焼津 温石。 温石(焼津/和食)

温石 (焼津市) の口コミ2件

12:00の予約で、11:40過ぎに車で到着。 JCB• キャッシュレス決済の掲載• 】 口座振替にて毎月27日にお支払いいただきます。 焼津と言えば古くから漁業や農業で栄えてきた街。 AMEX• VISA• 054-626-2587 御結納 御法事 御接待にもお使いいただけます。 中心のみずみずしさはしっかり残っています。 2017年06月14日 14:57. ホームページURLの掲載• 改装中の為、お昼は私だけの模様。

>

【茶懐石割烹 温石】焼津でシブく光り輝く日本料理

直前まで動いていた上質の素材を目の前で豪快にさばいてくれました。 迷い鰹でしたが、鰹と言われなければわからないほどの脂のノリ。 静岡で有名な日本酒と言えば 磯自慢 目白の名店「和幸」 今は無き目白の和幸で修行したという2代目 目のまえで焼津の蘊蓄を聞きながら サスエの魚に舌鼓を打つ。 その他• 無 禁煙・喫煙• この温石の建物を見ても昔は栄華を 誇ったであろうことは推測できます。 店舗PRの掲載• 人伝手に聞いたのですが、春になると鰹が揚がるのですが 脂の乗った鰹を使った「かつおしゃぶしゃぶ」が めっちゃ美味いらしいです。 MASTER• 目を凝らして路地の先を見ると 何やら日本料理屋のような佇まいが見える。 これから始まる料理を想像しただけで ワクワクしてくる。

>

温石(焼津/和食)

写真の掲載• 奥の個室に案内され、今日はお昼の8000円のコース。 料理メニューの掲載• 上がり框を上がって室内に入ると、最初、目が慣れないうちは 真っ暗なほどに暗い二間続きの和室。 中トロです~って言われたら信じてしまうかも。 料理メニューの掲載• また、さらに集客に役立つ「有料施設会員サービス」の開始を予定しております。 店舗紹介機能• 有 台• 貸切可• 予約・貸切人数の掲載• テイクアウト可否の掲載• 施設ブログ• 他にも有名どころが何軒かありますが、 後日ご紹介します。 床の間側の部屋には出炉(でろ)に炉が切ってあり、 ここで茶会が行われることを伺わせます。

>

『焼津の至宝”温石”』by うどんが主食 : 温石

姉妹店の紹介• どっしり立派な 蓮根は、歯ごたえが抜群に良くて、表面のカリっと弾けるあられも秀逸。 料理はさすが焼津だけあって、 豊富な魚介をいろんな形で出してくれます。 和の神髄を見た!. 店舗の特徴の掲載• くぅー、最高! シンプルにミソと和えた 伊勢海老。 完全禁煙 貸切• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• まさしく京料理だ。 アスリートのように引き締まった ヒラメとやわらかく脂がのった 南マグロ。

>

『焼津の至宝”温石”』by うどんが主食 : 温石

全く生臭さを感じず、絶品。 亭主に先導されて暖簾をくぐり、狭い庭を歩いて奥の食事処に案内されるのですが、 その通り道は我々の到着に合わせたかのように、きれいに打ち水され、 ひんやりと涼しさが漂っていました。 トウモロコシがここまで化けるのかという驚きのシロモノです。 最後の写真はデザートのトウモロコシのムースです。 魚は何食べても美味しかったですね。 亭主が駐車場まで迎えに出てきてくれました。

>

焼津・茶懐石 温石

数寄屋造りの家屋が続く。 無料施設会員で使用できる機能• 店舗PRの掲載 有料施設会員で使用できる機能(予定)• やわらかくほどよい噛み応えの 「カルガモの治部煮」。 塩加減と日の通し方が絶妙。 もちろんそれ以外もめっちゃ美味しかった。 上にはイカスミで作った自家製のお塩。 タクシーが停まったのは、 本当に、料理屋なんぞあるんだろうか、と 心配になるような住宅街のど真ん中。

>

温石(焼津/和食)

座席情報の掲載• 静岡の「炭焼き鰻 瞬」も使っているし、 和食にとどまらずイタリアンや 関西のスペイン料理のお店ともコラボしたり。 5万円の違いは素材のグレードのようです。 改めて亭主のご挨拶があり、いよいよランチの始まり。 車を降りて、一同キョロキョロ。 静岡県内にサスエ前田魚店の魚を 使っているお店が何軒かある。 お刺身は2点盛。 門をくぐって奥へ進む。

>

『焼津の至宝”温石”』by うどんが主食 : 温石

やさしい出汁の味わいにほっこり。 求人情報の掲載• イトヨリダイと椎茸のお椀。 板前さんにタイラ貝なんて、初めて聞きましたと言ったところ、 わざわざ貝殻を持ってきてくださいましたが、そのデカいこと、デカいこと。 噛むまでもなく舌の上でとろけます。 刺身あり、お椀あり、最後のご飯は蛤でした。 まだまだ何品か出てきましたが、美味しさのあまり写真を撮り忘れてしまいました。 全面喫煙可• 大徳寺弁当 松花堂弁当 3,500円~ (税抜き) (お弁当は、お届けのみとさせて頂きます。

>