ウェザー ニュース 雨雲 レーダー。 ウェザーニュースタッチ 天気・雨雲レーダー・雨量・台風・地震速報・災害情報の天気予報アプリ APK Download Free

ウェザーニューズ、Nanowave社と新型マルチビームレーダーの量産に向けて覚書締結

Please let us know any kind of comments or problems you face by commenting below. 1 ウェザーニュースタッチ 天気・雨雲レーダー・雨量・台風・地震速報・災害情報の天気予報アプリ App is developed by Weathernews Inc. 」 サンプル 今回リニューアルした天気アプリ「ウェザーニュースタッチ」の「雨雲レーダー Ch. これからの季節、台風やゲリラ豪雨への備えとしてもご活用いただけます。 また同時に、3時間先〜15時間先までの雨雲レーダーの時間解像度を、既存の1時間間隔から10分間隔へ、空間解像度を既存の1〜5kmメッシュから250mメッシュへハイレゾリューション化しています。 ウェザーニューズでは、今後も、今回の新雨雲レーダーを実用化した技術を応用し、熱中症や雷、花粉飛散など、様々なレーダーコンテンツの充実と機能性の向上を目指します。 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、6月22日、Nanowave Technologies Inc. Nanowave社は、カナダ・トロントを拠点として、航空宇宙向けの電子機器やシステムを設計・製造している企業です。 ウェザーニュースアプリを通じたアンケートによると、「東のはんぺん」「西の牛すじ」と人気のおでんネタがくっきりと分かれる結果となった。 半径50km以内の積乱雲の発達状況をほぼリアルタイムで捉えられるため、突発的かつ局地的に発生するゲリラ雷雨や突風の予測に有効です。

>

業界初!15時間先までの雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で確認できる新雨雲レーダーを「ウェザーニュース」アプリで提供開始

15時間先までの雨雲の動きを、90枚以上のレーダー画像で滑らかに表現することで、雨の降り出しや降り止み、降り方の強弱などの詳細な変化がより直感的にわかりやすくなっています。 ただ、観測範囲が120度に限られており、雨雲を発生初期から捉えるには満足できない部分もありました。 気になる雨の予報を、これまでにない高解像度で長時間先までレーダー画像で確認することができます。 本レーダーは、周囲360度を高速スキャンし雨雲の3次元分布を観測できます。 また、週末おでん予報のコーナーでは、おでん指数による解説のほか、人気の「ご当地おでん」や各地のおでんの特徴なども紹介する。

>

ウェザーニューズ、Nanowave社と新型マルチビームレーダーの量産に向けて覚書締結

気温や湿度、風などの気象データと、ユーザーからの体感報告を活用した体感データをもとに、おでんを堪能できる判断基準「おでん指数」を開発。 日本全国のユーザーから届く1日13万通もの実況リポートや独自の観測ネットワークを元に予報を作っています。 今回のリニューアルでは、アプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「雨雲レーダー Ch. 」の予測解像度は、 6時間後までは 1kmメッシュ、 7時間後~ 15時間後までが 5kmメッシュとなっています。 Zoomモード」のご利用はこちら 「ウェザーニュース」アプリをダウンロード後「雨雲レーダーCh. 」のご利用はこちら スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後「雨雲レーダー Ch.。 梅雨の最盛期を迎え、この先秋にかけて豪雨災害が心配な季節となります。 今回の新雨雲レーダーの開発によって、3時間以降の雨雲レーダーの画像が、時空間解像度が粗くなることで急にボヤけて見えてしまうユーザーの悩みを解決し、3時間先までと同様の高解像度かつ直感的にわかりやすい降雨強度のレーダー画像として見られるようになりました。 ・「ファミリー天気Ch. 独自の気象予測モデルの予測結果を用いているため、新たな雨雲の発生や雨雲の発達・衰弱、地形による効果も加味したより精度の高い雨雲の動きを確認することができます。

>

【一番当たる】東京都世田谷区の最新天気(1時間・今日明日・週間)

