東海林 皮膚 科。 医師の紹介|あいクリニック 泌尿器科・皮膚科

泌尿器科

特にロボット支援手術を含 めた腹腔鏡手術は手術件数、周術期成績、治療成績のいずれも日本トップレベルを誇ります。 近年はロボッ ト支援腹腔鏡下前立腺全摘除術、ロボット支援腎部分切除術に特に力を入れており、年々症例数が増えてい ます。 1.湿疹,皮膚炎群 2.蕁麻疹,痒疹,皮膚そう痒症 3.膠原病と類縁疾患 4.紅斑症,薬疹,血管炎,紫斑病 5.末梢循環障害,物理化学的障害 6.水疱症,膿疱症 7.色素異常症 8.結合織疾患,肉芽腫症,皮膚萎縮症,代謝異常症,早老症 9.遺伝性角化症と炎症性角化症 10. 標準治療を提供するにはある程度の高い技術力が必要であることがあります。 2.腎盂尿管移行部通過障害: 腹腔鏡下腎盂形成術を行い、在院日数や再狭窄率において良好な成績をあげています。 さらに2014年からは手術支援ロボットも導入し、今まで以上に患者さんに負担の少ない安全な治療を目指し日夜診療に励んでいます。 診察室は独立性を高めてあり、プライバシーの保護に配慮しています。

>

黃禎憲皮膚科診所

医師の紹介 院長 増田 ( ますだ ) 愛一郎 ( あいいちろう ) 東海大学医学部1986年卒 ごあいさつ 東海大学付属病院、付属東京病院、付属大磯病院の勤務を経て、1998年4月より練馬総合病院泌尿器科部長、2001年7月より東海大学付属大磯病院の泌尿器科部長を務め、2005年より一般内科、創傷外科、東洋医学、神経ブロック、一般皮膚科、美容皮膚科、小児科など各分野の修練を行うと共に抗加齢医学・栄養学・スポーツ医学を学び、標榜科にとらわれない新しい形の診療を提案するためにあいクリニックを開院させて頂きました。 主な診療実績 主な腹腔鏡手術件数を表に示します。 地域の病院機能の持つ役割分担から考えて、逆紹介を積極的に行っています。 ・主な皮膚疾患の病因,病態生理,症候,診断と治療を学ぶ。 先進医療や治療の研究. 当科は、地域の基幹病院となりうる総合病院の一部門としての性格を意識した運営を行っています。 各患者さんの臨床経過を的確に把握できるように、外来主治医制をとっています。

>

医師の紹介|あいクリニック 泌尿器科・皮膚科

乾癬に関する研究 ・乾癬外来患者さんからご提供いただいた臨床データを使った臨床研究 ・新規尋常性乾癬マウスモデルの創製と発症機序の解明. 「標準治療」とは最も治る率の高い治療法のことです。 若い医師に対しては、経験の深い専門医が補佐できる体制をとっています。 たとえば、拘束性皮膚障害(Restrictive dermopathy)など極めて稀な疾患についても遺伝子診断を行います。 診断や治療方針の決定は、診断・治療に検討が必要な症例では臨床像を外来にて記録し、併せて病理組織検査を行い、医局員全員が参加する症例検討会において、より深い検討を行います。 日本皮膚科学会は です。

>

医師の紹介|あいクリニック 泌尿器科・皮膚科

「標準治療の提供」が第一の運営目標です。 2002年からは身体に負担の少ない腹腔鏡手術を開始し現在までに日本有数の手術件数を安全に施行してきました。 診療内容 泌尿器科では、尿路変更性器腫瘍に対するロボット支援手術を含めた腹腔鏡手術を中心に前立腺肥大症や 結石治療にも最先端の内視鏡治療に取り組んでおり良好な治療成績をあげています。 また、神奈川県西部、 静岡県東部の中核病院として治療困難症例やハイリスク症例に対し、積極的に集学的治療を行っています。 新来患者さんは、紹介状をお持ちの新来患者さんを優先して診て、診断・治療方針が決まり次第、各曜日の担当医が診療を継続します。 もう一つのキーワードは「資格の明確化」です。 皮膚科学は、日本皮膚科学会の主導により、急速にガイドラインが充実しつつある分野です。

>

医師の紹介|あいクリニック 泌尿器科・皮膚科

予約制ですので予約のある患者さんを優先して診ます。 サブスペシャリティーは、専門外来として掲げるようにしており、専門外来担当医は、一歩踏み込んだ診断と治療ができることを目的としています。 待ち時間はどうしても長くなりますが、その分、丁重に診ているとご理解いただくと幸甚です。 さらに、2019年よりロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術を導入します。 。 資格:医学博士、日本泌尿器科学会専門医、日本医師会認定産業医 診療科目:泌尿器科、皮膚科 経歴:東海大学医学部附属病院、東海大学医学部付属東京病院、東海大学医学部付属大磯病院、練馬総合病院、湘南東部総合病院、寒川病院、綾瀬厚生病院 所属学会:日本泌尿器科学会、日本性感染症学会、日本外科学会、日本抗加齢学会、日本皮膚科学会、日本臨床栄養学会、神奈川県泌尿器科医会、大和市泌尿器科医会、ほか。

>

皮膚科|滋賀医科大学医学部附属病院

当科は、各種の専門医認定研修施設に指定されており、それは、すでにその分野の専門医が揃っていることを意味します。 ご挨拶 日々進歩してゆく医療を患者さんに最大限還元するためには、高度な技術と豊富な知識そして医療人としての広い視野が現代の医師には求められています。 制癌性は勿論、術後の排尿機 能や腎機能温存を大切にしています。 よろしくお願いいたします。 現在3名の泌尿器ロボット支援手術プロクターと7 名の泌尿器腹腔 鏡技術認定医を擁しています。

>