アシックス グライド ライド。 【GLIDERIDE】アシックス グライドライド レビュー【厚底が走りを変える】

アシックスのメタライド、グライドライド、どっち?サイズ感は?

そのローンチイベントに、いつも迷走しているダンディ編集部員こと、野田ンディが行ってきました。 最後に GLIDERIDE グライドライド はアシックスの説明通り、より少ない力で効率的に足を前に運ぶという走りが体感できます。 本当は30km走をやるつもりだったが、アップダウンがきつかったのと、気温が高かったので30km手前で諦めた。 ダメージが少なく、リカバリーも早かった。 走りやすさ・快適さを追求した最新モデルで軽さも魅力。 まあその辺の上級シューズと比べると重いですが、メタグライドやグライドライドと比べれば随分軽いですね。 早速行きましょうか。

>

【レビュー】アシックス GLIDERIDEは初心者に優しい新感覚のランニングシューズ│たかぴーブログ

30分で6kmほど走り、途中で1000mをペースアップしたのに、疲労感が「ない」。 なので、実質的な選択肢は3色。 小谷 フルマラソンでサブ4ぐらいまでを狙うランナーにはとてもいいシューズだと思いますし、個人的にはキロ4分ぐらいのペースでもスムーズに走れるシューズだと思います。 より快適な走行が可能に。 フルマラソンなどの長距離ランニングに最適。 自分が坂が得意になったのもありますが、つま先のカーブのおかげです。

>

アシックス《GLIDERIDE(グライドライド)》の実力を体感! 3人のランナーのインスピレーション

従来のシューズに比べてソールのつま先部分が船底のように反り上がっていて、足を入れるとロッキングチェアに乗っているような感覚だった。 どちらか言うと、速めのペースで走った時のほうが弾む感覚を提供してくれると思った。 かなり厚底でアッパーのホールド感もしっかりしているのでインソールまでこだわらず既製品でも十分衝撃吸収力は高いと思いますが。 ちなみに、ガイドソールは「ターサージール」などと同様に、軽量性と耐久性を両立した「FLYTEFOAM(フライトフォーム)」を採用している。 着地時にかかる力を分散させて足裏への負担を軽減。

>

アシックス、GLIDERIDE(グライドライド)のサイズ感と履き心地! レビュー

デザインは秀逸。 「もうすぐ(よく売れる27センチあたりの)サイズはなくなるでしょう」 ということでした。 「ライド」とは、自転車に乗ってコロンコロンと転がっていくというイメージから命名されている。 RIDEシリーズのシューズを履いたランナーは、その特徴に好印象を受けているようです。 さら踏み込んで言うと、軽量化した分、こっちの方が速く走れそうだ。

>

アシックス、GLIDERIDE(グライドライド)のサイズ感と履き心地! レビュー

ランニング用のベストは、ウェアの中でも着ている方はあまり多くないかもしれません。 土踏まずのサポートが私には強すぎるのかも。 「エコカーのようなシューズ」(原野所長)という言葉が身に染みたのだ。 村田 《メタライド》と《グライドライド》のどちらにするかは、何を基準に選べばいいですか? 小谷 《メタライド》は、走り方の矯正力が強いので、フォームづくりを一からやりたい人に適しているかなと思います。 このシューズは、本当に足にこないです。 このシューズは踵着地を前提にしており、着地後に前足部が車輪のように回転して自然に足が前に進むらしいですよ。 どちらがいいというよりは、乗り心地の違い。

>

アシックス《GLIDERIDE(グライドライド)》の実力を体感! 3人のランナーのインスピレーション

ASICS アシックス アシックスが昨年発表した厚底シューズ「METARIDE」。 これからランを始めようとするランナーにはすごくオススメのシューズだとは思うんですが、レースにも使えるシューズですか? 小谷さんにリードしてもらい、皇居周辺を3人でランニング。 生まれて初めての厚底を履いたことになります。 5月に腓骨骨折、ようやくランに復帰。 私自身が実験台となって、走ってみた。

>

アシックス、GLIDERIDE(グライドライド)のサイズ感と履き心地! レビュー

その軽量性も考慮すると、日々のランを軽快に走りたいというランナーにピッタリな1足だと思う。 使用するシーンは、主にジョギングや長い距離を走るロング走が多いようです。 レースやタイムとは別に、そういうランナーの欲求を満たすシューズはできないかと考えて、コンセプトを固めていきました」 ブレークスルーとなったのは、デザイナーから出た「転がる」というキーワードだ。 アスファルトやコンクリートといったオンロードにおいて最高のグリップ性を発揮する いっぽうで、「ノヴァブラスト」のデビュー時に「いつもの道をはずませよう。 冬に走る前には、室内において温めておいたほうがいいと思います。 そして2020年2月27日、アシックスは「ライド」シリーズとも異なる新たなコンセプトのランニングシューズをリリース。 つま先部分の厚みは5mmくらいです。

>