また いち の 塩 製塩 所 工房 とっ たん。 「またいちの塩 製塩所 工房とったん」(糸島市

またいちの塩製塩所「工房とったん」

塩づくりの様子を見学できるほか、「塩釜ゆで玉子」や自家製「塩パン」、塩をかけてたべるプリンとして人気の「花塩プリン」など、さまざまな商品を購入することができる。 これって、知らず知らずに行っているリフレッシュなんですね。 福岡空港は国内26か所に飛行機が飛んでおり、関東や東北からは約1時間半、関西からは約1時間で到着でき、アクセスしやすい観光地です。 setAttribute "unselectable","on",0 ;this. こんばんは、モカリーナです。 工房とったんで、 塩づくりを見学していただけます。

>

工房とったんのプリン/またいちの塩をかける糸島の製塩所の自慢の一品

工房とったんのSNS上の世間の評判! ここでは、SNS上で呟かれている工房とったんの世間の評判・口コミを紹介していきます。 福岡地域には、学問の神様として有名な「太宰府天満宮」、国立博物館最大規模である「九州国立博物館」などがあります。 またいちの塩のオーナーの平川さんは、もともと料理人で、自分が納得する塩がない現状をどうにかしたくて、塩づくりを始めたそうです。 昔は近くまで行って見られたそうです。 register "mouseover",this,navitime. 地元の人曰く、塩水を汲んでいる、 福の浦の海の味がすると言います。 また、工房では 「またいちの塩」や、「しおをかけてたべるプリン」 花塩プリンを購入できます。

>

【またいちの塩 製塩所「工房とったん」】アクセス・営業時間・料金情報

駐車場からは少し歩きます。 駐車場は有料と無料があり、またいちに行く人は無料スペースに止められます。 また、結晶が柔らかく溶けやすいのが特長。 海沿いを進んで行くと、またいちの塩が作られている製塩所「工房とったん」に着きます。 口に入れると、とろっとろの滑らかな口当たりに思わず頬がゆるむ。 時折大粒の塩があって、濃厚な甘みを引き立てます。 ぜひチャレンジしてみてください。

>

またいちの塩 製塩所「工房とったん」

手づくりと思われる机やベンチがいくつもおいてあり、みんな海を眺めながらおもいおもいの場所でプリンを食べています。 好きなものを選んで購入したら、工房をカフェ代わりに海を臨むベンチでいただこう!観光のひと休みにもぴったりのロケーションだ。 福岡観光の参考にして頂けると幸いです。 梅雨時には1ヶ月もかかるそうです。 また自家製品も販売されており、塩づくりの釜でゆでた「塩釜ゆで玉子」、とろとろのカスタードプリンに花塩とカラメルソースをかけていただく「花塩プリン」は人気!週末は行列ができるほどの人気だ。 福岡県は大きく4つのエリアに分けられ、人気の観光地は共に「福岡・大宰府」と「久留米・筑後」エリアに集中しています。

>

またいちの塩 製塩所「工房とったん」の口コミ一覧

またいちの花塩プリンを購入して、屋外の素敵なテーブルでちょっと休憩です。 そのような日は週に一回あるかないからしいです。 ごま塩プリン(380円) カスタードプリンに、またいちの塩の 花塩と 金ごまがかけられ、底には 塩キャラメルソース。 create "div","ntgeo-popup-shadow" ; this. calcAutomaticAdjustmentViewPort this. というわけで、目的を達したところで撤退。 これは工場というよりやはり観光地ですわ。

>

【またいちの塩 製塩所「工房とったん」】アクセス・営業時間・料金情報

煮詰めたり、出来上がった塩を干したり、手間をかけて仕上げています。 塩が濃厚で、プリンとベストマッチしています! 塩は全然プリンの邪魔をしないんです。 プリン好きの筆者は、数年前に初めて食べたときから、この味の虜。 福の浦「またいちの塩駐車場」。 施設内にトイレはないみたいです。

>

福岡県糸島の美しい海水で作る またいちの塩 「工房とったん」・綿積神社

黄色い「ま」の文字が可愛いですね。 工房近くの海では、玄界灘の内海と外海がぶつかり合い、山と海の豊富なミネラルが混ざりあう。 糸島半島の西側の海岸線を走り続けるとまたいちの塩の製塩所「工房とったん」があります。 駐車場から5分くらい歩くと、工房とったんがあります。 register "zoomend", this,this. クレジットカード 不可• 人気のないこの海では、玄界灘の内海と外海がちょうどぶつかり合い、 山と海の豊富なミネラルが混ざりあっている。

>

福岡県糸島の美しい海水で作る またいちの塩 「工房とったん」・綿積神社

私が感じるまたいちの塩は、「 存在感のある、しっかりした味」です。 そして、モノづくりの楽しさを再発見していただきたい。 海にひらけてるのもあり、駐車場の台数ほどの混んでる感は全くなかったです。 もう少しだけ時間をいただき、神様にご挨拶してから帰りましょう。 粒が大きいので、かけたら辛くなりそうだなぁと思っていたのですが全然そんなことはありません! 粒は大きいけれど、硬さはないので口の中ですっとなじみます。 玄界灘の海水を濃縮させて、大小二つの釜で三日間じっくり炊き上げ、とれた塩を杉樽で寝かせてはじめて完成する塩は、まさに自然の海水だけで作った天然の塩。

>