生徒 会 探偵 キリカ。 生徒会探偵キリカ

漫画『生徒会探偵キリカ』の感想・無料試し読み

孤徹と袂を分けることになった今も総務執行部にはたびたび姿を見せる。 キリカの補佐役である。 狐徹は「第一志望は生徒会室」と代筆されたプリントを見て大笑い、ひかげを大いに歓迎します。 作者の杉井は白樹台学園を生徒総数8000名の大規模な学園とした理由について「監査委員会が必要となるような巨額の予算が動くには、学園の規模は巨大でなければならない」との趣旨で触れている。 暴君のような生徒会会長からいやおうなしに総務執行部に入会させられてしまう。 見つかった22万円の生徒会費について話したいことがあると…。 『ついに私もうさぎのかっこうをして書記室をしっぽで掃除させられるのか…』(いや、それ意味わかんねぇし!)。

>

生徒会探偵キリカ

白樹台学園入学前から、朱鷺子を通じて孤徹やキリカともがあった。 そのとき生徒会室のドアにノックが。 高等部2年で、ひかげとキリカの先輩にあたる。 生徒会の年間活動予算は8億円であるが、総生徒数8000名で割ると1名あたり10万円であり、300超あるクラブの運営費や学園内の一部施設の運営費も生徒会予算にて賄われていることから、必ずしも資金面で余裕があるわけではない。 ちょっとネタバレすぎたかもしれませんが、アニメを見ているかのような臨場感は伝わったのではないでしょうか。 ひかげと美園の役職が入れ替わったくらいで、良い意味で何ら変わってなくて少しホッとしました。 でも、なぜそんな穴が空いているのでしょう?キリカの推理は進みます。

>

生徒会探偵キリカS 1

お菓子が大好きな偏食家でよく大量の袋菓子をひかげに買い走りさせている。 その後ストーリー上ひかげと共に行動したことにより尊敬の念はますます高まっている。 狐徹や美園も生徒会費を預かる総務執行部としては重大事件。 楓花は、ひかげがテストでカンニングをした疑惑を調査するためここに来たのだと言います。 果たしてひかげはこれらのトラブルを無事収め、文化祭後に控える孤徹との戦いに臨むことができるのか。 副会長はおっとり美人の学園マドンナ。 本作ストーリー開始時の4年前に孤徹が生徒会総務執行部代表に当選して以来、生徒会(総務執行部)による学園運営体制が年を追うごとに強化されてきている。

>

漫画『生徒会探偵キリカ』の感想・無料試し読み

脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『様子を見に来たわ。 ケタ外れの予算額に驚くひかげでしたが、肉親から逃げてここに来た自分よりはずっと真っ当な理由だと感心します。 生徒会を牛耳るのは、ハイスペックな個性を持つ三人の女子生徒たちでした。 調査中の使途不明金はここに使われていたわけですね。 容姿的には一文字に切りそろえたおかっぱ頭で顔つきは朱鷺子に似ており、2人が並ぶと関係にあることは明白である。 そして壁にはウサギが一羽通れるほどの穴が空いていました。 ひかげには内心好意を寄せており、その気持ちが表情や行動に表れてしまうこともしばしば。

>

生徒会探偵キリカS1

部屋に戻ったひかげに、思わぬトラブルが降りかかります。 小説第2巻第5節で美園本人が「母親が人で5歳までにいた」と述べている。 さあ面白くなってきました。 原作者の杉井は連載開始号である6月号巻末の作者コメントにおいて「読者気分で毎号楽しみにします」との趣旨のコメントをしている。 そこには誰もいませんでしたが、さらに奥は会計室の個室があります。 ひかげに弱みをみせたら何もかもしぼり取られると薫が言った途端、またもや妄想が…。 杉井はまた、舞台となる白樹台学園の各機関(総務執行部・監査委員会・中央議会等)は自身の出身高校に存在したものをモデルにしていると述べ 、作中で描写される学校行事についても同様であるとしている。

>

生徒会探偵キリカS 1

おまけに管理人のおじさんにはいつまでたっても覚えてもらえず、二日に一度、前の住人宛に出された手紙をひかげの部屋に届けに来ます。 白樹台学園高等部に編入学し、普通科の1年F組に在籍。 巻の途中までの配信となります。 ひかげは、キリカのプライドを傷つけたことを素直に謝ります。 御白穂祭は学園規模に比例した大規模なものであり、その準備も1年がかりであるため文実も常設の委員会となっている。 小説第2巻 生徒会総務執行部の正式な書記となるためには、孤徹のライバル 神林朱鷺子が議長を務める中央議会で人事案の承認を得なければならないひかげ。

>

生徒会探偵キリカ

ドア越しに押し問答をはじめる二人。 役割は主に総務執行部の業務を監査すること。 高等部2年、普通科在籍。 なにやらこの学校には「生徒会室占い」というものがあるらしいのです。 風紀委員長も務めている。 現在の会長は天王寺孤徹、副会長は竹内美園、会計は聖橋キリカ。 本作についての評価としては、新聞()書評欄において本作が取り上げられており「少年向けの青春小説の第一人者として活躍する著者による、ミステリータッチの学園ラブコメディー」として紹介されている。

>

生徒会探偵キリカ

床にはカップが砕け散っています。 地位とカネにものを言わせているのか? 皮肉にもキリカの推理によってその真相を解き明かすシーンすら出てこない。 。 総務執行部役員として同時期に活動したことのある朱鷺子も小説第2巻第1節において駿を能力面では評価している発言をしている。 議会の重要ポストは朱鷺子以下女子で占められているが、朱鷺子曰く「よくわからないのだけれども男子は怖がって近寄ってこない」ためであり、総務執行部の使いとしてひかげが朱鷺子の議長執務室にいた際には、執務室に入室してきた議員の女生徒に大変驚かれていた。 『狐徹のこと少しはわかる気がする。

>