胸 三 寸 意味。 【慣用句】「胸三寸」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターが解説!

胸三寸の意味・例文・類語!胸先三寸との違いについて詳しく解説!

「舌先三寸」を使った短文• 「舌先三寸」とは、そのような 相手にだまされたりする時に使う言葉だと考えて下さい。 もちろん「心の中」や「胸の中」など、名詞的な使われ方もするので文脈にあわせて使い分けましょう。 人間の胸の厚さは男女共に平均で約20センチですから、表面から九センチというのは胸の厚さのちょうど中央あたりを指していることが分かります。 そのため、完全に間違った日本語と言い切ることは難しいです。 「このプロジェクトが実行に移せるかどうかは、社長の胸先三寸にかかっている」 「胸先三寸」の類語は? 「胸中(きょうちゅう)」はほぼ同じ意味の類語 意味は「胸のうち」「心のうちで思っていること」です。 心の中にある考えのことの意味も持っています。

>

ことわざ・舌三寸に胸三寸

「三寸」という使っている言葉は似ているものの、意味は全く違う言葉になっているので間違わないように注意しましょう。 胸先三寸は胸から三寸の距離にあるということから、 「胸の中 心の中 」を意味しますが、慣用的に胸先三寸という言葉が用いられる時には 「胸の中 心の中 に秘めた考え・思い」を意味することが多くなっています。 また、物の厚さや長さなどに比喩的に用いる語。 万引きをした少年を見つけたのだが、いじめっ子にやらされていたようだったので、警察には報告せず 胸三寸に納めるから、代わりに、二度としてはいけないという約束を交わした。 舌先三寸の類語・対義語 続いて、「舌先三寸」の類語を紹介します。

>

「胸先三寸」の意味や使い方の例文は?「胸三寸」との関係も解説

日本古来からある「尺貫法」という測り方だと、 「 一寸(いっすん)」=「 約3センチ」という定義があります。 注意する点は、「しんじゅう」と読むことで別の意味を表すということです。 「しんじゅう」は以下のように全く異なる意味なので、間違えないよう十分気をつけましょう。 ではなぜこの四字熟語が広まったかというと、 「 寸」は昔から小さなものの例えとして使われていたから だと言われています。 「八丁」とは、「八つの道具を巧みに使いこなすこと」を意味します。

>

胸三寸の意味・例文・類語!胸先三寸との違いについて詳しく解説!

「舌三寸」と縮めて用いられることもありますが、「口先三寸」は誤りです。 誤った使い方をする人が増えると正しい用法が駆逐されてしまうため、誤用は極力避けたいものです。 胸三寸の英語表記 胸三寸を英語にすると「inner feelings」「bosom」となり、例えば上記の「彼は胸三寸に納めて何も言わなかった」を英語にすると「he kept his inner feelings to himself and said nothing」となります。 また、「 胸三寸(むねさんずん)」ですが、 こちらは 正式に存在することわざ(慣用句)です。 混同して生まれた言葉が間違ったまま世の中に広まり、そのまま多用されるようになりました。

>

ことわざ・舌三寸に胸三寸

「胸先三寸」を構成する漢字それぞれの意味 【胸】・・・胸、胸部、心、気持ち、思い 【先】・・・先端、はし 【三寸】・・・約9センチ、一寸の三倍 本来の言い方は「胸三寸」 「胸先三寸」のもともとの言い方は「胸三寸(むなさんずん)」です。 文化庁が発表したデータによると、 正しい方の「舌先三寸」を選択した人が 23. 本来は誤用である「口先三寸」は、「舌先三寸」より用いられる頻度が高くなっており、「胸先三寸」と「胸三寸」の混同も良く見られるようになっています。 舌先三寸の言葉に惑わされず、自分で判断しよう。 「舌先三寸」は、巧みな言葉で相手を騙したりごまかしたりしようとする意図が見える場合に用いる言葉であり、詐欺師やペテン師と同じ意味合いの言葉です。 「bosom」・・・胸中、脳裏、内部、胸部. 用例としては、 ビジネスから日常生活まで幅広く使われていますね。 この場合、「内(心の中)に秘めている考えや気持ち」といった意味で表現されます。 表現方法は「胸三寸に畳む」「胸三寸で決まる」「胸三寸が決める」 その他にも慣用句ではないのですが言い回しとして、「胸三寸に畳む」「胸三寸で決まる」「胸三寸が決める」「胸三寸次第」「胸三寸に秘める」などがあります。

>

【慣用句】「胸三寸」の意味や使い方は?例文や類語を現役学生ライターが解説!

「舌先三寸」の意味とは? 「舌先三寸」の意味は「口先だけの弁舌」 「舌先三寸」は「したさきさんずん」と読み、巧みな言葉ではあるがそれはうわべだけで、心や中身が伴っていないことを指す言葉です。 長い舌を持つ多弁な人は、調子のよいことをペラペラとしゃべっているだけで、内容が伴っていないことを指しています。 言葉巧みにお金を騙し取ろうとする人や言い逃れが上手な人に対して、「舌先三寸」は適した言葉です。 相手に対する印象を考えるなら、「胸三寸」を使う方が無難でしょう。 「胸先三寸」は間違いとする考え方もありますが、その場合は 「胸先三寸」は 「胸のみぞおち部分・胸の内から三寸ほどの距離」だけを意味していて、 「心の中 胸の内 にある考えや思い」までは意味しないという解釈になります。

>

【胸先三寸】と【胸三寸】の意味の違いと使い方の例文

「 類語」=「 冗舌・巧言・口達者・口巧者・二枚舌」など。 胸三寸の類語 胸三寸の類語・類義語としては、心に思っていることを意味する「胸中」、心の中のことを意味する「胸襟」(読み方:きょうきん)、心の中に思っていることを意味する「意中」、胸のうちのことを意味する「念頭」などがあります。 両者を合わせることで、 「glib tongue」=「口達者・口が軽い」 という意味になるわけです。 世の中には、 「話が上手い人・弁が巧みな人」が必ずいます。 ちなみに、 「胸先三寸」という言葉も存在しません。

>