茂野 桃子。 茂野桃子について メジャーアニメ

茂野「本田が死んだンゴ…せや!桃子先生奪ったろ!」

三船東中学に転入し、小森・沢村・薫と再会。 また、コジローや松井と対戦したいがために代表入りに拘ったことで根本からは快く思われていなかった。 手術も成功した。 これにより、積年の問題だった変化球は解消し、投球の幅も広がった。 右投右打。 若手選抜では3番(アニメ版では2番)として出場する。

>

MAJORの吾郎モテすぎワロタ : オリックス速報@なんJまとめ

しかし、肝心の試合では寿也に4番の座を奪われ、自身は5番だったことに大変ショックを受けていた(寿也に言われるまで自身が5番であることに気付いていなかった)。 走塁 作中で「足の速さ」について直接言及された描写は一切ない。 俺はいつだって、永遠の野球少年だぜ。 中学3年生時、県大会3回戦(友ノ浦中学戦)• 情熱や熱意で周囲の人間に良くも悪くも影響を与える。 吾郎が3歳の頃に病気で亡くなられた。 『マイナー編』での長期にわたる猛特訓を経て、右腕時代と遜色のないレベルにまで達していく。 その後、乾を相手打者とした投手適性試験で、ただ一人乾をに打ち取るも、責任者・周防に「海堂のマニュアルに反する」と自身の投球スタイルを否定され不合格にされてしまう。

>

茂野吾郎

キレのいい眉毛とタレ目が特徴。 その後、眉村率いる海堂に敗れた際、吾郎が「親父の言うキレは何一つ通用しなかった」と言った際には「(サウスポーに転向してすぐに結果が出ないからといって)野球を舐めているのか?」と厳しく諭し、吾郎が海堂に行くきっかけを作る。 W杯編では、安藤監督の家で三船リトル当時のメンバーと決勝をTV観戦した。 しかし、吾郎が監督である宇佐美の父が球太に対する指導が行き過ぎている事を指摘した事をきっかけに、彼等も吾郎達共々監督を睨んで球太を助けた。 ストレートはよく打たれるらしい。 投打ともに豪快な野球が持ち味であった父とは対象的に、三船ドルフィンズ時代は犠打やプッシュバントで次の打者に繋げることを中心とした、小技主体のスタイルに取り組んでいた。 映画版でもわずかに登場し、北九州リトルに打ち込まれる。

>

茂野(星野)桃子の名言【メジャー】

: 名無し : 2018-07-22 11:16:33 ID: MGViMzhm 急激に劣化って、この歳での8年と若い頃の8年じゃそら違うわ そもそも8年って相当な年月やろ• プレイスタイル 怖いもの知らずな性格どおり投球も大胆不敵で、力ある()一本で相手をねじ伏せる。 吾郎がメジャーに挑戦し「56」の背番号が書かれているユニフォームを渡された際には喜んでいた。 アニメ版では台湾に旅立つ時にグラブを大吾に渡す場面が描かれたり、海外から寿也に電話する場面が描かれたりするなど序盤から登場し、最終話では光の負傷で落ち込む大吾を元気づけようと試行錯誤したり田代らにドルフィンズでの大吾の様子を聞くなど原作より出番が増えている。 特待生として海堂高校に入学。 現役引退して日本に帰って来てからは吾郎の頼みで大吾のコーチを務め、後に睦子の打撃指導も行っている。

>

【MAJOR】茂野桃子さんの人生wwwwww

試合でも勝利を第一に考えるが、秋季大会での三船リトルには、選手層で有利ながら控え戦力の温存を図りハンデ戦へ持ち込んだため、相手ナインの奮起を招いたことで負けた。 しかし1人で勝つことに執着してしまい、他の生徒は野球に縁がなく消極的で、実際に横浜帝仁高校と練習試合するも捕手が薫だったことで田代は吾郎の球を「誰がその剛速球を取るのか」と文句を言われ、途中から藤井が付くが素人だったが故に手を負傷してしまい、捕手経験のあった田代がマスクを被った。 User Menu• 野球部顧問 声 - 西中野球部の監督を務める。 自身もキャプテンとして一皮むけることができたようである。 吾郎が三船ナインと別れてまで茂治がいた横浜リトルに入団しようとしていたことに桃子から相談を受けて諭したり、肩を痛めているのに安静にせず練習を続ける吾郎を叱る、吾郎が右肩を壊した際に左投げ転向を薦める、聖秀対海堂戦では仕事を切り上げ観戦に訪れ桃子を励ます、親を気遣いメジャー行きを諦めようとする吾郎を送り出す等、様々な場面で茂治に代わり重要な役割を果たしている。

>

茂野(星野)桃子の名言【メジャー】

アニメ版ではキャプテンに指名された当初は自分の実力から就任に消極的であり、野球部を退部してシニアへの移籍を考えていたが、吾郎や大河の経験を聞いたことで徐々に考えを改め、吾郎にコーチを依頼したことが語られた。 として加入した吾郎はチームメイトのサンダースと共にチーム内の意識改革を進め、3Aのリーグ優勝を果たす。 打てそうで打てない速球と変化球の緩急で勝負する技巧派、寿也曰く「一番攻略しにくいタイプ」で、米倉に「図太いマウンド捌きはうろたえることを知らない」と評されている。 好きな曲はの。 吾郎が高校時代に聖秀高校の練習で練習相手として吾郎を助けたりします。 右投右打。 普段は穏やかだが、毅然とすべき時は厳しい態度を示す気丈さも持ち合わせている。

>

茂野(星野)桃子の名言【メジャー】

国分 篤(こくぶ あつし) 声 - 二塁手。 帰国後薫にプロポーズし、その数年後に結婚。 野手 [ ] 走攻守の三拍子そろった。 アニメ版では、日本代表チームとの試合に2番手で登板。 吾郎らがチームを卒業した後、1年生ながらキャプテンを任される。

>

【MAJOR 2nd】息子世代の物語!登場人物紹介!

その後、のクラブチームとグラウンドの使用権を賭けて草野球チームと戦うが敗北。 W杯編では、安藤監督の家で三船リトル当時のメンバーと決勝をTV観戦した。 見た目がかわいいのはもちろん、ソフトボールに打ち込む活発さと、吾郎を想い続ける一途さに加え、何気にスタイルまで良いという万能女子な割に、長い間想い人の吾郎に意識してもらえずにいた苦労人。 しかし、作中ではこのプレーの記録については言及されていない。 背番号 8。 君が投げるのは無理だが」と見学に誘われ練習を見ると根本の球を「コジロー専属だからもっと凄い人だと思ったら所詮バッティングピッチャーの球」と馬鹿にしたことでコジローから自分に投げるように命じられる。 頭脳については、勝負事での駆け引きと閃きでは上手く発揮することができるが、学校のはかなり苦手らしく、高校の学科試験前にに勉強を見て貰ったものの、野球と違い全く集中力が見られなかった。

>