焦土 と 開拓 の 天変。 デッキ紹介【焦土と開拓の天変】β版:175のブロマガ

《焦土と開拓の天変》

しかし最後の再録がのため新規プレイヤーが複数枚集めるのは大変かもしれない。 レベル4でありながら高い打点といやらしい効果を持つ、頼もしいヤツ。 このように、リリース&キャッチの基盤を作った後は、何かしらの守る手段を横に置くことを目的に展開していこう。 間接的に相手の行動範囲をじりじりと狭めていく。 やっぱりかわいい。 自分は1000LP回復する。 植物族以外のモンスターにもパンプアップが適用され、さらには 効果適用後に出てきたモンスターに対しても効果が発揮されるのはありがたい。

>

《焦土と開拓の天変》

[ ] のの• 自分でも気に入ってるデッキですしせっかくなので。 特に「効果の対象にならない」カードに対してはこのデッキの除去能力全般を受け付けないので非常に厳しい。 [ ]• よりアドバンテージをもたらしうる「リリースされて効果を発揮する」リアクション型のカードを紹介。 調整してしれっとリストが変わってるかもしれません。 「ジャンク・シンクロン」とレベル1で簡単に呼び出せる。 似た効果を持つ「ドリル・ウォリアー」より回収スピードが速いので、「輝神鳥ヴェーヌ」を起動するたびにアドバンテージは大きくなっていく。 このカード自体は「ジャンク・シンクロン」や「虚空海竜リヴァイエール」で何度も使いまわせ、「悪魔の嘆き」や「ワン・フォー・ワン」でデッキからスッと引き出せる。

>

デッキ紹介【焦土と開拓の天変】β版:175のブロマガ

リリースしたモンスターとレベルが異なる「シンクロン」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。 一度はまればいやらしい動きとなるが、そこにこぎつけるまでが割と大変なので、序盤はいかにライフを食いつなぐかがカギになる。 ご利用は計画的に。 アドバンテージの回復に長けた効果であるにもかかわらず、それを出すために多大な消費をしていたのでは本末転倒である。 このデッキでは「森羅の霊峰」で手札から墓地に送ることで、デッキトップとフィールドの整地をこなす。 そのカードを持ち主のデッキに戻す。

>

デッキ紹介【焦土と開拓の天変】β版:175のブロマガ

「虹光の宣告者」もリリース効果を持っているが、基本は墓地に眠ったままとなるため、Sモンスターのリリースカードであればこのカードにスポットが当たる。 一度はまればいやらしい動きとなるが、そこにこぎつけるまでが割と大変なので、序盤はいかにライフを食いつなぐかがカギになる。 その発動を無効にし破壊する。 召喚することで効果を発動する「マスマティシャン」や「ジャンク・シンクロン」を毎回自分ターンに構えられると考えると非常に強力。 このように、リリース&キャッチの基盤を作った後は、何かしらの守る手段を横に置くことを目的に展開していこう。

>

デッキ紹介【焦土と開拓の天変】β版:175のブロマガ

その後の運命の差はあからさまに明らかなり。 どちらの効果も「森羅」カードと相性がよく、デッキトップ3枚を操作してめくる準備をしたり、このカード自身でデッキトップをめくったり。 その後、自分の墓地の「スプラウト」モンスター1体を選んで自分のデッキの一番上に置く事ができる。 誘発効果であるため相手ターンでも効果を発揮し、体制を整えれば毎ターン墓地のモンスターを手札に戻せる。 また、「アロマガーデン」がフィールドを離れても、 発動済みの強化は取り消されない。

>

《焦土と開拓の天変》

また、サーチするカードは植物族モンスターなので、コスト確保のしにくい「森羅の霊峰」の条件を軽々クリアできる。 ただしクイックエフェクトの関係上ワンテンポ遅れるので、リリースのタイミングはしっかり見極めよう。 装備モンスターは攻撃できず、効果は無効化される。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 あとかわいい。 戦略の代表的なとして登場当時から長く活躍している。

>

デッキ紹介【焦土と開拓の天変】β版:175のブロマガ

トークンはインフェルノイドのリリースの弾として問題なく利用できるばかりか、インフェルノイド自体の召喚条件に干渉しないので居心地がいい。 「悪魔の嘆き」や「ワン・フォー・ワン」などでデッキから引っ張り出し、「ジャンク・シンクロン」や「ドリル・ウォリアー」などで使いまわしできるのでとても便利。 「輝神鳥ヴェーヌ」の効果で「アロマセラフィ-アンゼリカ」や「森羅の実張り ピース」などを回収し、ライフゲインや「森羅の施し」などに再利用したりと、これらはどちらかというと「輝神鳥ヴェーヌ」のサポートというより、その恩恵にあずかる立場のカードが多い。 打点とライフを補強する、いい悪魔。 このからなどの強力な7帯のに繋げるのは、戦略の王道的な勝ちパターン。 インフェルノイドの効果でリリースすれば、ヴェーヌの効果に加えてドローのおまけがついてくる。 自身をリリースするので、ヴェーヌの打点を上げながらそのまま拾い上げることも可能。

>

デッキ紹介【焦土と開拓の天変】β版:175のブロマガ

一番の課題点。 相手のを1枚し、自分は1枚を行う。 自分のデッキの一番上のカードをめくり、そのカードが通常罠カードだった場合、自分フィールドにセットする。 また単純に付加効果のあるとして使っても優秀であり、を主軸にしないでも中盤の繋ぎとして採用する価値は十分にある。 自分の手札・フィールドから、「インフェルノイド」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。 みなさまこんにちは! ニコニコ動画内で「デュエルよろずや」、「熱血!OCG塾」を投稿しております。 とは相性が良い。

>