中村 哲 nhk。 アフガニスタン 中村哲さん銃撃事件から1年 真相解明に時間も

中村哲医師・死去1年・父が願った“人間の幸せ” NHK総合【ニュースウォッチ9】|JCCテレビすべて

去年12月、アフガニスタンで中村の遺体と対面する遺族。 総延長25.5kmの用水路が完成しました。 彼らはいかめしい重装備。 それを、現地の人たちも分かってくれているんです。 国連の報道官は「人々の尊敬を受けていた中村医師の殺害を非難する」としたうえで、「もっとも弱い立場にいる人たちを助けることに人生の大半を捧げてきた人間に対する無分別な暴力行為だ」とする声明を発表。

>

【追悼】中村 哲さん 「困っている人がいたら手を差し伸べる ――それは普通のことです」|株式会社NHK出版のプレスリリース

2019年12月27日閲覧。 今、この地域を見捨てれば、アルカイダに対する圧力を弱め、アメリカや同盟国を攻撃されるリスクを生み出しかねない。 2001年(平成13年)第7回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞(『医者井戸を掘る』)• かつて、死の谷と呼ばれた干からびた土地。 もう少しお待ちください。 水や衛生、教育、それに食料などの支援活動を行っていますが、治安の悪化により日本人スタッフは常駐せず、国外から現地スタッフをサポートしています。

>

「中村哲さん銃撃1年 アフガン和平は可能か」(ここに注目!)

(左)と 国内病院勤務ののち、、(JOCS)から 派遣されて北西辺境州の州都に赴任。 政府とタリバンの双方が、自からの利益ではなく、国民のことを第一に考えて、真摯に和平協議に臨むことを期待したいと思います。 中村哲医師 「前より、だいぶ水量が増えている。 日本経済新聞社・日経BP社. 敵も味方も一緒になって国土を回復するときだ」このように述べていました。 一方、タリバンは爆弾テロなどで対抗。 ただ、いずれも合意は簡単ではありません。 2013年、第24回大賞、第61回を受賞した。

>

中村哲医師 貫いた志

日本人以上に多くの現地スタッフが犠牲になっています。 2019年10月7日、アフガニスタンでの長年の活動が認められ、同国のを授与された。 治安の回復なしに復興は不可能だからです。 父方の親族は、のでほぼ全滅している。 中村さんは、和也さんの志とともに、みずからの信念を貫くと伝えていました。

>

中村哲医師 貫いた志

事件を捜査している政府の情報機関「国家保安局」の複数の関係者は、NHKの取材に対し、防犯カメラの映像をもとに、事件に関与した疑いで複数の男から事情を聴くなど捜査を続けていることを明らかにしました。 ただ、これで支援をやめてしまえばテロに屈することになってしまいます。 そうした中で、中村さんは緑の大地計画として、用水路の建設などに力を尽くしてきました。 『医者よ、信念はいらないまず命を救え! 2018年(平成30年)アフガニスタン国家勲章• 2013年(平成25年)大賞• 危なかった。 だからこそ、外国軍の撤退、あるいは追い出し、さらには、外国人を援助関係者であろうとなかろうと攻撃の対象とすれば、彼らがいなくなる。 協議が実現した背景には、アフガニスタン政府の後ろ盾になってきたアメリカが、ことし2月、タリバンと結んだ和平合意があります。 その背景には、外国軍の存在がだんだん希薄になってきたというのも1つなんですが、外国軍が退去したときも、決して治安はよくならなかった。

>

アフガニスタン 中村哲さん銃撃事件から1年 真相解明に時間も

言葉を変えれば、かいらい政権であると。 アフガニスタンでの活動について、「向こうに行って、9条がバックボーンとして僕らの活動を支えていてくれる、これが我々を守ってきてくれたんだな、という実感がありますよ。 4歳からパキスタンで暮らし始めた長女は、困っている人には分け隔てなく手を差し伸べる父の姿を覚えている。 。 2019年12月5日時点のよりアーカイブ。 中村哲が現地代表となり、パキスタンとアフガニスタンで医療、水源確保(灌漑用井戸掘削・水路建設)、農業支援の活動を行っている。 また農業をやりたいんだ。

>