創価 ネット 4 月度 御 書 講義。 妙密上人御消息(2015年10月度座談会御書) : 創価の森通信

座談会御書e講義|創価学会公式サイト

題号に「檀越某」とあるように、「ある檀那(在家の有力門下)」に与えられたものであるが、詳細は定かではない。 難の恐怖に対する最大の武器はお題目です。 日蓮大聖人は本抄で、不安の中にいる妙一尼の心に寄り添いながら、先立った夫の心中をしのばれています。 楽しみながら勤行・唱題に挑戦。 道理にあわない主張を押しつけたり、相手の考えを縛るのが目的じゃないからね。 伊藤くん ご心配をお掛けしました。

>

4月度の「御書講義」 4日からSOKAnetで動画配信

法華経の会座では、その後、虚空会の儀式が展開されていく。 「グローバルVOICE」 世界192カ国・地域で活躍する創価学会メンバーが、各国の発展の様子などを語る。 正因仏性とは仏性の本体のことであり、万物が妙法の当体であること自体をいう。 なかんずく、心を強めるのも、 最高の治療を生かしていくのも、生命力をわきたたせるのも、唱題が根幹です。 それにしても、尼御前が実際に 治 ( ち ) 療 ( りょう )に 踏 ( ふ )み 出 ( だ )せるよう、「これほどまでに」と思われるほど、こまやかな 配 ( はい ) 慮 ( りょ )を、大聖人はなされています。

>

1月度「妙一尼御前御消息」

大聖人は、血のにじむような思いで全人類を救う戦いを起こし、休む間もなく常に闘争の最前線に立っていらっしゃる。 Copyright c Soka Gakkai JAPAN All Right Reserved. 私は「創価の森の小さな家」ブログで、功徳の感謝で5年間記事を綴りました。 自分だけ信心していればよいというのは、大聖人の仏法の実践とはいえません。 ここでは、学習の参考として、本抄の背景と大意、さらに理解を深めるための解説を掲載します。 「いそぎいそぎ御対治」する行動が大事です。 南条時光は幼いころに入信し、熱原の法難では、幕府からの不当な圧迫に耐えながらメンバーを守り支えた、とされる若き青年リーダーです。 池田名誉会長は『妙法のため、広宣流布のために真心を尽くすことが、どれほど尊いことか。

>

動画|創価学会公式サイト

みんな伊藤くんと同じような経験があると思うよ。 創価学会の財務の意義 創価学会の財務の意義はすべからく「御供養の精神」にあります。 大聖人は、竜口法難のおり、松葉ヶ谷(まつばがやつ)の草庵(そうあん)が襲撃されたとき、法華経第五の巻をもって顔を三度にわたって殴打されました。 本抄では、末法においては法華経を持つ者以外に宝塔はないとし、阿仏房自身が宝塔であると示される。 そのことを示されているのが、「勧持品二十行の偈(げ)」です。 一人たりとも、不幸のまま放置しておくことはできない」 まとめ 大聖人の精神に連なり、大聖人の教えに身をまかせ、間断なき戦いで世界広宣流布を現実のものへとおしすすめてきたのが創価学会の歴史です。 就職や転勤などに伴い、新生活を始める友も多い。

>

創価学会と広布部員 財務の意義は御供養の精神に|唱題の功徳

第3章 一念三千を結歎 夫れ智者の弘法……悲む可し』云云(同239㌻3行目~7行目) ここでは、一念三千の法門が、いつ説かれたかについて結論づけるとともに、天台・章安の滅後に他宗に盗まれたことを、歎くべきことであるとされている。 特に「如来滅後五五百歳に始む」との言葉は、この御本尊が正法・像法時代には弘められていない未曽有の本尊であり、末法の御本仏が初めてこれを顕し弘める、との意が込められている。 自分が幸福になるのはもちろん、縁する人をも幸福にしていくのです。 大聖人は、「諸法実相」と「虚空会の儀式」の説明をされた上で、その結論が妙法蓮華経であるということを初めて末法において説いたと宣言されます。 日寛上人は、文底下種の本尊の無量無辺にして広大深遠の功徳について、次のように述べている。 了因仏性とは正因仏性を覚知する智慧の働きで、その智慧が生命に本来具わっているのである。

>

座談会御書e講義|創価学会公式サイト

そして我ら地涌の菩薩によって、広宣流布は必ず実現するとの御確信を述べられ、その実践は「行学の二道」に励むことであると御教示くださっています。 小林 日蓮大聖人は「言と云うは心の思いを響かして声を顕す」(御書563ページ)とも綴られている。 人材の育成にあたる未来部育成部長・21世紀使命会が学んでおきたい書籍を紹介します。 小林 池田先生は「幸福は励ましの絆から広がる」と語られている。 「行学は信心よりをこるべく候」とは、行学を実践するために信心が根本であるとの御指南です。 10月度の「御書講義」では「可延定業書」を学びます。

>

創価学会 人気ブログランキング OUTポイント順

御文の冒頭で、大聖人は、実は、この巨大な「宝塔」が経文上の話ではなく、「法華経を持つ男女の・すがた」の偉大さを説いたものに他ならないことを教えられている。 はずむ命で対話に打って出よう! 語った分だけ、仏縁が結ばれ、功徳が積まれる。 検索 カテゴリ 最新のコメント by sokanomori3 at 08:27 by sokanomori3 at 05:21 by すみれ at 23:21 by sokanomori3 at 05:49 by sokanomori3 at 05:39 by ゆりこ at 22:14 by 千早 at 21:06 by 千早 at 21:03 by sokanomori3 at 14:21 by 凛太郎 at 11:41 by sokanomori3 at 20:12 by sokanomori3 at 19:46 by sokanomori3 at 19:44 by プレバト at 18:19 by 福島の壮年 at 08:17 by sokanomori3 at 05:16 by 千早 at 21:38 by 千早 at 21:29 by sokanomori3 at 19:25 by ぷればと at 18:14 リンク. でも来る。 ですから、先に拝したように、大聖人は本抄で、まず「心ざしの財」を教えられているのです。 ここに、功徳を積む「方程式」があるのである』と指導されています。

>