ミルク ホール 鎌倉。 写真 : ミルクホール

鎌倉ミルクホールの「白いオムライス」ことオペラライスを堪能!濃厚ミルクが存分に味わえる洋食アンティークレトロ喫茶でオシャレな時間を味わってきた

ハヤシライスも美味しかったけれど、デザートのケーキセットも美味しそう。 店員さんも優しくとても満足しましたよ~ ゆぅさん(20代前半/女性)• そうこうしているうちに、鎌倉には正午過ぎに到着しました。 今回、天気が下り坂でオフシーズンということもあり、静けさの漂う景色でした。 いつもの流れでブラックを注文してしまったが、ここでは「ミルク」を入れるべきだと、後から気付き反省。 【アクセス】 JR横須賀線鎌倉駅東口 徒歩3分• プロジェクターもあるので鎌倉で貸切飲み会や宴会を考えている方は、ルーフトップスがおすすめです。

>

鎌倉の純喫茶と言えばここ!小町通りの裏路地にあるレトロな「ミルクホール」|ことりっぷ

注文してから、料理等が出てくる間、また、ティータイムでゆっくりする間に退屈しないように作られているようです。 すでに昼食は済ませてあるという状況であるにも関わらず、ミルクボールの洋食ジャブがみぞおちにくる、、、 「まぁ、見るだけね・・・」 と、心の中で呟きメニューに目を通すと、 定番のハヤシライス、ビーフカツレツ、それに「ウインナーwithライス」という名のオシャレなのかどっちか分からない料理に加え、ブランチセットなる、アルコールがセットになった料理の姿も。 隠れ家的な場所があちこちに作ってありますけど、こんな雨の日は、ストーブで温かい店内でほんわかしながら、こっそりした所に隠れて絵本や小説を読みふけりたい。 (Webサイトに定休日が掲載されます。 そんな気分を味合わせてくれた、レトロ喫茶ミルクボールのオペラライス。 コーヒー:ミルクホールは、大正時代のイメージでジャズの流れるカフェとアンティークのお店。 鎌倉駅東口から小町通りを進み、2つ目の四つ角を左に入ります。

>

鎌倉ミルクホールの「白いオムライス」ことオペラライスを堪能!濃厚ミルクが存分に味わえる洋食アンティークレトロ喫茶でオシャレな時間を味わってきた

江ノ電に乗って海沿いの景色を楽しみながら鎌倉へ。 ゆっくりした午後の時間をたっぷり持ちたい時に是非来ることをおススメしたいお店です。 【電話番号】0467-22-1179• しかしその苦味と、濃厚且つ上品なミルクの味が存分に楽しめるこのセットが、食後のオシャレタイムに華を添えてくれる。 「昔と変わらない空間を再生したが、そこに宿っていた空気感は長い年月をかけて育まれたもの。 案内された席の窓からは、テラス席が見えました。 江島神社参道を登り、お参りをしました。

>

写真 : ミルクホール

雨が降る寒い冬の日。 ペット テラス席のみOK。 営業時間は12時~20時。 水曜定休。 鎌倉高校前駅で下車。 また、山上では本土側(相模湾)、太平洋側の景色も楽しみました。 スタッフは若い方が多いようですが、サービスはよいですよ。

>

写真 : ミルクホール

天気もポカポカの散歩日和で、休日の小町通りを進んでいく。 まぁ、レトロな喫茶店あるあるの一つだろう。 国内エリア• てっきり甘いスイーツやドリンクがメインのカフェかと思いきや、意外や意外に、胃袋へ訴えかけてくる洋食メニューが所狭しと並んでいるではないか。 「オペラ」歌手の体積とは真逆であったが、濃厚ミルクが堪能できる唯一無二の味に大満足である。 ここで会ったのも縁と思い、美味しいデザートでも食べにいくかと店内へ入っていく・・・ スポンサードリンク 小町通り脇の隠れ家的レトロ喫茶、カフェ・アンティークミルクボールへ!甘味を頂くつもりがランチセットを欲張ってしまう 鎌倉駅、小町通りを進み脇道に逸れると顔を出すのが、 こちらの一戸建て隠れ家、レトロなアンティーク喫茶、ミルクボールである。 喫煙席は中々の混雑っぷりだが、禁煙席は自分1人。 古いお店ですが、若い方がレトロ感を上手に使っているカフェだと思います。

>

ミルクホール【鎌倉小町通り裏路地のアンティークカフェじゃ】【鎌倉へ行こう!かまじいのかまいこネット】

テーブルの上には、このお店のフリーペーパーがグラスに入っておりました。 お店の敷地に入った瞬間、パッと視界が開ける開放感は、なんともいえません! ハイカーの憩いの場 創業は、1980年。 ライスの上に一直線にかけられているルーとライスを一口ずつ頂くうちに、ルーとライスが同時に食べ終えられると言う絶妙の分量バランス。 こちらの名物の一つサービスランチ(オムライス)にとても魅かれましたが・・・、 やはりテレビ番組で紹介されましたビーフストロガノフのドリンクセットにしました。 ブログでは湘南の美味しいお店紹介、時間の過ごし方、家族関係、その他もろもろ想うことについて書いています。 気づけば禁煙席も満席になっており、おばちゃん達のトークで賑やかになる店内。

>

ミルクホール(鎌倉駅/カフェ・スイーツ)

看板メニューは30年間変わらぬ味を提供しているという「ハヤシライス」。 なぜか落ち着くその4 横のテーブル。 土曜日の午後13時半、かなり混雑が予想される時間ではあるが、果たして店内はどの程度賑やかなのか・・・ そんな気持ちも抱えつつミルクボールの扉を開けると、席にはまだ余裕がある様で、店員さんに禁煙席を案内してもらう。 その他、オペラライスやビーフストロガノフもおすすめ。 土曜日と言うこともあり、かなりの人混み。 自分でこの店ができるのは、あと10年か20年かもしれないが、この場所が50年、100年と続いて子や孫の世代に引き継がれていけば」とも。

>

ミルクホール(地図/写真/鎌倉/カフェ)

主張は薄めである。 紙で包んでバーガーにかぶりつくこともできますが、木製ボードの上でナイフ&フォークでカットしながら食べると、手が汚れる心配もありません。 全ての店、全てのメニューが一期一会で、毎日が驚きの連続だ。 本日のオードブルにワインを合わせてしまおうか、それとも自家製スモークチキンのブランチセットにビールを頂こうか・・・ そんな贅沢な悩みを抱えながら、ふと視界に入ってしまったメニューが、「白いオムライス」というシンプルな肩書きの「オペラライス」なる一品。 ランチ2回目の自分でもソッコーで食べ終わり、正直もっと食べたいくらいの量に儚さはあるが、美味いものは少量と相場は決まっているもんである。 カフェテラス 樹ガーデン 北鎌倉から長谷までの尾根道を歩く「」の途中から入ることができる『カフェテラス 樹ガーデン』は、木々に囲まれた森の中のカフェ。

>