テオフィリン 副作用。 テオフィリンの相互作用

テオフィリン製剤の解説|日経メディカル処方薬事典

欧米では、厳しいコントロールの元で、ナルコレプシーや注意欠陥・他動性障害 ( ADHD ) の治療に用いられることがあります。 セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの• 特に、血中濃度が高くなると、テオフィリンは副作用が現れやすくなるため、他の薬よりも注意して使用する必要があります。 タガメット(一般名:シメチジン)、メキシチール(一般名:メキシレチン)、プロノン(一般名:プロパフェノン)、アンカロン(一般名:アミオダロン)、フルマーク(一般名:エノキサシン)、ドルコール(一般名:ピペミド)、シプロキサン(一般名:シプロフロキサシン)、バクシダール(一般名:ノルフロキサシン)、オゼックス(一般名:トスフロキサシン)、パシル(一般名:パズフロキサシン)、スオード(一般名:ブルリフロキサシン) エリスロシン(一般名:エリスロマイシン)、クラリス・クラリシッド(一般名:クラリスロマイシン)、ルリッド(一般名:ロキシスロマイシン)、パナルジン(一般名:チクロピジン)、ワソラン(一般名:ベラパミル)、ヘルベッサー(一般名:ジルチアゼム)、デプロメール・ルボックス(一般名:フルボキサミン)、ジフルカン(一般名:フルコナゾール)、ノックビン(一般名:ジスルフィラム)、エクジェイド(一般名:デフェラシロクス) ・原因は不明だが、併用するとテオドールの血中濃度を高めると分かっている薬 ゾビラックス(一般名:アシクロビル)、バルトレックス(一般名:バラシクロビル)、インターフェロン、オステン(一般名:イブリフラボン)、ネオーラル(一般名:シクロスポリン)、ザイロリック(一般名:アロプロノール) ・肝薬物代謝酵素CYP1A2を増やす薬 薬には、肝代謝酵素であるCYP1A2(テオドールを不活性化する酵素)の量を増やす薬もあります。 熱性痙攣を含めて、乳幼児は痙攣を起こしやすい• 稀な例ですが、テオドールを使用してこのような貧血の症状が現れたときは、テオドールを中止するなど適切な処置を行います。 そのため、血液中のテオドールの濃度を測定しながら、患者さんに適した投与量を決定して管理する患者別投与設計( TDM:therapeutic drug monitoring)が必要になることがあります。

>

テオフィリン製剤の解説|日経メディカル処方薬事典

テオフィリンはホスホジエステラーゼの邪魔をするので、間接的にcAMPを増やします。 テオドールは食事の影響を受けにくい薬です。 高齢者 65歳〜• そのためテオドールを使用する場合は、喘息もCOPDも吸入薬だけでコントロールできない重症な場合が多いです。 こうした中枢神経興奮薬には気管支を拡張させる薬もあり、咳の治療に用いられることがあります。 テオフィリンの血中濃度ついて 一般の薬剤には、治療に適切な治療域、薬物中毒症状を引き起こす中毒域があります。 テオドールは、COPDと喘息の治療のために処方するお薬です。

>

テオフィリンの効果と副作用や作用機序!喫煙や禁忌の注意点も

てんかん• 2.水とともに経口投与するよう指導する。 食欲を抑え、エネルギーの消費を促してくれます。 2).低出生体重児、新生児に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 投与に際する指示• テオフィリン血中濃度が高値になると,血中濃度の上昇に伴い,消化器症状(特に悪心,嘔吐)や精神神経症状(頭痛,不眠,不安,興奮,痙攣,せん妄,意識障害,昏睡等),心・血管症状(頻脈,心室頻拍,心房細動,血圧低下等),低カリウム血症その他の電解質異常,呼吸促進,横紋筋融解症等の中毒症状が発現しやすくなる。 薬の値段は、「薬局が卸業者から買っている値段」を国が調査して決定されます。

>

喘息治療薬「テオフィリン」が招く急性中毒症~生命に危険が及ぶ大量服用のケース (2017年9月18日)

このような不眠を、 薬剤性不眠 といいます。 ドライシロップの飲ませ方 ドライシロップは、通常、そのまま使用するか、水に混ぜて使用します。 またザフィルルカストの血中濃度を低下させることがある。 ・テオドールシロップ2% テオドールシロップ2%は、小児へ1回体重1kgあたり4~8mgを1日2回朝と寝る前に使用します。 CYP1A2が増えると、テオドールの不活性化が促進されます。

>

テオドール(テオフィリン)の作用機序:気管支喘息治療薬

エリスロマイシン・クラリスロマイシン・ロキシスロマイシン:マクロライド系抗生物質• 不安・興奮などの精神症状• 【関連記事】 代謝異常 血清尿酸値上昇、CK(CPK)上昇に注意が必要です。 発熱した乳幼児 0歳〜6歳• このテオフィリン関連痙攣は、乳幼児(5歳以下)に多く報告されています。 血中濃度は、前回とは異なり、服用後短時間しか経過していなかったため、228. ・他のキサンチン系薬剤、中枢神経興奮薬 ネオフィリン(一般名:アミノフィリン)、モノフィリン(一般名:プロキシフィリン)、エフェドリン、麻黄(マオウ:生薬の成分の一つ) 中枢神経興奮薬とは、大脳を含む中枢神経(脳)を活性化させる薬です。 まとめ• カフェインとの併用について コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、テオフィリンの中枢神経刺激作用を増強します。 一般の薬剤は体重を元に薬剤量を計算するのですが、テオフィリンの場合はこの方法では適切な量を知ることが難しいため、血中濃度を測定しながら最も適した投与量を決定して管理することが必要になります。

>

テオドール(テオフィリン)の作用機序:気管支喘息治療薬

こうした症状に効果的なテオフィリンは、炎症を抑える効果と気道を広げる効果(気管支拡張)の二つを併せ持った薬です。 2.テオフィリンの血中濃度を上げる要因とは? テオドールを規則正しく飲んでいても、血中濃度をあげる要因は様々があります。 6〜15歳 6歳〜15歳• ボクシングの世界チャンピオンだったモハメド・アリや、「 バック・トゥ・ザ・フューチャー 」 主演のマイケル・J・フォックスも、この病気にかかっています。 抗生剤の治療により激減しましたが、他の先進国に比べて、まだ数倍の感染率・死亡率です。 テオドールが処方されている人はCOPDも喘息も重症な人が多いため、まずはすぐに病院を受診しましょう。 相互作用 他のキサンチン系薬剤 アミノフィリン水和物, コリンテオフィリン, ジプロフィリン, カフェイン水和物等 中枢神経興奮薬 エフェドリン塩酸塩, マオウ等 過度の中枢神経刺激作用があらわれることがある。 ・テオドールドライシロップ20% テオドールドライシロップ20%は、小児へ 1回体重1kgあたり4~8mgを1日2回朝と寝る前に使用します。

>