ホンダ e ドイツ カーオブザイヤー 受賞 日本 車 初。 【車】ホンダ、日本車初の快挙! 電気自動車の「Honda e」がドイツでイヤーカー受賞 [ばーど★]

ホンダ、日本車初の快挙! 電気自動車の「Honda e」がドイツでイヤーカー受賞 : くるまにあ速報

918• 日本では10ベストカー入りを逃す このように話題性の高いホンダeだが、日本のカー・オブ・ザ・イヤーでは全45台のノミネートカーに選ばれるも、最終選考に残る10ベストカーには漏れてしまった。 ただ、これは街乗り用を想定してあえて割り切ったものだという。 00 ID:FC4AGbxy0 航続距離以外はよくできてる印象。 走りにおいて注目すべきは抜群の小回り性能と高速コーナーでのスタビリティを両立させていることでしょう。 102• 新型『ゴルフ』は、ベース価格が2万5000ユーロ以下のコンパクトカーで競うコンパクト部門において、ベストカーの称号を獲得した。 街なかベストを旗印に、わざわざ後輪駆動の専用プラットフォームを生み出した。

>

ホンダe、ドイツカーオブザイヤー受賞…日本車初(レスポンス)

ドイツで大賞に輝いたクルマが本家の日本では予選落ちというのもやや納得がいかないが、これには各国の自動車事情も大きく関わっている。 144• 4 kWチャージャーの場合、フル充電はおよそ4時間だ。 ホンダモーターヨーロッパの奥田 克久社長は、「ホンダeがドイツカーオブザイヤーを受賞した最初の日本車になることは大きな名誉であり、この賞を受け取ることを非常に誇りに思う」と述べている。 3mに抑え、市販車としてトップレベルの小回り性能を備えている。 レスポンス 森脇稔. こうして考えると、Honda eが日本車として初めてGCOTYのイヤーカーに選ばれたというのも納得です。

>

【車】ホンダ、日本車初の快挙! 電気自動車の「Honda e」がドイツでイヤーカー受賞!!: ネタめし.com

ホンダeの欧州仕様車には、モーターの最大出力が136psと154psの2種類のチューニングが設定される。 家庭用の出力2. 1640• この方向性があることは分かるが、あまりに露骨だろう。 1633• クルマのミライ 電気自動車と競い合ってドイツ・カーオブザイヤー受賞。 528• [外部リンク] 元スレ:[]. ホンダモーターヨーロッパの奥田 克久社長は、「ホンダeがドイツカーオブザイヤーを受賞した最初の日本車になることは大きな名誉であり、この賞を受け取ることを非常に誇りに思う」と述べている。 125• 3」 ・それ以上のラグジュアリー部門:「ポールスター2」 ・ニューエナジー部門:「 ホンダ e」 ・パフォーマンス部門:「BMW アルピナ B3」 今回も数台の日本車がノミネートされていたが、中でも「 ホンダ e」と「マツダ MX-30」がニューエナジー部門で注目された。 463• 1kgmを引き出す。 日本車が同賞を受賞したのは、初めてという。

>

Honda e、ドイツのカーオブザイヤーを日本車として初受賞したワケは?

またインパネ回りも驚きだ。 373• 114• 3mに抑え、市販車としてトップレベルの小回り性能を備えている。 ホンダeは、ニューエナジー部門のトップとなり、その後の最終選考で、大賞のドイツカーオブザイヤー2021に輝いた。 最新モデルに試乗して、使いやすさや運転特性、革新のレベルなどに応じて、ランク付けする。 そんな国のカー・オブ・ザ・イヤーの特徴は、「コンパクト」「プレミアム」「ラグジュアリー」「ニューエナジー」「パフォーマンス」と5つのカテゴリに分かれており、各部門賞をそれぞれ1台決定。 190• 558• 重厚長大な100kw級大型バッテリーEVが望まれながら、その値段は中型バイク未満である事がネラーの理想とされるEV。

>

ホンダe、ドイツカーオブザイヤー受賞…日本車初(レスポンス)

さらにその5台の中から1台が大賞に選ばれるという仕組みだ。 おかげで今年も フェイスリフト も含め80台近い 候補車 に試乗しなければならないという、嬉しくも大変な目にあっているが、 コロナ の影響もあって移動が制限され、全ての ニューモデル を テスト できなかったのは非常に残念だった。 3やポールスター2といったモデルがありますから、BEVというだけで下駄を履かされて受賞するという状況でもないわけです。 そんな国のカー・オブ・ザ・イヤーの特徴は、「コンパクト」「プレミアム」「ラグジュアリー」「ニューエナジー」「パフォーマンス」と5つのカテゴリに分かれており、各部門賞をそれぞれ1台決定。 私は数少ないノン・ジャーマン選考委員として末席を汚している。 そんな中で明るい話題が飛び込んできた。 出力100kWの急速充電を利用すれば、30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。

>

【車】ホンダ、日本車初の快挙! 電気自動車の「Honda e」がドイツでイヤーカー受賞!!: ネタめし.com

欧州の電動化トレンドをリードするドイツにおいて、Honda eがカーオブザイヤーを受賞したということは、日本においても高く評価されるべきといえるでしょう。 日本では10ベストカー入りを逃す このように話題性の高いホンダeだが、日本のカー・オブ・ザ・イヤーでは全45台のノミネートカーに選ばれるも、最終選考に残る10ベストカーには漏れてしまった。 年の瀬も迫り、「今年のクルマ」を決める賞が各国で賑わいを見せている。 5 最近のコメント. 1回の充電での航続は、136ps仕様が最大222km。 ちなみに昨年のGCOTY 2020はポルシェ タイカン、2019年はジャガー I-PACE アイ・ペース と、今回のホンダ eも含め3年連続でEV 電気自動車 が大賞を獲得している点も興味深い。 「ドイツカーオブザイヤー」は毎年秋、主要なドイツの自動車ジャーナリストによって選出されている。

>

ホンダ、日本車初の快挙! 電気自動車の「Honda e」がドイツでイヤーカー受賞 : 乗り物速報

280• この5台の中で、ホンダeが栄えあるドイツカー・オブ・ザ・イヤー2021に輝いたのだ。 215• 日本車初の栄冠に輝いた ホンダが欧州で初めて発売したBEVである「Honda e」は日本のブランドとして、はじめてドイツのカーオブザイヤーを受賞した 2020年11月16日、ドイツで「GCOTY(ジャーマン・カーオブザイヤー)2021」が発表され、なんとホンダのBEV(電気自動車)であるHonda eがイヤーカーに選ばれました。 3 EV 、「ラグジュアリー」賞はボルボ ポールスター2 EV 、「ニューエナジー」賞が我らがホンダe EV で、「パフォーマンス」賞がBMW アルピナB3となっている。 そんな国のカー・オブ・ザ・イヤーの特徴は、「コンパクト」「プレミアム」「ラグジュアリー」「ニューエナジー」「パフォーマンス」と5つのカテゴリに分かれており、各部門賞をそれぞれ1台決定。 442• 日本では10ベストカー入りを逃す このように話題性の高いホンダeだが、日本のカー・オブ・ザ・イヤーでは全45台のノミネートカーに選ばれるも、最終選考に残る10ベストカーには漏れてしまった。 3mに抑え、市販車としてトップレベルの小回り性能を備えている。 3 EV 、「ラグジュアリー」賞はボルボ ポールスター2 EV 、「ニューエナジー」賞が我らがホンダe EV で、「パフォーマンス」賞がBMW アルピナB3となっている。

>