東京 都 医師 会長。 東京都医師会・尾崎会長「Go To」広範囲での停止を求める/芸能/デイリースポーツ online

東京都医師会・尾崎会長「年末が正念場」 医療従事者が疲弊では「医療守れない」(THE PAGE)

東京、大阪、愛知、北海道などの感染者が多い地域だけに対応するのではなく「一気に全部を抑えないと感染の広がりは止まらないと思います」と見解を示した。 👆理事長が奥様、院長が尾崎治夫先生です。 「このままでは医療崩壊につながる」と危機感をつのらせていた。 「Go To」が感染再拡大の原因かどうかについては明言を避けたが「『Go To』をきっかけに人の流れが増えてきた」ときっぱり。 記者会見やフェイスブックでの情報発信により都民の皆さんの認知も広がってきているように思われますが、現在東京都医師会では、地区医師会や大学医師会、都立病院医師会、東京都病院協会との連携のもと、東京都に全面的に協力して、総力を挙げて新型コロナウイルス感染症対策に当たっています。

>

東京都医師会・尾崎会長「年末が正念場」 医療従事者が疲弊では「医療守れない」(THE PAGE)

東京都内で新型コロナウイルスに感染して入院している人は8日時点で1850人で、都が確保した新型コロナ用の病床の約7割が埋まっています。 新型コロナウイルスの感染防止対策をとっていることを示す、 都のステッカーを掲示した店で集団感染の発生が明らかになるなか、東京都はステッカーを掲示している繁華街の飲食店を中心に、対策がとられているかどうか確認を進めることになりました。 (略) 京浜安保共闘では戦友たちと活動し、毛沢東の著書を読み漁った。 PCR検査体制のさらなる充実、医療提供体制の充実にも引き続き力を注いでいきます。 マルクスなど他の本は処分したけど、毛沢東だけは今も蔵にあります。 まるで活動家のような、歯切れの良い政府批判が、メディアに大うけし、露出を増やしている。 国会をひらき、国がすべきことを国民に示し、国民、都民を安心させてほしい」と早急な対応を訴えた。

>

「GoTo」広範囲での停止を 東京都医師会会長がコロナ巡り危機感

そして、「これ以上感染者や重症者が増えれば、コロナ患者も一般患者も両方守れない、そういう状態が近づいている。 会見見ました。 お金は感染者が増加したら、診療費としてそちらに行ってしまうのに。 「休業のお願いという(従来の)形のままだと日本全体が感染の火だるまに陥っていく。 尾崎会長は、東京だけでなく愛知、大阪、福岡、沖縄でも感染者が急増していると指摘。 お願いします! (出典 NHK) 引用元 政府の観光業等の振興政策を皮肉った尾崎氏。

>

暴走!東京都医師会長の尾崎氏のアナキストのような政府批判に、平井文夫解説委員が「尾崎氏の主張は、政府が5か月前に盛り込もうとしたが野党が反対して断念したもの。今更言うのは変!」と批判!

それがステッカーだ。 新型コロナウイルスの感染拡大が「第3波」とされる中、尾崎氏は、以前は感染者0の県もあったが、現時点ではほぼ全国的に感染者が出ていることに注目。 しかし、メディアの前で繰り広げる舌鋒の鋭さは消え去っていた。 新型コロナウイルス感染症をめぐって、テレビをはじめとしたメディアから大人気となっている人物、東京都医師会会長の尾崎治夫氏だ。 尾崎会長は、中高年層の感染者が増加しているとし、「入院患者も高齢者が増え、入院期間が延びている。

>

東京都医師会会長「GoToトラベル停止を」|TBS NEWS

東京都医師会の尾崎治夫会長は8日、都内で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う入院患者の増加を受け、「コロナ患者も一般患者も両方守れない状態に近づいている」と述べ、強い危機感を示した。 東京都医師会は医療現場を守るために都民ができるのはマスクの着用や3密回避など、基本の対策を徹底することだと強く訴えています。 政府の観光支援事業「Go To トラベル」をめぐり、東京発着の旅行の自粛を高齢者らに呼び掛けていることに関しては、「全ての年代で人の移動を止めることが効果的だと思っているので、私としては残念だ」と述べた。 特措法を改正し、法的拘束力がある休業要請、そして補償をすることを求めているのだが( )、この尾崎氏の主張に対して、フジテレビの解説委員である平井文夫氏が、鋭く切り込んだ。 熱中症対策、麻疹・髄膜炎をはじめとする感染症対策、外国人医療、災害・テロ等の様々な対策を東京都、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会等とともに築いてきた東京都医師会としても大変残念なこととなりました。

>

東京都医師会会長「GoToトラベル停止を」|TBS NEWS

しかし、言いっ放しということは、責任ある東京都医師会会長としての立場からも、許されるものではない。 敵を叩くのは今しかないです。 第一波の時のように、連休中の気の緩みを再び繰り返してはいけないと思います。 年末が1つの正念場だ。 感染拡大は、10月から東京が「GoTo」の対象に追加されたことが影響したとの見方を示した。

>

東京都医師会会長「GoToトラベル停止を」|TBS NEWS

絶対にコロナにかからない生活に心がけていただきたい」と訴えた。 東京の新型コロナの入院患者は1850人にのぼっていて、都が確保したとする病床の7割がすでに埋まっています。 「すごく危ない状態になってますから、ここで一度、人の流れを止める」と提案した。 尾崎治夫会長は「良識のある国会議員のみなさん、コロナに夏休みはない。 東京都医師会会長の尾崎治夫医師が29日、フジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」に出演し、国の観光支援事業「Go To トラベル」についての考えを明かした。 若い方から年配の方まで、是非、コロナは怖いんだ、コロナにかかるとみんなに影響が出るよ、と(認識を共有してほしい)。 新型コロナウイルスに対しての専門的な知見を披露し、啓発すると思いきや、そんなことはなかった。

>

東京都医師会会長・尾崎治夫氏。元極左活動家とされる弟に対して苦しい弁明。政府批判に明け暮れるのではなく、専門的知見を披露してください。

(略) (出典 日テレNEWS24) 引用元 平井氏の言う通りだ。 しかし、尾崎氏は、兄に週刊誌の取材が来ていることを知ると、先に自らが情報発信の場として、頻繁に利用しているフェイスブックで、兄の事について語った。 東京都医師会の猪口副会長は8日の記者会見で、このまま感染者が増え続ければ「一気に8割、9割に達する恐れがある」と話しました。 そんな歯切れの良い尾崎氏が、奥歯に物が挟まったような物言いをしていることがある。 医療現場担当者の声が、政府には届いてほしいです。

>