横浜 fm 対 f 東京。 ACLラウンド16の対戦カードが決定!JリーグからFC東京、横浜FM、神戸の最多3クラブが進出

【横浜FM

23:00 横浜F・マリノス vs 水原三星. 自分たちが目指しているのは優勝しかない」と話す仲川選手は、「次のシドニー戦へ気持ちを緩めてはいけない。 横浜FMは17分、タイ代表DFティーラトン・ブンマタン(Theerathon Bunmathan)がペナルティーエリアの端から強烈なシュートを突き刺し先制すると、後半にも3点を追加して、Kリーグ4連覇中の全北をグループステージ敗退に追いやった。 通算成績では浦和の21勝11分23敗とほぼ互角だが、今季のホーム勝率は25%、1試合平均得点0. ノックアウト方式となる決勝トーナメントでは12月7日の1回戦でH組2位と対戦する。 他クラブより早めにリーグスケジュールをこなすだけに、しっかり勝点を稼いでおきたいところだ。 再びチームの雰囲気を上向きに変えて、この中2日での連戦を迎える。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ最終節が4日に行われ、ラウンド16の対戦カードが決定した。

>

横浜FMが初のACL決勝T進出 神戸は首位突破が決定|テレビ東京スポーツ:テレビ東京

69分にレアンドロと高萩を投入したFC東京は76分、アダイウトンがハーフライン付近から持ち運んでボックス内にスルーパス。 2020年 1位 32試合• 最初はノーファウルの判定でプレーが続行された。 日本勢が3チームで最多、韓国勢と中国勢から2チーム、オーストラリアから1チームとなっている。 19:00 北京国安 vs FC東京• 関連記事. DFの頭でのバックパスをボックス左で拾った永井がマイナスへパスを送る。 アダイウトンに今大会初ゴールが生まれたFC東京は17分にもチャンス。

>

横浜F・マリノス、ACL決勝T進出が決定!ティーラトンの強烈ミドルなど4得点で全北現代に勝利【ACL】

・横浜FMは直近6試合でわずか2勝(2分2敗)。 2020年 44位 4800試合• これで時間を作った中でゴール右隅を狙ったが、GKチョ・スヒョクに阻まれた。 決定機阻止の「4条件」を満たしている。 【得点者】 17分 1-0 ティーラトン(横浜F・マリノス) 51分 2-0 マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス) 54分 2-1 ソウザ(全北現代) 72分 3-1 仲川輝人(横浜F・マリノス) 83分 4-1 ソン・ボムクン【OG】(横浜F・マリノス) 【了】. 両チームとも、来月にはカタールで集中開催が決まったAFCチャンピオンズリーグへの出場が予定されている。 【翻訳編集】AFPBB News. 11月7日に開催される予定だったYBCルヴァンカップ決勝が柏レイソルのクラスター発生で1月4日に延期されたこともあり、「先にACLを取って年明けのルヴァンに弾みをつけたい」というのはチーム全体の共通認識だろう。 開始1分からアダイウトンがオーバーヘッドでフィニッシュまで持ち込むなど、積極的な入りを見せたFC東京が幸先良く先制に成功する。

>

FC東京オフィシャルホームページ

「開始の笛が鳴った瞬間から90分間、ゲームをコントロールしました。 ・マルコス・ジュニオールは今季チーム最多タイの11得点を記録。 ポルトやアスレチック・ビルバオ、リールの他、コスタリカ代表、パナマ代表なども着用している。 終わってみれば横浜FMが大量リードを奪って勝利を収める結果となった。 62分には裏のスペースへ抜け出した永井を朴一圭がペナルティーエリア手前で倒してしまい、決定機阻止に対してレッドカードの判定。

>

マリノスが後半4得点で2連勝。FC東京は前半優勢からまさかの大敗に

そのなかで、57分に田川と三田を下げて原と安部を送り出す。 押し込む形を作り、攻めの時間を続けるが、自陣にブロックを敷いて守りを固めてくる上海申花も最後のところでタイトな対応を徹底。 守備ラインを常に高くし、ボールポゼッションを中心に前に攻めに出るアンジェ ポステコグルー監督のスタイル。 しかし、結果は浦和の3-2での勝利を収めて初優勝。 60分過ぎ。 また、シドニーFC(Sydney FC、オーストラリア)は上海上港(Shanghai SIPG、中国)に4-0で大勝し、今大会初勝利をマークした。 前半を2点リードで折り返した横浜FMは、後半に6点を奪われない限り優勝という圧倒的優位に立った。

>

FC東京オフィシャルホームページ

横浜FMは引き分け以上なら文句なし、負けても3点差以内なら優勝決定。 長友佑都 マルセイユ や室屋成 ハノーファー ら偉大な先輩に通じる部分がある。 一方のFC東京は4点差以上での勝利が必要であり、両チームの立ち位置には大きな差がある。 グループステージ突破はクラブ史上初めてのことであり、選手たちをたたえたい」とコメントした。 カタールでの大会再開初戦で上海申花(中国)に0-1で敗れて3位に後退したが、11月27日の申花とのリターンレッグで、後半早々に相手の悪質なタックルで攻撃の柱のFWディエゴ・オリベイラ選手が負傷退場となりながらも、FWレアンドロ選手とMF安部柊斗選手のゴールで2-1の勝利を挙げて2位に浮上した。 「薫が点取ったり、アシストしたり、いいスイッチになったりしてるのはホントにすごい。 アンカーに入る高萩の前に東と安部を置いたほか、最後尾を守る波多野の前に中村帆高、森重、ジョアン・オマリ、小川を並べ、日本勢としても先陣を切っての再開初戦で白星リスタートを目指した。

>