伊藤 詩織 裁判。 伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める:朝日新聞デジタル

伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める:朝日新聞デジタル

2016年5月末にTBSを退社し、フリージャーナリストに転身。 その伊藤氏は9月23日のフェイスブック投稿の中で、「引き続き、オンラインでの誹謗中傷や、今月は突然、警視庁から虚偽告訴、名誉毀損罪で取り調べを受けるなど日々、心が折れそうになることもありますが、そんな時に支えてくれる方々に心より感謝します」と記述。 「強姦と準強姦のどっちが深刻ですか?」 ここからはレポートではなく、裁判を見ての個人的な感想となる。 カルテは住所や電話番号といった個人情報以外の部分は一般公開されても良いという状況• 伊藤詩織さんは戦いはまだまだ続くとの事。 だが一方で、今回の判決は、改めて、刑事事件で性被害が事実認定されるハードルの高さを浮き彫りしたと言えるだろう。

>

伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める:朝日新聞デジタル

伊藤詩織さんと山口敬之さんがホテルへ行く際に乗った タクシーの運転手の証言• たとえば伊藤さんが準強姦容疑で被害届を出したことについての、「強姦と準強姦のどっちが深刻ですか?」という質問。 夜、異性と食事を伴う相談が果たして妥当だったのかどうかは、 一つの検討材料では? さらに、一軒のみならず二軒目というところがよくわかりませんでした。 この記録には「伊藤詩織こと〇〇」とあり、「伊藤詩織」が本当の名前ではないことが伺えます。 「新たな客観的証拠」が必要なのは山口氏のほうでは 刑事手続で不起訴や無罪となっても、民事的な賠償責任を求められるケースは、交通事故や業務上横領などの事件では、そう珍しくない。 彼女の心が変遷したと考えている」といった内容を回答した。 〈女性の方は(中略)「そうじするの、そうじするの、私が汚しちゃったんだから、綺麗にするの」という様なことを言っていました。

>

伊藤詩織さん勝訴、なぜ民事と刑事で判断が分かれたのか。性犯罪事件に示した2つの道筋

伊藤さんは検察審査会に申し立てたが、「不起訴相当」の結論だった。 この他の内容は、 にも記述した。 この事件が注目されるようになったのは、2017年5月29日。 傍聴席には、伊藤さんの支援者や、性暴力被害者支援に長年携わってきた人の姿が複数あった。 彼は、二年近く経っても鮮明に覚えていたのだ。 また、山口敬之さんとの裁判、そして東大法学部がかかわったと噂される大きな圧力にも屈することなく闘ってきました。 裁判の焦点となったのは 「性行為に及ぶ時点で山口さんに同意を取れる余地があったのか?」という点で、この点に関して詳しく検証が行われたようです。

>

【伊藤詩織さん裁判傍聴記】法廷で一体何があったのか?性犯罪被害者を支援する立場から

「就活セクハラ」とTBSの責任 判決が認定した事実によれば、本件は、テレビ局で仕事をしたいと就職活動中の若い女性が、大手メディアのワシントン支局長の男性と会食後、酩酊状態に陥ったところを、タクシーに乗せられ、男性側が宿泊していたホテルの部屋に連れ込まれて、性的関係を強いられたものだ。 帰国時の2015年4月3日に伊藤詩織さんと山口敬之さんは実際に会って食事して、アメリカの就労ビザ取得など、就職に関して話たそう。 もちろん意識の無い女に手を出すおじさんは超ゲスいし、重罪であるべき。 被害者の言動の一つ一つを取り上げて、「本当の被害者ならこんなことはしない」と言い立てるのは、被害の実態を知らない人による典型的なセカンドレイプだ。 この先40年50年、時間はたっぷり有ります。 2016年1月に少女が担任の教師に打ち明けて発覚。 一方、 山口氏は2019年2月、 記者会見などで伊藤さんに 名誉を毀損され、 社会的信用を失ったとして、 慰謝料 1億3000万円や、 謝罪広告の掲載を求めて反訴した。

