代理 人 選任 届。 代理人選任届(印鑑登録代理人申請用)一覧|射水市

印鑑登録|入間市公式ホームページ

(3)回答書をお持ちいただいてから、印鑑登録証(カード)のお渡し、併せて印鑑登録証明書の発行ができるようになります。 登録人と代理人それぞれの本人確認ができるもの(上記表参照)• 委任状(代理人選任届)を代筆できる条件 本人が代理人に手続を委任する意思があること 「本人が代理人に手続を委任する意思があること」 これが最も重要になります。 申請の受付をした後、照会書をご本人宛に郵送しますので、「申請者本人が所定の事項を記入し、登録する印鑑を押印した回答書」と「申請者本人及び代理人の本人確認書類」を持参し、再度窓口へお越しいただくことになります。 市民課または各支所で申請を受理すると、本人を確認するため照会書・回答書を本人宛に郵送します。 代理人が登録申請をする場合 (注)即日登録はできません。 委任状(代理人選任届)の代筆 本人が字を書くことができない場合はで 一定の条件を満たした場合は、委任状(代理人選任届)を代筆することができます。

>

印鑑登録|入間市公式ホームページ

本人が委任状(代理人選任届)を作成できない 市区町村役場での行政手続を行おうとした場合、本人が怪我や病気で字を書くことが困難な場合はどうしたらいいのでしょうか? 通常であれば、本人が委任状(代理人選任届)を作成し、受任者(代理人)に預ければ代理人が代わりに手続をとることができます。 印鑑証明書の発行を受けるためには、あらかじめ印鑑登録をしておく必要があります。 手数料 印鑑登録証明手数料:1件200円 印鑑登録証交付手数料:1件200円• 最初の印鑑登録申請時には、印鑑登録証明書は発行できませんので、お時間に余裕をもって申請してください。 代理人の本人確認書類 運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど 代筆者の本人確認書類の写し 運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなどの写し その他 手数料など、それぞれの手続きに必要なもの 委任状(代理人選任届)の様式や用件について 上記に掲載した記入例も必要な記載事項は盛り込んでいます。 代理人に交付を依頼するときは、印鑑登録証を預け、ご自身の氏名、住所、生年月日をお伝えください。 印鑑登録ができるのは、千葉市に住民登録をしている方です。 申請書様式• 回答書による方法 (注)即日登録はできません。

>

本人が委任状(代理人選任届)を書けない場合~委任状の代筆~

(申請日に印鑑登録証の交付はできません。 登録する印鑑• ) 必要なもの• 登録する本人が窓口に来る場合 (1)運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行されたもの)、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書など、官公署発行で写真が貼付され、浮出プレスまたは割印等のある身分証明書をお持ちの場合は、即日登録ができます。 ) (補足)回答書の提出場所は、水戸市役所市民課、赤塚出張所、常澄出張所、内原出張所いずれかの窓口にお持ちください。 窓口に申請書を提出していただいた後、本人宛に照会書を発送します。 印鑑登録申請書中の保証書欄に、市内で印鑑登録をしている方が必要事項を記入し、登録してある印鑑を押印することにより、印鑑登録をしようとする方が本人に相違ないことを保証していただきます。 印鑑や印鑑登録証をなくしたとき 登録してある印鑑、または登録証をなくした場合は、お持ちの印鑑、または登録証を添えて、早急に亡失届を提出してください。 委任状(代理人選任届)が必要です。

>

印鑑登録に対する代理人選任届|相模原市

Contents• 即日登録はできません。 「病気で手が震えて字が書けない」「身体の障がいで字が書けない」などの理由は 受理される可能性が非常に高いです。 (刑法第159条第1項) 本人が委任状(代理人選任届)を記載できないやむを得ない理由があること 「本人が忙しい」「本人が出張している」などの理由は 受理されない可能性が非常に高いです。 もし、本人の意思に基づかず作成された委任状(代理人選任届)は無効です。 代理人選任届は、登録申請者が全て直筆(手書き)してください。

