一 で 始まる 四 字 熟語。 【あまり知られてない】意味や字面が超絶かっこいい四字熟語50選|横断幕・懸垂幕キング|株式会社イタミアート

座右の銘にしたい!かっこいい四字熟語ランキングTOP100

四門遊観 (しもんゆうかん)• 波音 2006年12月25日. 【スポンサーリンク】 「か」で始まる四字熟語• 歳寒三友 (さいかんのさんゆう)• 「」圓勝寺、(2年)10月11日閲覧。 (平成23年)時点で収録数が最も多い四字熟語辞典であるという。 例えば、出身のであるは、「乾坤一擲」「駑馬十駕」など難解な四字熟語を愛好しており、「漢字は確かに複雑だが、複雑なほど人間にとっては恵みになっている」のように評価している。 また、「雉兎芻蕘」という難解な語を繰り返し用いた作家を例に挙げ、四字熟語の多用は、衒学的になりがちであり、読者に「嫌み」と受け取られかねないと注意を促している。 しかし、前述の「一時停止」の例のような慣用句的用法が存在しないと断言できないので 、これを不正解とする確固たる理由を挙げるのは難しい。 一栄一辱 (いちえい-いちじょく) …… 意味:人は社会の状況などによって、栄えることもあれば、恥辱にまみれることもあること。 四字熟語に親しむ世代には、低年齢の児童や幼児も含まれ、四字熟語をテーマとする玩具も存在する。

>

「一」を含む四字熟語

一念発起 (いちねんほっき)• 一刻千金 (いっこくせんきん)• 六尺之孤 (りくせきのこ)• 七珍万宝 (しっちんまんぽう)• 「け」で始まる四字熟語• 人によって、知っている四字熟語の量には開きがあり、日常見かけない四字熟語を多用することには批判もある。 冷汗三斗 (れいかんさんと)• 器用報恩 - 正月は一日常用の器具を休ませる• 一徳之愚 (いっとくのぐ)• 天声人語 2004年12月10日. 三人文殊 (さんにんもんじゅ)• 一日一生(いちにちいっしょう) 一日は一生の短縮版であり、一生は一日の積み重ねでしかないのだから、一日を大切に生きることが一生を大切に生きることにつながる。 反対に、で毎年選定される、1年間の世相を表す四字熟語は、韓国以外のメディアでも取り上げられ、しばしば話題になっている。 「 」 『教育学部紀要』第99号、2008年3月、 p. 六言六蔽 (りくげんのりくへい)• 鶏口牛後(けいこうぎゅうご) 大きな集団の最後尾にくっついているよりも、たとえ小さな集団であってもその頭になるほうがいい。 一問一答 (いちもんいっとう) …… 意味:一人が質問し、相手がそれを答えるという形を繰り返すこと。 また「弁慶の急所」とか「豪傑の泣き所」などと同義の他の語の組み合わせを考えても、向こう脛という言い回しにはならない。 五陰盛苦 (ごおんじょうく)• 一意攻苦 (いちいこうく)• 自学自習(じがくじしゅう) 自分独りで学習すること。

>

数の入った四字熟語

百世不磨 (ひゃくせいふま)• 四六時中 (しろくじちゅう)• 迷惑千万 (めいわくせんばん) 数字の「億」がつく四字熟語3. 千万無量 (せんまんむりょう)• 一言芳恩 (いちげんほうおん)• さらに、のように新たに四字熟語を創作する例もある( を参照)。 一裘一葛 (いっきゅういっかつ)• 飾り気がなくまじめで、心も体も強くたくましいこと。 思う存分という意味。 一栄一落(いちえいいちらく) 一芸一能(いちげいいちのう) 一言一行(いちげんいっこう) 一期一会(いちごいちえ) 一五一十(いちごいちじゅう) 一言一句(いちごんいっく) 一汁一菜(いちじゅういっさい) 一日一善(いちにちいちぜん) 一分一厘(いちぶいちりん) 一木一草(いちぼくいっそう) 一問一答(いちもんいっとう) 一利一害(いちりいちがい) 一喜一憂(いっきいちゆう) 一挙一動(いっきょいちどう) 一高一低(いっこういってい) 一国一城(いっこくいちじょう) 一失一得(いっしついっとく) 一宿一飯(いっしゅくいっぱん) 一進一退(いっしんいったい) 一世一代(いっせいちだい、いっせいいちだい) 一張一弛(いっちょういっし) 一朝一夕(いっちょういっせき) 一長一短(いっちょういったん) 一得一失(いっとくいっしつ) 一顰一笑(いっぴんいっしょう) Wikipediaから引用した所、これだけの量がありました。 ところで、ある学生に「( )肉( )食」の空欄を補って四字熟語を完成させる問題を出題したところ「焼肉定食」と答えたというがある。

