ダノン セレスタ。 【青葉賞2020予想】安定感抜群のダノンセレスタ、成長力に期待

【青葉賞2020予想】安定感抜群のダノンセレスタ、成長力に期待

鞍上はが予定されている。 父はハーツクライで母セレスタの2017となる ダノンセレスタを紹介したいと思います。 歓声の中で馬と騎手が力をぶつけあうレースが恋しくなってきたというファンも少なくないでしょう。 初仔という事で個人的にはやや引っかかるものの、デビュー戦はまだ決まってませんが早ければ月内という話も師からは出ています。 本馬が栗東へ入厩する前から「馬体の良さはもちろんだけど、血統的なことも含めて、大いに期待しています」と調教師のトーンは高かった。

>

ダノンセレスタが丸わかり!競走馬データベース

そんな重要な青葉賞で今年注目しているのはダノンセレスタです。 ようやく勝って次走で相手が一段強くなっても、やはり上位に来るという不思議な特徴を持っていますし、一度勝ったことで勝ち癖がついてくるということもあります。 一時期に比べると除外頭数が少なくなった新馬戦。 芝2000mで行われるハンデG3「チャレンジC」へ向けて各馬が最終追い切りを終えてきた。 CWでの時計は遅めだが、併せ馬では相手が新馬とはいえ、2週続けて先着している。 どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。 国内無敗で昨年の. それよりも、馬体重の変動を見てみるとフライライクバードがデビューから馬体重が472kgから448kgと24kgも減っていますし、ヴァルコスは480kgが496kgと逆に16kgも増えています。

>

母はアルゼンチンのG1馬!ダノンセレスタがL.デットーリ騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

その時を待ちつつ、ダービーへの最重要トライアル青葉賞を予想したいと思います。 ダノンセレスタは、まさにそんなタイプの馬かもしれません。 今回は同様に前走で1勝クラスの2400mを勝ってきたフライライクバードやヴァルコスと言った馬も出走していますが、フライライクバードは良馬場で2分27秒3と2分27秒4、そしてヴァルコスは稍重の馬場で2分28秒2、それに対してダノンセレスタは良馬場で2分28秒2だったのでタイム的にはクラスの差もあって劣るように見えますが、そもそも青葉賞は勝ち時計が2分24秒台や25秒台と2秒以上速いので、格下のレースのタイム比較はあまり意味がないかもしれません。 今回は追い切り映像や. 「相手なり」の馬が2400mの適性を見せたのですから大きな上積みも期待できそうですし、同じ2400mとなる青葉賞でも好勝負が期待できるのではないでしょうか。 4秒とテン、中、終いと優秀な時計。 その繁殖生活ですが、2017となるこのハーツクライ産駒の ダノンセレスタが初仔となります。

>

ダノンセレスタが丸わかり!競走馬データベース

追走したことを思えば、悪くないのかも知れないが、最終追い切りでどんな動きを見せてくれるか注目したい。 前走は2000mから2F伸びた2400mが舞台でしたが、2番手追走からすっと2馬身半突き放してそのまま快勝するという内容でした。 3秒と時計は上々も併せ馬では遅れている。 中央ダート日本一を決めるG1「チャンピオンズカップ」へ向けて各馬が最終追い切りを終えてきた。 1秒と最初の追い切りで速い時計を出してきたが、11月13日のCWでは6F82. それをきっちり動けたあたりが価値ある追い切りといってよい。

>

ダノンセレスタが丸わかり!競走馬データベース

。 今回は追い切り映. JRAの最長距離レース「ステイヤーズステークス」へ向けて各馬が最終追い切りを終えてきた。 というのも次の中山、阪神の開催になると除外頭数が一気に増えるというのが例年の傾向。 馬名 距離別戦績 合計 2600m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m 2400m 2800m以上 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 ウインキートス 1 2 3 2 37. 日本の平地競走で最長距離となるマラソンレースが今週土曜中山メインレースに組まれているG2・ステイヤーズステー. 鞍上はが予定されている。 無観客競馬の実施開始から2ヵ月以上が経過。 最大の魅力はこの安定感で、5戦して1勝2着4回の成績は、出走馬18頭の中で唯一100%の連対率を誇る馬です。 先日のジャパンカップは3強のアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトが1着から3着まで人気順で入線する. 競走馬の中には「相手なり」に走るという馬も多いですが、そんな中にはいつも上位に来るけどなかなか勝ち切れないという馬もいます。