>

伊藤詩織さんと杉田水脈議員の “いいね” 訴訟始まる。法的責任、司法はどう判断するか

さらに、性行為があった日に伊藤氏が医療機関を受診していたことや数日内に友人や警察に被害を相談していたことを重視し、「性行為は意思に反して行われた」と結論づけた。 ホテルに入る祭に建っていた ドアボーイの証言• 映像を見れば引きずられていることがわかります」と回答した。 何故でしょう? 理由は分かりませんが、出てこないのです。 映像については、こちら聞かれたのでお話ししますが、私はホテルから映像をもらう時、まず他に映っている方にモザイクがかかっていないということで、私が40万円を支払って頂戴した大事な映像です。 「先ほど述べたように、警察が捜査をして検察官に事件を送致する際には被疑者を逮捕した場合とそうでない場合の2パターンあります。 しかし判決によれば、山口氏は、就職先の紹介を相談してきた伊藤さんに対し、 ・米国においてフリーランスとして契約し、仕事を続けながら正式な採用を目指す場合には自分が決裁可能だ、とするメールを送信した。 すがすがしいまでの屑。

>

伊藤詩織さん勝訴、なぜ民事と刑事で判断が分かれたのか。性犯罪事件に示した2つの道筋

就職の相談で会ったのに、1人では歩けないほど酩酊した女性をホテルの自室に連れ込み、性行為に至ったという、ほぼ争いのない事実だけで、倫理的には十分に非難に値する。 検察審査会への不服申し立てのタイミングで、伊藤さんが司法記者クラブで行なった記者会見だ。 共同通信の記事によれば、原告は17歳の少女。 判決前、報道陣の取材に応じた伊藤さんは「訴訟を起こしてから、新たな証言を聞き、公になったことがいくつかあった。 伊藤さんはこの日、検察当局が準強姦容疑の事件を不起訴処分にした時につづった日記を4年ぶりに読み返した。 今回の判決について「読売新聞」は次のように報じています。 そこで、今日は伊藤詩織さんの裁判資料である「防犯カメラの映像」と「カルテ」について• 山口さんは、法に触れるような行為は「行なっていない」として、伊藤さんの主張については「虚言癖」だと反論した。

>

伊藤詩織さん訴訟 裁判所にバッサリ切り捨てられた「山口敬之」記者の供述を検証

今もで数人の著名人を告訴し、それを支援するタグに結構な人達がぶら下がっています。 また、2人がホテルのロビーを横切る画像について、被告側の弁護士が「2人の足が並行しているように見えませんか?(伊藤さんは引きずられていないとする意)」と質問すると、伊藤さんが確認し「(伊藤さんの)足は傾いている(並行していない)」と回答した。 裁判は伊藤詩織さんの勝訴 その後の報道により、裁判の結果は伊藤さんの 「勝訴」となりました。 しかし、 『「駅で下してください」と女性が何度も言っていた』というタクシー運転手の証言が捜査報告書に記載されていない事に伊藤詩織さんが気付いたそうです。 その後、意識を失い、山口敬之さんの止まっていたホテルの部屋で暴行を受けたと主張していた事件。 (大なり小なり疑いさえあれば皆被疑者です)」(正木弁護士). 伊藤詩織裁判資料でカルテが公開されない理由とは? 伊藤詩織さんの裁判資料の中で一般公開されていない資料のもう一つが「カルテ」です。

>

伊藤詩織さんと杉田水脈議員の “いいね” 訴訟始まる。法的責任、司法はどう判断するか

山口氏は、性的関係を強いたことを否認し、記者会見で「立場を利用して性行為をしたわけではない」と主張した。 立場を利用した「就活セクハラ」の構図で見るべき事件といえよう。 この資料がなぜ一般公開されないのか?ということで、山口敬之さんを擁護する人たちから批判を受けています。 。 さらに、私はあなたから一切、取材を受けていないです。 「性行為に合意はなく、伊藤氏が意識を回復して拒絶した後も体を押さえつけて続けた」と不法行為を認めた。 「心神喪失」は、刑事事件では「精神的な障害によって正常な判断力を失った状態」を指し、「抗拒不能」は「心理的または物理的に抵抗ができない状態」を指す。

>