>

数字の四字熟語一覧!一から十、百、千、万、億の漢字が入る熟語780

あるメーカーがを愛飲する男女に「コーヒーを連想させる四字熟語」を尋ね たところ、は「閑話休題」「悠々自適」などを挙げ、は「悠々自適」「気分転換」などを挙げることが多かったという。 一団和気 (いちだんのわき)• 一蓮托生 (いちれんたくしょう)• 三十六計 (さんじゅろっけい)• 何事にも束縛されることなく、自らの意志を遂行できる様子。 千差万別 (せんさばんべつ)• 駢四儷六 (べんしれいろく)• 紫電一閃 (しでんいっせん)• 百花繚乱 (ひゃっかりょうらん)• 座右の銘にしたい!かっこいい四字熟語ランキング 31位〜40位 知足安分(ちそくあんぶん) 高望みをせず、自分の境遇に満足すること。 千荊万棘 (せんけいばんきょく)•。 十全十美 (じゅうぜんじゅうび)• 口に出したことを、責任をもって実行すること。 ひたすらにおのれの真実を尽くすこと。 一饋十起 (いっきじっき)• 一触即発 (いっしょくそくはつ)• 一つの方針・方法・態度で、始めから終わりまでつらぬき通すこと。

>

数字の四字熟語一覧!一から十、百、千、万、億の漢字が入る熟語780

四百四病 (しひゃくしびょう)• 面壁九年 (めんぺきくねん) 数字の「十」が入る四字熟語26• 三衣一鉢 (さんえいっぱち)• 巣林一枝 (そうりんいっし)• 一片氷心 (いっぺんのひょうしん)• これは、本来ならば現代におけるに関する用語であるが、「彼は一時停止のきかない人間だ」などと慣用句的に用いることもあるという。 一飯千金 (いっぱんせんきん)• 千里同風 (せんりどうふう)• 主に野球の試合において一球一球に全力を投入して悔いの残らない投球やプレイをすること。 四塞之国 (しそくのくに)• 例えば「以心伝心」という成句の由来である『』の「法則以心傳心」は、以下のように読むことになる。 十万億土 (じゅうまんおくど)• 2020年(令和2年)10月11日閲覧。 百戦錬磨 (ひゃくせいれんま)• 三月庭訓 (さんがつていきん)• 一場春夢 (いちじょうのしゅんむ)• 漢語のままのもの• 斗南一人 (となんのいちにん)• 「多田禮吉「『科学技術』は一熟語」- (17年)2月13日付朝刊。 最初に決めた志を最後まで貫き通すこと。 三日天下 (みっかてんか)• 聞一知二 (ぶんいちちに)• 一狐之腋 (いっこのえき)• 一目十行 (いちもくじゅうぎょう)• 念仏三昧 (ねんぶつざんまい)• 万里同風 (ばんりどうふう)• 千古不磨 (せんこふま)• 一宿一飯 (いっしゅくいっぱん) …… 意味:旅の途中、一晩泊めてもらったり、食事を恵んでもらったりして、他人の世話になること。

>

四字熟語一覧

人力を尽くしてその身を天命にまかせ、どんな場合にも動じないこと。 また、の風潮の中、四字熟語の創作をする著名人もいる。 一生不犯 (いっしょうふぼん)• 広厦万間 (こうかばんげん)• 数多くの意見が出され、活発に議論されること。 四衢八街 (しくはちがい)• 一知半解 (いっちはんかい)• (「焼肉定食」については、 も参照)。 その範囲は一定ではなく、日本の四字熟語と同じように、漢語系の4音節語を広く成語と見なし、「利己主義 이기주의 」のような普通名詞や「北斗七星 북두칠성 」のような固有名詞までを含めて解説している例もある。 例えば『ベネッセ表現・読解国語辞典』の「熟語」の項目には、第一義として「二字以上の漢字を結合して一語の漢語としたもの」と定義されている。

>