検事 長 定年 延長。 検事長辞任=ツイッターの勝利? 世論調査でみえた、ハッシュタグデモの意外な役割

「検事総長が辞めていれば」…泥沼にはまった官邸、政府高官恨み節 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

職員の新陳代謝を計画的に行うことにより組織の活力を維持し、もって公務能率の維持増進を図ること• 「モリカケ」も懸案だった。 黒川氏を検事総長にするには、稲田氏が退官するしかない。 だが、黒川氏の定年が8月7日まで延長されたことで、「黒川検事総長」の道が開けた。 時に最高権力者の逮捕も辞さないなど「政治権力」とは緊張関係を築き、それが国民の信頼の基盤となっている検察庁。 この定年延長問題が映し出す安倍政権の末期現象を報告する。

>

江川紹子が解説【検事長定年延長】は何が問題か…正当化できない“脱法的人事”の果てには

その一方で政府は、解釈変更を裏付ける明確な資料を示せなかった。 ただし、法律の定める年齢に達した時には退官する」とされ、裁判所法に退官年齢が定められている。 」という趣旨の意見が述べられたとのことであり(週刊朝日オンライン・2月24日号より)、検察庁内部からも公然と疑念が呈されているようです。 「#検察庁法改正案に抗議します」という1人の投稿(ツイート)が400万以上に広がり、政治を動かした。 結局、法務省は、19年12月17日の閣議までにどうするかの結論を得ることはできず、黒川、林両氏の人事を凍結。

>

検事長の定年延長問題をわかりやすく解説します

政官界に太いパイプを持つ元検察首脳は、黒川次官続投が内定した後の17年8月1日、筆者にこう語った。 安倍総理は「徴兵制は憲法18条の意に反する『苦役にあたる』ので認められない」と否定しているが、ある日、突然「解釈変更した」というに違いない。 定年を63歳に定める検察庁法に延長規定がないためだ。 法解釈変更による検察官初の勤務延長に問題はないのか。 検察庁法25条は、定年と懲戒処分、「検察官適格審査会で心身の故障、職務上の非能率その他の事由に因りその職務を執るに適しないと議決されたとき」を除き「検察官はその意思に反して、その官を失い、職務を停止され、又は俸給を減額されることはない」と定める。

>

〈深層レポート〉安倍・菅が固執「黒川検事総長」に期待した“桜”捜査

菅、杉田と親交のある政治ジャーナリストが指摘する。 法の原則、解釈変更による法の安定性を無視した答弁に検事や元検事、弁護士、学者ら法の専門家からも疑問と懸念、怒りが広がった。 例えば、5月12日付朝日新聞3面の記事「検察庁法改正案 問題は」はこう述べている。 黒川検事長の定年延長についての森法相の答弁は、法律解釈としても疑問だし、実質的な理由も全く理解できない。 改正の第二は、定年による退職の特例であります。 司法の中で権力が暴走する仕組みがあれば、罷免となってもまた次の裁判官が権力を暴走させる可能性もあります。

>

稲田検事総長が退官拒絶、後任含みで黒川氏に異例の定年延長

そして、定年制度の目的は大きく二つあり、• 人事院の松尾恵美子給与局長も、81年の政府見解は「現在まで続けている」と答弁し、安倍内閣による国家公務員法の延長規定を使った黒川氏の定年延長は法的根拠がなく、違法である疑いが浮上した。 しかし、先述の通り、検察庁法22条では検事総長以外の検察官の定年を63歳と定めており、そもそも一般の国家公務員とは定年の前提が異なっており、一般の国家公務員と同様の定年延長規定を適用するというのは無理があります。 「官邸は、(秋の)臨時国会対策が大変なので、黒川を手元に置いたのだろう。 これは、任命権者は職員が定年により退職することが公務の運営に著しい支障を生ずると認める場合には、通算三年を限度とし、一年以内の期限を定めてその職員の勤務を延長することができるというものであります。 (朝日新聞2月1日) この件については、本欄でも元特捜検事の郷原信郎弁護士がという記事を書いて指摘をしています。 地方検察庁の検察官は被疑者の公訴提起を判断するにあたり、通常は、地検のトップである検事正の決済まで必要とされます。

>

黒川氏定年延長、不透明な経緯 検察庁法改正案の問題点 [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

憲法の規定に基づく裁判所法の「年齢が~年に達した時に退官する」と同様に、検察庁法で規定する「定年」は、その年齢を超えて職務を行うことを認めない趣旨だと解するべきである。 その点について、合理的な説明がなければ、黒川氏の勤務延長は、閣議決定の取り消しにより決定の時点に遡って無効とならざるを得ないだろう。 法務省内には、林が次官になるため猟官運動をしたのではないかとの噂があった。 政府・与党が今国会での成立を見送った検察庁法改正案を巡り、森雅子法相が今年2月に国会で約束した「法案策定過程を記した文書」の作成が遅れている。 これらについてはいわゆる定年制というものがあったわけですが、その他の公務員については、定年制というものがなかったことは事実でございます。 話を国公法の定年延長規定の解釈にもどそう。 しかし政府はこの法解釈を変更し史上初めて検察官の定年を延長したのです。

>