなっています。 花の見ごろは4~5月です。 1月くらいなら株は締まって皮がかたくなり、腐りにくくなるので、その後に植え替えを行うようにします。 ジャーマンアイリスの品種改良は1800年代にドイツ、フランスで始まり、その後アメリカでも園芸品種が盛んに作出されました。 ジャーマンアイリスの増やし方には、「株分け」があります。 条件さえ合えば、庭植えしているだけで勝手に育つ非常に強健で生命力の強い植物です。

>

ジャーマンアイリスの育て方

・花壇植えや畑植えのような地植えの他に、鉢植えやプランターでも栽培できるので、ベランダ でも栽培可能です。 鉢植えにする場合は一鉢に一球の球根を植え付けます。 土質は特に選びません。 ちなみに骨粉を同時に与えるのはリン酸分が多く含まれているからです。 日常の管理 しぼんだ花は取り除き、花が終わった花茎は切り取ります。 14s ease-in-out;-webkit-transition:background-color. 土を起こして畑作りをする時、土をあまり細かく砕かず粗いゴロ土が残るようにしておくと空気の流通もよくなります。

>