米 の 生産 量 日本。 21年米適正生産量679万t 50万t減「衝撃的数字」-農水省|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

お米(水稲)の産地|全国、都道府県別生産量(収穫量)の推移/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

小麦も北海道と九州では増える予測をしているが、西日本で8%減少し、全国平均は微減との結果となった。 1970年から2017年まで、およそ50年近くにわたり実施された「」が、2018年度に廃止された。 意欲ある次世代をいかに獲得するか急務になっているのも現場」と指摘した。 集落内のみならず、地域全体に電気柵をめぐらすなど、広範囲で環境作りをするぐらいの合意形成がないと、引き受けるのは正直難しい」と苦しい胸の内を明かした。 一方で、熊本県をはじめ福島県、山口県など8県は減産を予定。 「鳥獣害対策に苦労し、自分で作るよりも買ったほうが安い」「自分の子供には『農業は継がなくていい』と言っている。

>

日本農業新聞

「米(こめ,稲)」 を 生産・販売されている 農家様へ [ジャパンクロップス]では、日本で「米」を生産・販売されている農家様を募集しております。 北海道と東北、北陸は、天候に恵まれたことで全もみ数が平年以上に確保され、登熟も順調に推移していると見込んだ。 九州は昨年は86、2年連続で「不良」となった。 豊かな水 稲の生育には、大量の水が使われます。 20年産米は9月15日現在で作況101となっているが、作況100であれば729万tの見込み。

>

2009年度産 [米/こめ/稲] ランキング(生産量・収穫量) (都道府県)

農水省はこれをもとに2021/22年の主食用米の需給見通しを示した。 全国の米の作況 (クリックで拡大) 20年産比 7万ha削減は必要 9月15日現在の作況指数は「101」だったが「99」に下方修正した。 ただし、回答JA数が、北海道13、東日本59、西日本9、九州2の合計83と少ないことを前提に見てほしい。 パネラーとして北信越の各県の農業法人協会会長が登壇した。 日本の米や果樹をはじめとする農産物は、中国など海外で人気を博している。

>

米どころはどこだ!?米の生産量が多い都道府県と美味しい米

北陸は11キロ増の551キロだった。 この番組に出て2年近くが経つ。 これにより、ご登録いただいた情報を、より多くの方にご覧いただく機会や、農家様のメッセージが伝わる機会が増えると考えております。 一方、筆者は知り合いの稲作農家にアンケート用紙を送り、8人から回答をもらった。 東海は95、四国、近畿は96、中国は92の「やや不良」となり、九州は85の「不良」となった。 しかし、今年9月に本紙がJAの米担当者に聞いた作柄調査では、適正生産量を守るどころか、離農が増え「主食用の需要に応えられていない。

>

[米/こめ/稲] 農業情報

需要量は年間10万t減少するトレンドとコロナ禍の要因を加味し704万tとした。 だが、2010年から2015年は、農業経営体、農地面積の両方が減った」と、担い手への農地集積が進んでいない実態を示した。 その結果、21年産の主食用米の適正生産量を679万tと示した。 このような条件を備えた「新潟県」「秋田県」「山形県」「宮城県」「福島県」などは、上表の[収穫量]や[10a当たり収量]が多いことからも分かるように、日本の「米どころ」といわれてきました。 特に山からの水にはミネラルが豊富に含まれており、お米作りの大切な養分となっております。 その金額は最大で10万5000円。 各都道府県別の平成28年における米の生産量(平成28年産水陸稲の収穫量)のランキングです。

>

2010年度産 [米/こめ/稲] ランキング(生産量・収穫量) (都道府県)

廃止されて1年経過した今、各地域で少しずつ変化も見られる。 (関連記事). まず、税理士など専門家を講師として招き、税務や財務に関する勉強会を行うなど法人自らの体質強化から始めた。 平均反収は、全国542kg、北海道538kg、東日本550kg、西日本503kg、九州533kg。 現役農家がそう思ってしまうことは本当に残念」「なぜ、稲作農家が採算に乗らないのか、後継者が継ぎたがらないのか原因を徹底的に洗い出さないと農業問題は解決しない」「RCEP(東アジア地域包括的経済連携)が実現すると、日本の農業はどうなるのか」など。 同省は今年、コロナ禍で産地での話し合いが滞ったとして、営農計画書の提出期限を6月末から9月18日まで延長していた。 これにより主食用米の生産量見込みは722万9000tとなった。

>

日本農業新聞

今後考えられる大きな変化は、農業のビジネス化がより加速することだ。 ページの中で出典が記載されていない情報は、当運営事務局の独自の視点から提供された情報となります。 減反廃止により、日本の米の生産体制は新たなフェーズに入っている。 そして最後の需要について、「この先も下げ止まるとは考えにくい」とし、明言を避けたものの、急速な米不足について否定的な見解を示した。 山形川西産直センターの平田勝越代表取締役社長は「産地での議論が正念場に。 しかし、その後「主食=米」の常識が徐々に崩れ出す。

>

米生産量の都道府県ランキング

一方、西日本の作況指数は九州が96、東海と中国が97で、いずれも「やや不良」。 そして、生産量を増加し続けてきた米に余剰が発生するようになる。 海外市場に積極的に参入したい農業経営者にとっては大きなチャンスだ。 郷土料理であるきりたんぽにはあきたこまちが欠かせない。 今後の日本の農業を考える際、避けて通れない課題である。 主食用米の作付面積を都道府県別に見ると秋田県が400ヘクタール、鳥取県が200ヘクタール、それぞれ増えた。

>