>

ダノンセレスタが丸わかり!競走馬データベース

10月30日の坂路では4F53. 馬名 競馬場別戦績 札幌 中山 京都 中京 東京 小倉 阪神 福島 新潟 函館 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 ウインキートス 0 1 0 0 100. 先週の京都競馬では10頭を割るレースもあり、デビューするなら今が最適かも知れない。 今回伏兵的な立場での参戦となりそうなダノンセレスタですが、これまでのレース内容を見てみますと実績以上の魅力がある1頭であると感じます。 馬体重の増減の幅の大きさが気になる2頭に対し、ダノンセレスタは488kgから490kgとほとんど馬体重が変わっていません。 本馬は11月13日の坂路で4F52. 「追うごとに時計が詰まってきましたね」と調教師。 レース展開や騎手同士の駆け引きが魅力な一. 昨年4着のメイショウテンゲン、2600mを4勝しているポンデザール、同レース3連覇を果たしているアルバートな. 11月14日のCWでは新馬3頭での併せだったが、道中から速いラップで飛ばしたにもかかわらず、最後まで余裕ある手応えでフィニッシュ。 そして母のセレスタですが日本ではかなり馴染みのないジャンプスタート産駒のアルゼンチン産。 6F82. 中京競馬の開幕週を飾るのは中央ダート日本一を決めるG1「チャンピオンズカップ」です。

>

ダノンセレスタが丸わかり!競走馬データベース

今年もこの時期のゲート試験の合格頭数はいつもと変わっていないだけに、そろそろ除外を気にする頃がやってくるだろう。 デイリーランキング• そのダノンセレスタですが、調教はまずまずで預託先は音無師となれば、NHKマイルCにマイルCSのG1・2勝馬となったミッキーアイルや、宝塚記念を制したミッキーロケットに続けという感じでしょうか。 鞍上はL. 9,000万円でダノックスに落札されてるだけに期待もしたくなりますし、どんな結果を出してくるか楽しみな配合です。 主な勝鞍ははCEジュヴェナイルフィリーズのG1を勝っており、ラウルアリステギ賞のG2、そしてアンドレスSトーレス賞、フォルトゥナトダミアーニ賞、デルリSゴメス賞のG3を3勝しており、通算7戦6勝の身で引退、繁殖へと上がり輸入された感じですね。 残念ながら青葉賞組はダービーを勝てないというジンクスもありますが、ここ10年を見てもウインバリアシオン、フェノーメノが2着、ポロシニック、アドミラブルが3着とダービー馬まであと一歩に来ている馬も多いです。 成績だけでなく馬体重も安定していますので、力は十分発揮できる状態にありそうです。 ダノンセレスタは、前走デビュー5戦目でようやく未勝利戦を勝利したハーツクライ産駒です。

>

【青葉賞2020予想】安定感抜群のダノンセレスタ、成長力に期待

やはりダービー的中のためにはファンにとってとても重要なレースであることは間違いないでしょう。 本馬は入厩当初に坂路で時計を出し、その後はCWで追い切るという調教パターン。 因みに2018もハーツクライを配合してるだけに見栄えがかなり良いのかもしれませんね。 デビュー5戦目での初勝利となりましたが、それまで4戦連続2着を続けており、惜しい競馬を続けてきています。 7秒をマーク。 2014年に名称がジャパ. 中京競馬の日曜メインは中央競馬ダートチャンピオン決定戦「チャンピオンズカップ」です。 母はアルゼンチンで6勝を挙げており、スJF大賞典でG1を勝っている。

>