クマザサ ハナムロ。 タカサゴ

モルディブでクマザサハナムロに囲まれ、カスミアジの大群に出会う

ところで。 プランクトン食性に適応し、は鰓耙がよく発達する。 これだけカスミアジがいれば、小魚たちもそれはざわつくのが分かる気がする。 上から入り込む光の筋がなんともいえないほど神秘的です。 なので、風の加減か何かで時々大量にクラゲが発生すると、彼らは水面付近で大フィーバー状態になる。

>

クマザサハナムロ

この時ほど、ダイビングだったら!と思った時はありません、というのは嘘だけど、ダイビングだったらもっと感動しただろうな。 ジェティ側に近づいてきました。 羨ましいなぁ。 なので、カスミアジだろうな~と思い込まず、海では目を凝らして観察するのが良いかと! 少し泳いで、ザ・リトリートを超えたあたりまできました。 黄色で塗ったエリアが泳いだエリアです。

>

与論島ダイビングスポット、ダイビングポイントのご案内

リクエストがありましたら、お早めにスタッフまでお知らせ下さい! 生態 [ ] 浅い海の域や岩礁域でをなし、海中を俊敏に泳ぐ。 ここまで自由に過ごすことができ、時間の制約も一切ないリゾートは、良い意味でめずらしいなと思いました。 尾ビレに黒スジタイプ。 アテンドしてくれたダイブスタッフ、スティーブも両手をあげて、WOWというジェスチャーをしてて。 ものすごい量の、クマザサハナムロの群れ(だよね?)があわただしくやってきました。 ザ・リトリートの前あたりは視界が悪く、あまり良く見えませんが、魚たちがけっこういました。 クリーニングしてもらうにしても、群れのまま根を通過する際に束の間ケアで済ませているのだろうか、クマザサハナムロ。

>

クマザサハナムロ

そのため生体を見たことがない人には赤っぽい魚として認識されている。 大型回遊魚をはじめ魚影も濃く、魚の種類もピカイチ。 ウミウシの種類も多い。 背景が暗いところで明るい色をしていたら目立つから、自然とこうなるのだろうか。 , Marr's fusilier タカサゴに似るが、体側の縦帯が側線の上にあることから区別できる。

>

クマザサハナムロ(Pterocaesio tile) 魚図鑑

同じの ,1801 にも似るが、こちらは体高が高い。 何かから逃げてきたような雰囲気で、もしかしてイルカか!?と周りを探すものの見つけられず。 珊瑚のそばでは、イエローバックフュージュラーたちも。 こんな小さな写真じゃわからないけど、ここにはクマザサハナムロをはじめ、4、5種類ほどのグルクンがいる。 そこに1人だけポツンとたたずんでいたりすると… ……とんでもなくゼータクなひとときになる。 過去に数度、グルクンの幼魚が爆発的に増えた年があった。 だから、レジデンス10の前から入ったんだ~、と納得。

>

与論島ダイビングスポット、ダイビングポイントのご案内

奄美大島やでアカムロ、沖縄でウクー、ウクーグルクンと呼ばれる。 クレバス内の光と影のコントラストが美しく、海底ケーブルに付着した珊瑚など、地形派以外の方でも楽しめます。 視界が悪く、ちょっと怖い。 水面付近なんてフツーにボートダイビングをしているときにはほぼ無縁の場所ながら、ボートの下で安全停止をしているときなどによく観られるシーンだったりする。 分類階級用語の「目」だの「科」だの「属」だのという話になると途端に興味を失う方も多いからわかりやすく言うと、属の異なる魚を同じとして扱うというのは、トヨタのディーラーでニッサンの車を買おうとするのに等しい。

>