>

委任状、代理人選任届の書き方/白岡市

登録印鑑は1人1個で、共用はできません。 代理人選任届(登録人が自署・登録する印鑑を押印したもの)• 登録する印鑑• 登録する印鑑• 代理人による印鑑登録 ご本人が窓口に来られない場合、「代理人」による印鑑登録をすることができます。 登録人と代理人それぞれの本人確認ができるもの(上記表参照)• 印鑑登録の代理人申請の場合に、この代理人選任届、登録される印鑑と代理人の認印をご持参ください。 ご記入の際は、この届出書の上記部分の注意事項及び裏面(2ページ目)の記載例を参照ください。 または一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの。 ページ番号1011494 印鑑の登録を受けようとする人が疾病その他やむを得ない事由により、自ら申請することができないとき、代理人により申請することができます。

>

本人が委任状(代理人選任届)を書けない場合~委任状の代筆~

代理人の印鑑 申請場所 印鑑登録のお手続きは、以下の4か所のみです。 印鑑登録証明書の交付もできません。 代筆者記載の場合の、委任状(代理人選任届)を受理するかどうかは飽くまで、各自治体の判断にゆだねられます。 (注)代理人選任届については、下記のデータを出力しお使いいただくか、便箋等に記入し、作成してください。 保証書による方法 申請する印鑑と健康保険証等、本人確認できるものの他に、市内で印鑑登録をしている方が保証人となって記載した、印鑑登録を受けようとしている方が本人に相違ない旨の 保証書(登録済印押印)を、本人が持参し、申請してください。 登録する本人が窓口に来られない場合 代理人が印鑑登録をする場合は、文書照会となります。

>

本人が委任状(代理人選任届)を書けない場合~委任状の代筆~

また、印鑑証明書も当日に発行可能です。 委任状が必要な場合 ・住民票の写し等の請求 本人、同一世帯の人以外が代理で申請する場合 ・戸籍謄抄本の請求 本人、同一戸籍、直系尊属・卑属の人以外が代理で申請する場合 ・住民異動届(転入・転出・転居の手続き) 本人、白岡市で同一世帯の人以外が代理で申請する場合 ・身分証明書、独身証明書の請求 本人以外の方が代理で申請する場合 代理人選任届が必要な場合 ・印鑑登録 本人以外の方が代理で申請する場合 代理人選任届には登録する印鑑(実印)を押してください。 そのときに印鑑登録証及び印鑑登録証明書の交付が受けられます。 回答書(登録人が署名し、登録する印鑑を押印してください。 代理人が窓口に申請書を提出していただいた後、本人宛に照会書を発送します。 関連情報• 代理人選任届(登録人が署名・登録する印鑑を押印したもの)• 詳しくは電話で確認していただくか、直接お近くの各区区役所区民課・まちづくりセンターまたは出張所の窓口でお尋ねください。

>

印鑑登録|入間市公式ホームページ

代理登録の流れ 1回目にお持ちいただくもの• 申請書• 登録する本人が照会書中の「回答書」欄及び「代理人選任届」欄に必要事項を記入・登録する印鑑を押印したものを、代理人が健康保険証や年金手帳などの本人確認書類(印鑑登録する本人及び代理人のもの)と代理人自身の印鑑(代理人が署名する場合は不要)・登録する印鑑と共に窓口に持参ください。 市民課または各支所で申請を受理すると、本人を確認するため照会書・回答書を本人宛に郵送します。 代理人による印鑑登録手続きには日数がかかりますので、余裕を持ってお越しください。 照会書中の「回答書」欄に必要事項を記入・登録する印鑑を押印して、健康保険証や年金証書などの本人確認書類と共に窓口に持参してください。 委任状(代理人選任届)は各区市民総合窓口課・市民センターにあります。 この場合に必要になるのが代理人選任届です。 登録できる印鑑 1辺の長さが8ミリメートル以上で25ミリメートル以下の正方形に収まるもの すぐに減ったり変形しない材質で、欠けていないもの 正しい氏名(氏、名もしくは通称等(登録済のもの))を表しているもの (注)職業やそのほかの模様のあるもの、指輪印や逆彫りなどは登録できません。

>