アルキメデス の 大戦 舞台。 鈴木拡樹舞台「アルキメデスの大戦」チケット先行は?上演日程や劇場は?キャストや配役は?

鈴木拡樹の主演で『アルキメデスの大戦』が舞台化/2020年6月からシアタークリエで上演

その選り分けをすることで人物像が見えてくるんじゃないかな。 こういうお話は稽古場に入るまであまり聞けないので……。 そんな中、航空主兵主義派の海軍少将・山本五十六は、海軍少将・嶋田繁太郎と対立。 しかし、平山忠道技術中将が持ちだした巨大戦艦の模型に、派の少将は感嘆し、大臣も魅了される。 軍部の陰謀を暴こうと動き出す。 嶋田少将に連なる戦艦派の士官であり、高任中尉からの依頼で櫂たちにスパイ嫌疑をかけてその行動を徹底的に妨害しようとする。 藤岡喜男:• 国の重要文化財および近代化産業遺産。

>

『アルキメデスの大戦』を舞台化! 主人公・櫂 直役は鈴木拡樹さん!!

小石川 達郎(こいしかわ たつろう)造船大尉 海軍技術研究所の平山忠道の部下。 日澤:しかも、めちゃくちゃに複雑な数式を書いてるからね。 岡田准一主演の『永遠の0』や浜辺美波主演の『咲-Saki』、剛力彩芽主演の『女囚セブン』の撮影地になったことで知られています。 海軍軍重鎮の中では比較的先進的な発想を持つ切れ者とは言えるが、その思考は海軍軍人としての枠を出るほどとは言えず、迫りつつある世界大戦の嵐を切り抜けるにはまだ不十分なところがある。 永田鉄山と親しく、几帳面かつ面倒見の良い反面、細かい部分で抜け間のなさを発揮する人物。

>

アルキメデスの大戦 : 作品情報

。 今までになかった視点からの戦争もの。 より海軍航空廠の新型戦闘機開発への協力を要請され、その際に海軍の一主計少佐でありながら異能の天才として腕を振るいつつある櫂について知らされ、強い興味を示す。 これは恐らく1934年に起こった 水雷艇3番艦・友鶴(ともづる)の転覆事件が元ネタでしょう。 エリック・ガードナー ルーズベルトの腹心としてハーバード大学から招聘された経済学者。 書誌情報 [ ]• そこで、櫂が見ても納得のいく新時代の戦艦の技術的条件を聞き出すことを思いつき、あえて(自分達が設計したほうの)大和の建造計画の破棄を決断して見せることで櫂を油断させた上で「世界最大・最強の戦艦・大和」の具体案を聞き出すことに成功し、櫂の卓越した天分にさらに惚れ込むと同時に、櫂をも納得させるほどの画期的な設計案をその櫂自身から聞き出したことでついに建造すべき大和の具体案を知り、ほくそ笑む。 2020年8月5日発売 、• レアな景色に出会えてきゅん。

>

鈴木拡樹主演の舞台『アルキメデスの大戦』メインビジュアル公開│エンタステージ

日澤:数学の理論も作品の醍醐味ですし、櫂と田中が戦うためにどうやって困難を乗り越えて手がかりを獲得していくかというのが、劇中での2人の旅になると思う。 キャスティング:梅本竜矢• 階級は海軍大将。 スクリプター:阿保知香子• でも確かにあの激しい議論の中で自分という存在の意味を見つけ、それを捧げていく櫂直の姿は舞台という場所ではさらに純度を増していくのかもしれないという予感があります。 櫂を補佐する海軍少尉・田中正二郎や尾崎財閥の令嬢である尾崎鏡子の協力によって、平山案に隠された嘘を暴く数式にたどり着くまであと少し。 演じる上では、(会議のシーンは)アクションに置き換えて考えられるところもあるのかなと。

>

チケット&スケジュール|シアタークリエ『アルキメデスの大戦』

2018年7月6日発売 、• 嶋田からの厳命で櫂の手にした新型戦艦設計図の奪取と破棄の機会を伺い、旅館の女性を脅迫して櫂の所持した戦艦の設計図を奪い、焼き捨てようとしてニセモノを掴まされてしまう。 横浜港ロケ地() (昭和20年)、の巨大戦艦は、アメリカ軍のとによる。 カラーグレーダー:齋藤精二• 櫂とは基本的に対立する立場だが、その一方で櫂の対米全権大使任命については当初は反対しつつも、最終的には承認するなどその能力を評価している面もある。 山本からの評価も高いが、一癖ある人物と知られており、航空廠が成果も挙げられず海軍内での評価も低いため、部下達とともに昼間から酒と博打にうつつを抜かしている。 舞台『アルキメデスの大戦』は2020年6月30日(火)から7月16日(木)までシアタークリエで上演される。 マンガでは戦艦のことを「まるで人がつくりあげた大きな怪物だ」というような言葉があるのですが、その感覚を舞台上でどうやって表現できるのか、すごく難しい。 アルキメデスの大戦 ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル ヤングマガジンKC 発表号 2015年52号 - 発表期間 11月21日 - 巻数 既刊22巻(2020年11月現在) - プロジェクト ・ ポータル ・ 『 アルキメデスの大戦』(アルキメデスのたいせん、: The Great War of Archimedes)は、によるの、およびそれを原作とした実写版映画。

>

チケット&スケジュール|シアタークリエ『アルキメデスの大戦』

いつもは体を使ってアクションをやっていますが、頭脳での攻防戦といいますか。 後に日米交渉にも参加する。 主演を務める鈴木は「2019年夏に映画化され話題となったこの作品。 丹原康介とは親友であるが、満州を巡っては欧米との協調路線をとる丹原と対立することもある。 で疲弊し、追い詰められていたドイツを再建へ導き、熱狂的な支持を集める一方、敵には容赦のない苛烈さと果断さで恐れられてもいる。 ピリピリする感覚がとても刺激的だなと思いました」. その直後に想い人の櫂が独り身になったことを知るも、もはや他の男に嫁ぐしかなくなった我が身に涙する。 櫂に自らの最先端の知識も伝授したあと、間近に迫ったユダヤ人隔離政策から最愛の家族である兄を守りたいと願い、その亡命を櫂に依頼する。

>

鈴木拡樹主演で『アルキメデスの大戦』舞台化!共演に宮崎秋人ら、舞台原案は山崎貴│エンタステージ

しかし櫂の立案した渡洋爆撃による上海の物資集積所への空襲に同行した際、中国軍戦闘機の攻撃により機銃弾を受けて致命傷を負う。 その目論見通り一旦は米国側を怒らせ、交渉を打ち切りにさせるが、側近のの工作で東条を見限って、対米交渉成功を自分の手柄にすることを考え、交渉再開に軽い気持ちで同意するが、アメリカ側の招待を受けて、当時としては世界最先端の都市であるニューヨークを見学し、アメリカの持つ底力をまざまざと知らされて対米交渉の失敗が日本の運命を暗転させかねないことを察し、櫂に協力的な姿勢を取り始める。 櫂直:• また、その欠陥の改修について、嶋田少将から「完璧を求めずとも」と催促されても、「事故を起こす危惧がある以上、万全を期す」と断り、嶋田の人命軽視とも取れる発言には「兵員たちの命を何と考える」と内心では怒りを示している。 実際に国内外への客船の発着ふ頭になっていますので。 表向きは合理性を否定し精神力を優先する頑迷な軍人のように見えるが、信念はなく自分の保身と出世を優先する機会主義者。

>