東京 五輪 中止 決定。 衝撃文書入手…!東京五輪「21年の中止はすでに決定済み」(FRIDAY) 赤かぶ

【五輪】東京五輪が中止決定? 作家の本間龍氏ツイートが話題

米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』のクリストファー・ウォルシュ記者も「五輪中止」を否定しない。 感染者170万人、死者10万人を出しているアメリカの見立てはさらに厳しい。 代替の渡し方が決まる前に、中止を明言してしまったら、明言した瞬間に買収相手から報復される。 「復興五輪」と言いながら、むしろ被災地の復興の足を 引っ張っている。 ちなみにこの企業は、今年、五輪延期が発表される数週間前にも同様のレポートを作成。 実は筆者も、組織委内部の複数の方々から、現場はすでに来年開催は無理という意見が大勢を占めているが、理事・役員以上のクラスが聞く耳を持たず、開催に固執しているという情報を得ている。 税金の無駄遣いを無くすためにも、私は一日でも早い方が良いと思うが、現実的には、以前IOCのコーツ調整委員長が言及した、今年の10月頃ではと考える。

>

東京五輪2021年の開催決定か延期・中止かの決定はいつごろわかる?

財産権はすべてIOCに帰属。 コーツ調整委員長 左 はコロナの再流行をニラんで「10月に判断」と発言。 そんなところに、先進国の五輪委員会が選手を送り込むわけがない。 これもまた、組織委内部ではすでに撤収モードが始まっている証左だと考えていい。 早期に再開したいと述べた。

>

“コロナショック” 史上初の1年延期決定までの経緯

それでも、日本政府は就任したばかりの菅義偉首相の大号令のもと「コロナに勝った証に」と強行開催する方針を変えていない。 そのわずか2日後の3月24日。 新聞は戦中と同じ過ちを繰り返すんですか?」 これまで大手メディアには決して登場することのなかった 本間さんに、あらためて東京五輪の問題点に切り込んでもらった。 何しろ十年後では無く来年の話であるから、例えば昨日まで重病で入院していた患者に明日から働けと発破を掛けるようなもので、到底ムリ筋である。 現場は中止を望むが、森会長は神頼み 組織委の森会長は7月23日、デイリースポーツ紙のインタビューで「中止はまったく考えていない。 毎日神に祈るような気持ちだ」と発言。

>

「五輪中止」情報の真偽は? アメリカの動向がヒントに

それを半年程度でやろうとしているのだから、どれだけ無茶な話か分かろうというものだ。 この感じでいうとギリギリまで開催に向けて前向きにやっていくということですから中止などの場合はやはり 「2021年3月23日」あたりが最終決断の時かもしれませんね。 日本でも緊急事態宣言終了後の7月から全国で感染者が急激に増加しており、各種の世論調査で来年の五輪開催を支持する割合は2割程度という数字に。 Contents• 32年もただで開催できるわけなく、少子高齢化が進むなか、また莫大な税金が投入してまで日本で開催する必要は全くない。 あらゆるメディアが熱中症警報を出しても、毎年多くの犠牲者が出る。

>

【2021年】東京五輪の中止はありえない!絶対に開催される理由

表向きの大会予算1兆3500億円と都の関連経費を合わせれば 3兆円超。 「お・も・な・し」も契約上の義務。 コロナ禍が経済と国民生活を蝕み続けなお数千億円の追加費用を投じ 五輪を開催する正当性への疑問は膨らむばかりだ。 いずれにしても、下水には罹れば多臓器不全に至り易いコロナウィルスも排出されているから下水を調べろと言われるくらいだから東京湾の水質が問題になるだろうが、現状では与党財官集団は箱もの建設には膨大な公金を投入するが、縦割り行政の弊害もあり電柱の地中化を始めインフラ整備はとてもではないが先進国に追いついておらず、一年後に完璧に浄化された状態とはならないだろう。 アスリート達はそれに向かって自分を追い込んでいくのであり、体調を調整するために最低半年以上は必要だ、と語る選手達は多い。

>

東京オリンピック2020中止いつ決定?開催できる可能性は?

〈ほんま・りゅう〉 1962年東京生まれ。 つまり、更なる延期か中止にすべきということです。 本当に「ヤバい」と俗っぽい表現を使わざるを得ないほど、政治機能が著しく低下しています。 それでも米国のトランプ大統領はワクチン開発を「オペレーション・ワープスピード」などと呼び、11月の大統領選に間に合うかのような発言を続けていたが、9月8日、世界の製薬・バイオ企業9社が拙速な承認申請はしないという共同声明を発表した。 予算7千億円程度の「コンパクト五輪」のはずが、 会計検査院によれば、すでに大会経費として 国は1兆600億円を支出しています。 その経験をもとに、広告が政治や社会に与える影響を題材にした作品を発表している。

>