オーク 英雄 物語 忖度 列伝。 理不尽な孫の手の作品一覧

オーク英雄物語 忖度列伝

命令とあらば従うのが戦士の掟だ。 遠い遠い昔、神話の時代の物語を……。 簡単だ。 それが彼だ。 『オーク英雄物語 忖度列伝』は、ファンタジア文庫より第1巻が発売中。 種族の誇りと名誉を守るため、そして『童貞』を捨てるため、オークの英雄は嫁探しの旅に出る。 そんな状況で、妻にふさわしい極上の女を見つけてくるのは、並大抵のことではない。

>

「オーク英雄物語 忖度列伝」感想

「くぅ……俺もあの人みてぇになりてえぜ」 「バーカ、一生無理に決まってんだろ!」 「わかってんよ! でも聞いてみたかったな、今まで抱いてきた女の話……」 酒場の中から聞こえてくるそんな声を聞きながら、バッシュは小さくため息をついた。 「……お、俺、ちょっと行ってくる」 「馬鹿野郎! お静かにお酒をお飲みになられてんのがわかんねぇのかよ!」 「わ、わりぃ……そうだよな。 「探しにゆくのだろう、妻を」 「!」 オーク社会は乱交社会である。 「確かに、俺だって『ヒーロー』の話は聞きてえよ? それこそ、女の好みとかもさ!」 「ヒーローの女の好みかぁ……やっぱヒューマンかな?」 「ばっか! あの『ヒーロー』だぞ? ヒューマンやエルフなんて雑多な女、戦中に抱きすぎて飽き飽きしてんだろ。 これを止めて、何が王か。 今は戦争が終わり、条約もある。

>

オーク英雄物語 ~忖度列伝~[小説情報]

そう、オークは特殊な訓練を積まなくとも、30歳を迎えて童貞であれば、魔法が使えるようになってしまう。 童貞であることは、一生隠し通さなければならない事実だ。 全オークから尊敬されるバッシュは旅に出る。 腕っぷしが強いだけの一兵卒でしか無い。 今回はオーク嫌いの人間の美少女騎士にアタックしますが、その結末も良かったり。 普通、戦いが終わったら、女は持ち帰り、犯すものだった、ということに。

>

読書感想:オーク英雄物語 忖度列伝

人間たちは滅亡の危機を回避すべく「異世界から勇者を呼び出して世界を救ってもらおう」なんて都合のいいことを考えます。 一生の思い出として、宝箱にしまっておくかもしれない。 戦争後、地位も名誉もあるバッシュはただ一つ、手に入らなかったモノを探す旅に出ます。 全てを手に入れた彼が、未だに捨てられていないもの。 まさに相棒である。

>

オーク英雄物語 ~忖度列伝~[小説情報]

ハイファンタジー[ファンタジー] 短編• バッシュの家は、オーク国において、二番目に大きな家だ。 目覚めると、真っ白い部屋にいた。 無職転生 2016年クリスマス• だが、今はできない。 しかし紳士なバッシュの振る舞いはまさに英雄のそれで憧れるほどカッコイイ。 つまりオークの魔法戦士とは、『十数年も戦場に出ているのに、一度も勝てないぐらい弱く臆病な戦士』を指すのである。 あと2年、童貞で居続ければ、魔法が使えるようになってしまう年齢である。

>

「オーク英雄物語 忖度列伝」感想

そう、彼は戦いの申し子だったのだ。 オークの英雄として……いや、一人のオークとして、それを知られるわけにはいかなかった。 『英雄』の雄々しく堂々とした交尾を見ようと……。 全オークから尊敬されるバッシュは旅に出る。 「息子たちよ、少し席を外せ」 そして、周囲で食事を取っていた息子たちを、別室へと下がらせた。 これほどの思慮深さを持ち、配下思いで優しいオークは、他にはいまい。

>

楽天ブックス: オーク英雄物語 忖度列伝(1)

クリスマス、不埒なストーカーにナナホシカラテが火を吹く• 滅んだ方がマシだ。 その功績を讃えられ彼には『ヒーロー』の称号が与えられた。 その龍の傍らには、身の回りの世話をする少女がいた。 あるいは虫の居所が悪いと、若者をぶん殴っただろう。 「あなたのことを教えてほしい」。 彼の名はネメシス。 オークの英雄として崇められる自分が童貞であるということは、すなわちオーク全体の恥である。

>

オーク英雄物語 ~忖度列伝~

読了時間:約13分(6,095文字)• 読了時間:約636分(317,671文字)• 主人公のバッシュは12の種族が争った大戦で活躍してオークの英雄となった凄腕の剣士。 コメディー[文芸] 完結済:全5部分• ・もご確認ください。 オークの強者はこうでなければいけない。 オークの若者が欲しいと思うものの、ほぼ全てだ。 全オークから尊敬と信頼を集めるバッシュだが、実は大きな秘密を抱えていた。

>