姉 小路 頼綱。 姉小路頼綱

安達氏

当夜、院給題の当座歌会 下2168ほか。 陸奥守と相模守は予め桟敷に待機し将軍の入御後に献盃の儀、続いて遠笠懸を観覧した。 『言継卿記』• 姉小路氏をはじめ飛騨国衆は特に武田氏・上杉氏の争いと相関し、・はとともに上杉方に属するが、7年()には三木氏・江馬輝盛と敵対するが武田方に属し、同年6月には武田氏の出兵を受け三木氏・江馬輝盛は降伏した。 23 「拾遺愚草員外」時雨亭文庫所蔵本の識語に「 写本云嘉禎三年九月廿三日以京極正本一校了」とある。 江馬氏との戦いで功のあったや、その牛丸氏侵攻の際には従っていた広瀬氏()など、かつては味方であった勢力も含め、鍋山顕綱と関わっていた勢力を姉小路宗家他との国人衆と共に次々と討ち滅ぼし、天正11年(1583年)頃には飛騨一国をおよそ手中に収めた。

>

姉小路信綱

讒言に惑わされ、細川真之とともに長房を討つ。 その「私的従者」であったことを想起させる事件が、頼朝の後継者・源頼家が正治元(1199)年7月に起こした安達景盛(盛長嫡子)の妾女強奪事件である。 自此後將家督的居城松倉城讓予次子秀綱,自己移居北方的高堂城。 姉小路家を頼綱から継ぎ、宣綱の名に改めたと考えられており、旧の勢力圏に配されていた。 閏4月 陸奥で源義経討たれる。 武将姓 武将名 政治 戦闘 采配 智謀 相性 寿命 義理 足軽 騎馬 鉄砲 水軍 威信 列伝 誕生年 登場年 内政特技 戦闘特技 基督 上洛思考 機種 口調 陣形 保守革新 職業 94 25 40 17 04 100 D D D D 無視 1560~1600 豊臣家臣。

>

吾妻鏡を読む 建長三年(1251年)

姉小路氏の飛騨統一と没落 [ ] 飛騨は領域を接する北部の川中島四郡においてのとのがを繰り広げており、また飛騨の南部には尾張国のがへ本拠を移し、領域を接していた。 は、頼れる綱としては最後に切れてしまったが、一生き残った末子・近綱は、のでの単騎での奮戦をに認められて旗本に取り立てられた。 他方で6年()3月に頼綱はに任ぜられた。 向宣政の正室は姉小路頼綱の次女であり、年代的に佐竹家に任官した後に室となったとされている。 父である姉小路良頼が中納言を自称し、頼綱はを自称した。

>

安達氏

このとき、 比企郡を請所とした主体は比企尼であることから、 比企郡は掃部允所縁の地ではなく、もともとは比企尼由縁の地であったことが想定されるのである。 南に面した御所の棟門(大型の屋根付き・御所南門か)まで燃えたが奇跡的に御所までは広がらなかった。 このように信長と誼を通じる一方で、元亀3年()にはの要請に応じてに出兵し、に通じる姿勢も同時に示した。 小島城攻防戦において行方不明。 に入って京極氏の支配が緩むと、三木氏は次第に力を付け始めてのときに飛騨を支配する戦国大名にまで成長した。

>

姉小路頼綱

中宮璋子(のち待賢門院)の家司。 藤原惟方 1125-? 験者らには褒美として各々に絹の織物一式と野剣(野太刀・実戦用の太刀)と馬一匹を与えた。 その後、生き残った安達氏は復権し、北条氏の縁戚として幕政に参与するものの、鎌倉幕府の滅亡とともに一門の多くが消えていった。 1224 元仁元 (63歳) 〃 この年、 「権大納言家五首」を詠む 下2089ほか。 10月 俊成、「右大臣兼実歌合」で判者を務める。 小一条流の子であるが京の姉小路に居を構えた事から、子孫が姉小路を称する事となった。

>

姉小路家とは

この本に「堀河題百首」は収録されていないので、定家が「員外」に「堀河題百首」を増補したのはこの日以後か。 また、頼綱によって飛騨を追われた・・・を扶持し、彼ら飛騨牢人衆に飛騨侵攻の準備をさせている。 8月 為家、「千首和歌」を詠ずる。 『言継卿記』• 「18歳の時、高山外記と山田紀伊守を自ら討取った又は手討ちにしたとされる」• 「元亀元年の上洛により若くし、朝廷・将軍と各大名と謁見し、価値観が大きく分かった事と、親族であるの結びつきに傾倒していった事は間違いないとされている」• 織田信雄が率いる伊賀平定軍を鬼瘤砦にて撃退するなど、織田家に対し最後まで徹底抗戦をした。 これにより三木氏の勢力は益田郡・ に及ぶ事となった。 美濃斎藤氏当主扱いとして斎藤利治と留守居の斎藤利堯は、飛騨街道入口の加治田城を領地として治めていた。 越中を山側から攻略するためにも、通路である飛騨国を治めている姉小路氏が同盟軍である意味は織田家にとって大きかった。

>

『信長の野望烈風伝』武将総覧

12月 「左大将家冬十首歌合」に列する 下2330~2337,2450,2546。 この年、孫の生れる。 4月にはでに拝謁し、任官の御礼をした。 松倉在城。 南方の美濃国方面に対しては、の老臣となっていた親族のと連絡を取り、互いに敵対しないように努めていた。

>