青葉 賞。 テレビ東京杯青葉賞(ダービートライアル)の過去10年データ、好走馬一覧(2018年4月28日東京11R)

【青葉賞2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向と狙い馬

騎手データ• 「前走東京=コース経験あるじゃん!」 などと安易に狙うと痛い目に遭いそうだ。 ランフォザーローゼスのテン3ハロンは36. 【フライライクバード】 父スクリーンヒーロー。 母の父シンボリクリスエスも、青葉賞は3歳になって5戦目、日本ダービーは6戦目だった。 逃げ馬のペースは4ハロン目で少し早くなり、2ハロンは遅めで進み、残り800mから早くなっていく流れ。 単勝オッズ1番人気の馬信頼度は高そうです。 インベタで回っていく、リオンリオン。

>

テレビ東京杯青葉賞2020レース結果・払戻:1着オーソリティ(4.3倍)2着ヴァルコス(12.4倍)3着フィリオアレグロ(2.6倍)|競馬予想のウマニティ

そして、上のデータを見る限り、多少の誤差はあるものの、大きく見れば当たっているのではないだろうか。 ロベルト系【1-0-1-8】• 1角-2角。 プレゼンター・ゲストは誰か気にしつつ分析します こらこら。 直線は追って伸びて行っての1着。 上がり3ハロン33. 昨年のリオンリオンも逃げ切りだった。

>

青葉賞2020予想|過去の傾向とデータ分析│重賞ナビ

上がり3ハロン34. でも、しまいはこの馬なりに来ていたし、現時点ではよくやっている」 13着 プリマヴィスタ(石川裕紀人騎手) 「外枠なりに、いいポジションを意識して競馬しました。 発馬決めて、促して、促して前へ。 1角-2角。 新馬戦 函館競馬場芝1800m良馬場 は4番手追走から抜け出して勝利、芙蓉ステークス 中山競馬場芝2000m良馬場 は4番手追走から、メンバー中最速上がり33秒7の速い末脚で差し切って勝利、2連勝しました。 アドミラブル1着。 1 2 2 5 トゥザグローリー 2 500万 阪神芝2200m 1着 -0. 馬券になる前走は重要な過去データ 青葉賞で馬券になる前走、どのような競馬をしていたのか? アドミラブル・ゴーフォーザサミット・リオンリオン。

>

青葉賞2020特集

上がり3ハロン34. 4 3 2 7 ヴァルコス 4 ゆきやなぎ賞 1勝クラス 1着 -0. そうした情報を元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開しています。 広いコースがいい。 」と同等に近い評価を与える。 レーン騎手) 「向こう正面でペースが落ちた時に折り合いがつくのに時間がかかった。 0 吉野勇 1987年5月2日 東京 2400m オープン チョウカイフリート 牡3 2:27. 5番人気以下【0-1-0-18】 オーソリティ、フィリオアレグロが前走重賞で4番人気以内。 中団追走から直線は外を回って3着。

>

テレビ東京杯青葉賞(G2) 結果・払戻

前走から大きく良くなった感じはなく、良い意味で平行線。 残り200mあたりからムチ入れしつつ伸びを確認する追い方になり、逃げ馬を交わしてゴール。 逃げて行ったのは、タニノミステリー。 逃げ馬のペースは4ハロン目に「12. いずれも将来性十分、名前を覚えておいていただきたい素質馬たちだ。 ベストアプローチは、内枠からスタート決めて、軽く促しつつ前目に様子を伺いつつ行くも、外から入って来られて、その馬の前に逃げ馬が入って来る形。 つまり、昨年の青葉賞はエアグルーヴの孫同士でハナ差の接戦を演じていたことになる。 しかし、外から3着馬・ダンビュライトに進路をカットされ気味に前へ入って来られる。

>

【青葉賞2020予想】追い切り・調教から見る好走傾向と狙い馬

、および東京優駿(日本ダービー)のステップ競走に指定。 唯一馬券に絡まなかった2018年は栗東CW仕上げからレースに臨んだ馬は1頭しかおらず、仕方のない面もありました。 0 1 2 4 レッドエルディスト 5 大寒桜賞 500万 1着 -0. 5秒は早い。 向正面。 最後は中2週、9番人気で快走した。 2016年4月25日閲覧。 血統・ルーラーシップ産駒 の前走は、でした。

>

競馬

外から擦ってくる馬がいたものの堪えて行く。 マーフィー騎手。 青葉賞組がどうしても勝てない理由のひとつは、それでなくとも活力の消耗を最小限にとどめる馬が多い現在、本番の4週前に 中3週 、東京2400mを激走する距離選択が楽ではないからだと考えられる。 さらにこの2015年の栗東坂路でレースに臨んだ馬の人気は7人気・13人気・16人気と能力的に疑問符が付くものでした。 入り口で3番手。 デムーロ騎手。

>

テレビ東京杯青葉賞2020レース結果・払戻:1着オーソリティ(4.3倍)2着ヴァルコス(12.4倍)3着フィリオアレグロ(2.6倍)|競馬予想のウマニティ

ドスローなペースで流れて行く。 外からダノンラスターがまくり気味にきて、ランフォザーローゼスを擦る。 (索引番号: 11035)• 今年もやって参ります。 所属馬は1995年から、は2001年からそれぞれ出走可能になった ほか、2010年からはも出走可能なとなった。 ストームキャット系【2-2-0-2】• 残り200mからはムチ入れしつつ伸びを見る追い方で伸びる。 3番手からの競馬。 2代母は日・米オークスを制したシーザリオで、母は2014年ジャパンCなどG1を2勝したエピファネイアの全妹。

>