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、累計 1, 500万ダウンロードの天気アプリ「ウェザーニュースタッチ」をリニューアルし、レーダー機能を強化しました。 ApkLizard Editor's Team Note Android ウェザーニュースタッチ 天気・雨雲レーダー・雨量・台風・地震速報・災害情報の天気予報アプリ 4. 覚書締結の様子 左:Nanowave Technologies Inc. ウェザーニュースタッチ 天気・雨雲レーダー・雨量・台風・地震速報・災害情報の天気予報アプリ 's latest version is 4. 1992年に設立し、品質や信頼性に優れた電子製品の開発・設計からメンテナンスまでサポートしています。 について Nanowave Technologies Inc. 6秒間隔で雲の断面を鉛直方向にスキャンできる点が優れており、雨雲の発達度をほぼリアルタイムに観測できます。 おでん指数では、おでんのおすすめ度を「おでん日和」「とっても食べたくなる」「そろそろ」の3ランクで予報する。 量産化のための技術開発を経て、2018年春より、Nanowave社のオクラホマ工場で200台を生産する計画です。 今回のバージョンアップでは、さらに15時間先までの高解像度化を実現しました。 (本社: カナダ・トロント、 代表取締役社長 :Justin Miller、以下、Nanowave社 )と気象観測用の新型 マルチビームレーダー「EAGLEレーダー」の量産に関する覚書を締結したことを発表しました。

>

ウェザーニュース、おでんのおすすめ度を予報する「おでん指数」

」は、気象庁の「降水短時間予報」を利用したコンテンツで、降水分布予測を 1時間ごとに 15時間先まで確認することができます。 Zoomモード」は、「ウェザーニュース」アプリの全画面に設けた、最下部のボタン(タブバー)のレーダーアイコンからご利用いただけます。 4 2 北北西 0 0 04時 8 2 北北西 0 0 03時 8. 会員登録はご購入いただいた期間有効です。 従来のレーダーでも仰角を変化させながら少しずつ回転させることで、立体的に観測することもできますが、全方位を3次元で観測するには10分程度かかるため、急激な変化を伴う現象を捉えることは困難です。 10秒ごとに1回転しながら2仰角を同時にスキャンし、半径50kmの詳細な3次元観測データを30秒で得ることができます。 レーダーは日本やアジアを中心に順次設置していく予定で、特に首都圏については2020年を見据え、重点的に気象現象の監視体制を強化していきます。 この取り組みを通じて、「どこよりも、よく当たる」てんきを目指しています。

>

業界初!15時間先までの雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で確認できる新雨雲レーダーを「ウェザーニュース」アプリで提供開始

and published in Weather category on 2018-07-02. これにより、大雨が予想される際も、より早い段階でスケジュールを変更するなど大雨対策の参考にすることができます。 」では、ご家族がいる場所のピンポイントの天気予報や、発表されている特別警報、警報・注意報を一覧で確認できます。 「雨雲レーダー Ch. なお、「雨雲レーダー Ch. HPCの導入により、レーダー画像の時間解像度を1時間間隔から10分間隔へ、さらにAI技術により、空間解像度を5kmメッシュから250mメッシュへ、時空間両方での高解像度化を実現しました。 この新しい雨雲レーダーを実現したのが、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)を導入した独自の気象予測モデルと、雨雲レーダーのために新開発したAI技術です。 来春から計200台の生産を計画しており、自社の観測インフラとして展開する予定です。 これまでの「雨雲レーダーCh. 」の予測時間を、これまで 6時間先までだったところ、 15時間先まで延長しました。

>

雨雲の動きを15時間先まで表示!アプリ「ウェザーニュースタッチ」のレーダー機能を強化

ウェザーニューズは、気象災害による被害を少しでも減らすべく、アプリの機能性・利便性を高め、予報精度の高い気象情報を提供できるよう、今後も更なるバージョンアップをしていきます。 そして、日本時間22日6時(現地時間21日16時)、アメリカのオクラホマ大学内にて、Nanowave社とレーダーの量産に関する覚書を締結しました。 ウェザーニューズの予報センターは、ゲリラ雷雨や突風のほか、ひょうやあられの観測に「EAGLEレーダー」を活用し、予測精度の向上に努めます。 例えば、帰宅時間帯の雨の有無や強さを、朝の通勤・通学前に把握できるので、持ち物の参考にしたり、移動手段やスケジュールの変更を、より早い段階で検討することができます。 Zoomモード」にて提供開始しました。 ・地震発生時には家族全員に地震アラーム 緊急地震速報含む が届くなど、減災・防災の観点からも安心です。 首都圏に関しては2020年までに設置を完了させ、気象現象の監視体制を強化していきます。

>

【一番当たる】東京都世田谷区の最新天気(1時間・今日明日・週間)

おでん指数 サンプル ウェザーニューズは、24時間生放送の気象情報チャンネル「ウェザーニュースLiVE」にて、独自の「おでん指数」を用いた「週末おでん予報」の配信を27日より開始する。 2020年に向けて万全な観測システムを構築するべく、「WITHレーダー」の後継機となる「EAGLEレーダー」の開発に着手しました。 。 。 。 。 。

>